緑の谷・赤い谷

旧タイトル「猿と熊のあいだに(東赤谷)」。

はじめに

すべて表示

はじめに

イメージ 1

「新潟県新発田市東赤谷」これが私の生れた故郷の住所です。 そこにはかつて日鉄赤谷鉱業所の社宅が存在し2〜4世帯入った棟割り長屋が50数棟ありました。また他の施設、関係各社の建物も含め、多い時には700〜800人くらいの人々が住んでいたのではないでしょうか。
 この社宅群の位置は、ほぼ北東に面していて前に飯豊川(加治川)の流れを見て、背後には山がせまる言わば河岸段丘の上にありました。
 ここで私は18歳の春までを過ごしました。それからもう半世紀近くにもなろうというのに、未だに強くあの頃のことが忘れられません。いや、年が経つとともにより一層望郷の念が強くなっています。それは、もう鉱山も閉じられ、鉄道も廃線となり、社宅群も跡形も無く今や草木生い茂り、猿や熊が出没し、まったくの自然に還った姿を目にしたせいかもしれません。
 今、あの地を見た人達が、かつて此処に何百人も暮らし、鉱山で働くために大勢の人々がここを通過して行ったなどと誰が想像できましょう・・・・。
 私は、せめて何かの形で故郷の証しを残しておきたいと思いました。このブログもその一つであってほしいと思っています。

★★★★ お願い★★★★
東赤谷や日鉄赤谷鉱業所に関する写真や資料がありましたらぜひお寄せください。
また、赤谷温泉ホテル、湯の平温泉の情報もいただけると嬉しいです。

写真:日鉄赤谷鉱業所社宅全景(日鉄鉱業四十年史より)

その他の最新記事

すべて表示

赤谷桜回路写真集

2018/7/17(火) 午後 3:51

私の故郷には、これほど沢山の桜の名所があったのかと改めて知った写真集があります。 それは私の小・中学校の同窓生の方の写真集で、同級会で帰郷した際に友人から頂いて来たものです。 題名は「赤谷桜回路写真集」といって、A4版16ページの手作りの写真集ですが、中には赤谷地区周囲の美しい桜の写真が並びます。 桜の一番美しい時期と最高の撮影ポイン ...すべて表示すべて表示

日鉄赤谷鉱業所の電話交換所

2018/6/11(月) 午後 4:48

日鉄赤谷鉱業所の電話交換台です。東赤谷駅近くにあって、確か二坪あるか無いかの小さな小屋の中にありました。 交換台は前面に穴がたくさん空いた所と、小さな蓋がたくさん並んだ所があり、穴にはコードが乱雑に刺されていたのを覚えています。 なぜ、普段子供が入れない所のことを覚えているかと言うと、写真に写っている交換手は私の祖母で、きっと幾度か覗きに行っ ...すべて表示すべて表示

蜂の警告

2018/6/1(金) 午後 5:47

それは散歩中のことでした。竹林の細い小道を歩いていたら、突然目の前に3センチはあろうかという大きなスズメバチが、ブンブンと羽音を立ててホバーリングしながら私に語りかけるのです。 「こっから先は危ないから帰りな!!」。ほんとうに目の先30センチ位のところで、尻を微妙に動かしながら言うのです。 今振り返れば、実に冷静に私は立ち止まっていました。そ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事