ここから本文です
自称旅師初段(じしょうたびししょだん)を名乗ることにしました。
売り切れてるわけないじゃ〜ん

たらこ色といえば国鉄型気動車の代表的な色であることは言うまでもありませんし、広島の方では「末期色」の塗色が登場したと同時に「復活した色」でもあります。

で昔はKATOの独占場でしたがマイクロエース、TOMIXが販売を開始するようになりました。TOMIXのキハ40系は豊富な種類があります。ざっくりいうと国鉄型の原型のままの「JR東日本、北海道」タイプのもの。窓枠の形がものすごく印象的なJR西日本のから様々な塗色があります。一部の塗色は売り切れているかもしれませんが
なのでこの先もいずれかの形式も手にすることは出来るかと思います。
KATOのはもともとの出来が良く走りも良いのですが、TOMIXのはフライホイールを積んでおりTNカプラーをはじめとする外見の良さがとても目立ちます。まさに高級品という感じです。その点KATOのはリーズナブルです。

…と思っていたのですが、どうもKATOのキハ40系はアマゾンでは出回っていないらしく(出回っていても倍以上の値段か?)入手するにはヤフオクをあたる必要があるようです。
そんなわけで鉄コレ感覚で集めることも出来てライト類(前照灯、テールライト)もちゃんとつくTOMIXのたらこ色の気動車が今の僕のツボな模型です。
名古屋から長野に行くのには中央本線(西)に乗っていきますが、そのときに非常に使える特急しなの。こんなことをここで書くのが恥ずかしい位なんですが、僕が10年以上も前に数回乗ったときには車内でコーヒーを飲んでみたり…そうそう車内販売ね…指定席を車内で買ってみたりと意外に自由奔放していました。また姨捨駅から長野方面へ降りていく列車の車窓から見える善光寺平は昼間も夜もとてもよい風景です。

かなり昔には気動車での特急運用があり、その後381系という振り子機能を搭載した車両で運用されていましたが、長野オリンピック開催に合わせて383系が登場します。
長らくこの車両の模型化はありませんでしたが、マイクロエースが基本編成6両と増結編成4両の販売をして後発でKATOが6、4、2両編成を出したことも記憶に新しいところです。あのやられた感は半端なかった。

ということでまずAmazonです。
マイクロエース Nゲージ 383系 特急「しなの」 基本6両セット A2960
マイクロエース Nゲージ 383系 特急「しなの」 増結4両セット A2961
マイクロエース Nゲージ 383系 特急「しなの」 増結2両セット A2962
どうもマイクロエースからも2両編成の販売はあったようで、とりあえずまともに買うことは出来そうです。
ちなみに基本編成6両は
ASIN: B001M4DZIM
Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2008/11/25
つづいてKATO
KATO Nゲージ 383系 ワイドビューしなの 基本 6両セット 10-558
KATO Nゲージ 383系 ワイドビューしなの 増結 4両セット 10-559
KATO Nゲージ 383系 ワイドビューしなの 増結 2両セット 10-560
先ほどもいいましたが、このようにすべて取扱いがあります。
ちなみに基本編成6両は
ASIN: B001O1C3MC
Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2008/12/17

さて楽天です。ホビーランドぽちの扱いは取り上げません。
楽天でもマイクロエース、KATOともに扱いはありまして、Amazonで買うか楽天にするかは本当に好みの問題ということになります。
それとマイクロエースは多少違う形で「新たな再発売」を予定しているようです。
昨日久々に117系…尾道から岡山までサンライナーじゃ無い運用の1728M…に乗ってきました。
で、思ったのが117系はカトー以外でどこが出してたっけ?という疑問。そんなわけで
いつも通りAmazonと楽天で検索をかけます。

117系といっても今や数種類の塗色があるのでそれも全部見てみましょう。

まずAmazonでは、
KATO Nゲージ 117系 6両セット 10-419 
KATO Nゲージ 117系 中国地域色 4両セット 10-860
KATO Nゲージ 117系 オーシャンカラー 4両セット 10-480
KATO Nゲージ 117系 福知山線色 6両セット 10-479
マイクロエース Nゲージ 117系-0・和歌山・青緑色タイプ 4両セット A7782
マイクロエース Nゲージ 117系-100・岡山E07編成・黄色 4両セット A7785 
マイクロエース Nゲージ 117系0番台和歌山色4両セット A0455
の取扱いがあり新品での購入は可能です。
KATOの117系 オーシャンカラー 4両セットとマイクロエースの117系0番台和歌山色4両セットは塗色が一緒で商品名が違うだけです。お得なのがKATOなのは言うまでもありません。

ちなみにKATO Nゲージ 117系 6両セットは
メーカー型番: 10-419
ASIN: B0003JTC5W
Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2004/9/10
それとこういうモノもあります。
KATO Nゲージ サウンドカード 115系・117系 22-204-4

楽天ではホビーランドぽちの「中古取扱い」が目立ちますがまず新品で販売しているモノを見ます。
117系-100・岡山E07編成・黄色 4両セット【マイクロエース・A7785】
117系-0・和歌山・青緑色タイプ 4両セット【マイクロエース・A7782】
カトー 10-479 117系福知山線色6両セット (鉄道模型:お取寄せ商品)
カトー 10-480 117系 オーシャンカラー4両セット (鉄道模型:お取寄せ商品) 
以降は中古のものです。
【中古】Nゲージ/KATO 10-860 117系 中国地域色 4両セット
【中古】Nゲージ/KATO 10-479 117系 福知山線色 6両セット
【中古】Nゲージ/マイクロエース A7780 117系 0/100番台 新JR東海色・改良品 4両セット
【中古】Nゲージ/KATO 10-479 117系 福知山線色 6両セット
中古でもホビーランドぽち以外で懐かしいモノが出てきました。
【中古】Nゲージ 10-329 117系直流近郊形電車"Sunライナー" 4両セット[KATO]

「登場時の新快速色」は楽天では扱いが無いらしくAmazonからの購入ということになりそうです。
ジオマトリックスがインレタから撤退です。
てか二度と手に入りませんし、無論再生産もなしです。
イメージ 1

ただし阪急新1000系に関しては鉄道コレクションについているステッカーをもとにデータ作成の後1000Fから1003Fのまで作れないことはありませんが、たとえ出来たとしてこの製品のグレードに迫ることは不可能であることは言うまでもなく、新社紋は収録されていないのでどうにかして別にデータづくりから始める必要があります。
とはいっても阪急1000系の鉄コレなんて持ってないけど阪急1000系は作りたいという人には痛手としか言いようがありません。そもそも阪急1000系を何らかの形でイチから作るという方は早々おられないものかと思います。
去年年末(2018年)をもって各鉄道会社がやっていたある割引制度を一斉廃止しました。
それが「特定のアニメのファンであることを証明できると料金が割引になる」制度

 ア ニ 割 です。

それを実施していた会社を(´∀`∩)↑age↑ていきましょう。
ブルーライン秋七線での対象アニメ
 魔法少女リリカルなのは
 おとぎ銃士 赤ずきん
 ぴちぴちぴっち
ミュートラムでの対象アニメ
 東京ミュウミュウ
小豆島(あずきとう)島内の鉄道での対象アニメ
 レイアース
舞糸高速鉄道での対象アニメ
 サンライズ勇者系アニメ
舞糸高速鉄道と舞糸市営交通と竹子島海底鉄道で共通で対象としていたアニメ
 デジモンアドベンチャー
三千院鉄道で対象としていたアニメ
 ハヤテのごとく!
 またはミュートラムでの対象アニメ

なかでも舞糸高速鉄道で「勇者特急マイトガインのファンです」という証明ができると株主優待券と同様の割引率でした。ここで(´∀`∩)↑age↑たものは高額割引が受けられるものので他のアニメでも5%の割引が受けられる制度もあり、ブルーラインアライアンス加盟の各鉄道で可能でした。ただし「ふしぎ星トランステスター(FTT)」にはその制度はありません。

この制度を廃止することにしたのは各鉄道のICカード整備がほぼ整ったため「ポイント割」が出来るようになったためで「乗れば乗るほどお得が加速する」やり方が出来るようになりました。流石に株主優待券までの割引はありませんが、ポイント取得状況、ポイントランク状況、乗車状況により割引率が上昇します。
ポイント取得状況は単にICカードを使えばポイントを得ることが出来るため、ICカードを使っていく回数が多くなればポイントランク状況も上昇しますし、当然ポイントを使っての割引ができます。
そして乗車状況は距離をポイントのように扱ったもので、単純な往復でも適用されるので実質の往復割引の発動も可能です。
ポイントを貯めてランクを上げて長く距離を乗ったことがカウントされればポイント割の最大率を(´∀`∩)↑age↑ることができます。

あとブルーライン秋七線に編入されたプリミティア急行でも「プリキュア」が対象となるアニ割がありましたが、こちらの方は1年足らずで終わったため今日には至っていません。
また新武内電鉄でも「セーラームーン」が対象となるアニ割がありましたが、こちらも「ことの三石駅改良新線開通」のイベント的に行われただけでした。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事