ここから本文です
山スキーと藪山逍遥
齢を重ね体力の低下を感じますが、拘りを持って自分のスタイルを維持したいと思う昨今です。

書庫最新記事

すべて表示

  • 沢中の日溜まりで、暖を取りながら暫く休憩。 その後、沢靴の上からワラジを履き、下りの準備をする。 準備を終え、ふと脇を見ると、日溜まりの為か結構花が目に付いた。 ...すべて表示すべて表示

  • 先週の足尾・仁田元沢は余り水に浸からなかった為、ちょっとフラストレーションが溜まっていた。 そうかと言って、この時期は未だ暑さに慣れていないので、長い尾根の下りは避けたい。 そこで沢内を往復できる場所として選んだのが、尾瀬 ...すべて表示すべて表示

  • ここは庚申山から北東に派生している尾根を下った所。 庚申山と1821mのオロ山との間のコルだ。 地形図には1745mの図根点が記載されている場所。 ここに上がって来たら、周囲はガスが垂れ込め出していた。 しかし ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事