緑の谷・赤い谷

旧タイトル「猿と熊のあいだに(東赤谷)」。

はじめに

すべて表示

はじめに

イメージ 1

「新潟県新発田市東赤谷」これが私の生れた故郷の住所です。 そこにはかつて日鉄赤谷鉱業所の社宅が存在し2〜4世帯入った棟割り長屋が50数棟ありました。また他の施設、関係各社の建物も含め、多い時には700〜800人くらいの人々が住んでいたのではないでしょうか。
 この社宅群の位置は、ほぼ北東に面していて前に飯豊川(加治川)の流れを見て、背後には山がせまる言わば河岸段丘の上にありました。
 ここで私は18歳の春までを過ごしました。それからもう半世紀近くにもなろうというのに、未だに強くあの頃のことが忘れられません。いや、年が経つとともにより一層望郷の念が強くなっています。それは、もう鉱山も閉じられ、鉄道も廃線となり、社宅群も跡形も無く今や草木生い茂り、猿や熊が出没し、まったくの自然に還った姿を目にしたせいかもしれません。
 今、あの地を見た人達が、かつて此処に何百人も暮らし、鉱山で働くために大勢の人々がここを通過して行ったなどと誰が想像できましょう・・・・。
 私は、せめて何かの形で故郷の証しを残しておきたいと思いました。このブログもその一つであってほしいと思っています。

★★★★ お願い★★★★
東赤谷や日鉄赤谷鉱業所に関する写真や資料がありましたらぜひお寄せください。
また、赤谷温泉ホテル、湯の平温泉の情報もいただけると嬉しいです。

写真:日鉄赤谷鉱業所社宅全景(日鉄鉱業四十年史より)

その他の最新記事

すべて表示

平成30年 東赤谷 冬

2018/2/24(土) 午後 3:12

平成30年2月22日の東赤谷です。 少年時代は当たり前として見ていた冬の風景も、今は懐かしく、そして遠く離れている私には何処かよそよそしさも感じられます。 写されている故郷の山々の風景は、あくまでも平面ではありますが、いっとき己の記憶の中に入ってみれば、頬に伝わるピーンとした空気が感じられるのであります。 蒜場山も焼峰も往時と変わるこ ...すべて表示すべて表示

赤谷小学校旧木造校舎の変遷

2018/2/22(木) 午後 3:21

母校「赤谷小学校」が閉校になって、まもなく3年が経ちます。 今も閉校時の姿のままで残されており、新発田市の活動拠点として利用されているようですが、我々昭和時代に卒業した者としては、やはり木造校舎だった頃の方が懐かしいのです。 木造校舎は昭和56年に解体されたのですが、それ迄の事を創立100周年記念誌や閉校記念誌で調べている内に、当時、何気無く ...すべて表示すべて表示

日鉄社宅の少女とトメさん

2018/1/29(月) 午後 5:15

今からおよそ50数年前の冬に日鉄赤谷鉱業所保育園(通称幼稚園)の前で撮られたものです。 撮映月はわかりませんが、屋根や後ろの樹木の雪の融け具合からみると3月頃ではないでしょうか。 一人の少女は紙の花飾りをつけています。手に花飾りを持っている少女もいます。 おそらく園で何かの催し物があったのでしょう。考えられることは赤谷小学校の卒業をお祝いしての集まりで ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事