ここから本文です
自称旅師初段(じしょうたびししょだん)を名乗ることにしました。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

実は一番竹子島らしくない名前の鉄道会社「森田鉄道」の話をしますが、その前に社名変更することになったのでどういう名前になったかというと、北松港と新森田を結んでいることにちなんで「フォーツゥリーRW(FTRW)」となりました。これだけでは全く意味がわからないのでちゃんと言いますと「木へん」が四つあるのでこのような名前になりました。これを機に同社では本格的に車両の更新を検討する段階に入るようです。

森田鉄道の名前の由来は不明ですが、起点の駅に「森田」と付くぐらいなのでそこの由来すると思われます。しかし地名で森田と付いた由来も不明です。このあたり大きな森もなければ田んぼと言われるようなものもないからです。由来が不明の話はこのくらいにしまして、同社のもともとの自社線は新森田と炭田の間までです。そこから先は炭田からやおかまでが舞糸高速鉄道、「やおか」から「ないりゅうしょう稲村」の間が中王電鉄、「ないりゅうしょう稲村」から「北松港」までが新しく作られた路線です。当初は同社のグループ会社でもある酉武鉄道の貨物線でしたが旅客も行う際に同社のものになりました。そのときに「新森田線」と命名されます。これにより酉武鉄道は竹子島唯一「自社線を持たない」「貨物列車の会社」となりました。
今でこそ北松港には多くの列車が乗り入れていますが、当時は殺風景でぱっとしない港駅でした。その後舞糸渡船が舞糸高速鉄道を創立した後に正式な鉄道部を立ち上げ駅が大きくなりました。ちなみに北松港駅は乗り入れ各社共同管理駅です。その乗り入れ各社を見てみますと
森田鉄道(FTRW)
舞糸渡船鉄道部
酉武鉄道(近くの貨物センター駅を使用)
そこへ竹子島ハイスピードバーンの駅にもなることから北松高速鉄道の乗り入れも入ります。北松港駅開業時は聡美川鉄道が所有していた駅でしたが前述のように森田鉄道(路線としては舞糸渡船鉄道部が買収)の方に渡りましたが、交換条件として北松港周辺のライトレール整備を行ったうえでの明け渡しでした。

さて最後に森田鉄道の列車が走る駅を見てみましょう。
新森田ー元森田ー中森田ー数商分町(かずしょうぶんまち)ー新ひめじろー姫白(ひめじろ)ー炭田ー(ここから舞糸高速鉄道)ー炭山ー新中王ー中王ー(ここまでが舞糸高速鉄道)ーやおかー(ここからが中王電鉄)ーながすしょうやおかーながすしょう南村ー(ここまでが中王電鉄)ーないりゅうしょう稲村ー(ここから先が新森田線)ーうちいけー北松港

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事