ここから本文です
庭園&公園を歩く(東京の四季)
ブログ始めました!東京の四季を眺め歩きます

◆5月19日の「谷津バラ園・その31」は北東隅に広がる「コレクション・コーナー」のバラです。先ずは乙女像周辺のバラから。

❶全体に賑やかに咲いていますが見栄えの良い花だけピック・アップして行きます。
イメージ 1

❷手前左寄りの「ピンク・ピース」(1959年メイアン作のHT)と「バレンシア」(1989年コルデス作のHT)。
イメージ 2

❸「サマー・レディ」。1992年タンタウ作のハイブリッド・ティ・ローズ。 剣弁高芯咲き。左下の朱色は「サン・アントニオ」。
イメージ 3

❹「サマー・レディ」をアップで。
イメージ 4

❺「ミス・ユニバース」の名札が付いていましたが色、花形共に違います。濃いピンクの覆輪のバラというと思い起こすのは「プリンセス・ドゥ・モナコ」ですが・・・。
イメージ 5

❻「キャンディ・ストライプ」。1963年マクミング(米)作のハイブリッド・ティ・ローズ。半剣弁高芯咲き。珍しい絞り模様の大輪。
イメージ 6

❼「カリーナ」。1963年メイアン作のハイブリッド・ティ・ローズ。剣弁高芯咲き。
イメージ 7

❽定番の「ブラス・バンド」。1993年クリステンセン(米)作のハイブリッド・ティ・ローズ。
イメージ 8

❾「ア・カペラ」。1994年タンタウ作のハイブリッド・ティ・ローズ。 
 剣弁高芯咲き。白銀色という裏弁が印象的。
イメージ 9

❿「フー・ぺルネ・デュッシェ」。1935年マルラン(仏)作のハイブリッド・ティ・ローズ。剣弁高芯咲き。
イメージ 10

「レモン・アンド・ジンジャー」。2008年J&P作のハイブリッド・ティ・ローズ。ロゼット咲き。
イメージ 11

⓬「アン・レッツ」。1954年レッツ(英)作のハイブリッド・ティ・ローズ。剣弁高芯咲き。作者の妻か息女の名でしょう。
イメージ 12

※次回も引続き「コレクション・コーナー」のバラを。

◆「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
   クリックして頂けると嬉しいです。          
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
イメージ 22https://photo.blogmura.com/p_tokyo/ranking.html

開くトラックバック(0)

◆5月29日の「谷津バラ園・その30」は「”ミスター・ローズ”鈴木省三コーナー」の残りのバラになります。

❶「緋扇」。1981年作のハイブリッド・ティ・ローズ。丸弁抱え咲き。
イメージ 1

❷「朝雲」。1973年作のハイブリッド・ティ・ローズ。半剣弁高芯咲き。後ろの赤は「緋扇」でしょう。
イメージ 2

❸「春芳」。1987年作のハイブリッド・ティ・ローズ。剣弁高芯咲き。
イメージ 3

❹薄紫色の「紫雲」を中心に賑やかな部分。
イメージ 4

❺「紫雲」をズームで。1984年作のハイブリッド・ティ・ローズ。剣弁高芯咲き。
イメージ 5

❻「彩雲」。1980年作のハイブリッド・ティ・ローズ。半剣弁高芯咲き。
 赤、黄、オレンジの複色ですが右下の赤は葉が違うようなので別のバラでしょう。
イメージ 6

❼「万葉」。1988年作のフロリバンダ・ローズ。丸弁高芯咲きの中輪。
イメージ 7

❽「丹頂」。1986年作のハイブリッド・ティ・ローズ。剣弁高芯咲き。
イメージ 8

❾「かがやき」。1967年作のハイブリッド・ティ・ローズのように見えますが・・・?
イメージ 9

❿「紫雲」を別角度から。先に見えるピンクと黄色混じりは「王朝」ですが撮影に失敗しました。
イメージ 11

⓫「桜霞」。1990年作のフロリバンダ・ローズ。半剣弁高芯咲き。これで「鈴木省三の作品」を終わらせますが掲載したのは半分ほど。「ミスター・ローズ」の尊称に相応しい作品群でした。
イメージ 10

※これで残り300枚弱となって30キロメートル地点まで来ました。残りは大きな「コレクション・コーナー」と「香りの庭」が大きな見所になりますのでラスト・スパートに入ります。

◆「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
   クリックして頂けると嬉しいです。          
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
イメージ 22https://photo.blogmura.com/p_tokyo/ranking.html

開くトラックバック(0)

◆5月19日の「谷津バラ園・その29」は「鈴木省三コーナー」のバラです。

◆「鈴木省三」は1913年5月23日生まれ。東京府立第6中学校(現・新宿高等学校)卒業後、府立園芸学校二部専修科(現・都立園芸学校)で園芸を学び、1938年に世田谷区奥沢に「とどろきばらえん」を開園。生産と育種を開始。京成電鉄の依頼により「谷津遊園」に隣接する場所に「谷津バラ園」を設計・造園。1959年「京成バラ園芸」が創設され「研究所長」として入社。1986年ニュージーランドの「トレヴァー・グリフィス」(オールドローズの権威で世界的なバラのコレクター)を訪ねた際、地元の新聞の一面に「ミスター・ローズ」として紹介された。また1980年代に「資生堂」が手掛けた「バラ園シリーズの香水」の「芳純」、「ブルー・ローズ」の開発に深く関与。2000年1月20日没。

❶「ミスター・ローズ」。生誕100年を記念して2013年京成バラ園芸が発表したハイブリッド・ティ・ローズ。剣弁高芯咲き。
イメージ 1

❷「星光」。1975年作のハイブリッド・ティ・ローズ。剣弁高芯咲き。
イメージ 2

❸「ほほえみ」の名札がありましたが「ほほえみ」は黄色なので「女神」(後出)のようです。
イメージ 3

❹「晴世」。1990年作のハイブリッド・ティ・ローズ。愛妻に捧げたバラ。
 赤系が沢山咲いていますが、似たようなバラが数種混在しています。
イメージ 5

❺「晴世」をアップで。「ミスター・ローズ」に似ていますが、こちらは半剣弁から丸弁。
イメージ 4

❻手前「あやおり」(1989年作のフロリバンダ・ローズ)と「北斗」(1978年作のハイブリッド・ティ・ローズ)。
イメージ 6

❼「女神」。1984年作のハイブリッド・ティ・ローズ。
イメージ 7

❽「女神」をアップで。丸弁高芯咲き。
イメージ 8

❾「情熱」。詳細不明。
イメージ 9

❿「栄光」。1978年作のハイブリッド・ティ・ローズ。黄色の花弁の先端から紅が乗って来るとのこと。
イメージ 10

⓫「栄光」をアップで。
イメージ 11

⓬「黒真珠」。1988年作のハイブリッド・ティ・ローズ。
イメージ 12

⓭「黒真珠」をアップで。
イメージ 13

※次回は「鈴木省三コーナー」の残りのバラを。

◆「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
   クリックして頂けると嬉しいです。          
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
イメージ 22https://photo.blogmura.com/p_tokyo/ranking.html

開くトラックバック(0)

◆本日6月19日に名古屋市中区の「亀岳林・万松寺」にて行われた「第90期棋聖戦五番勝負第2局」は後手番の挑戦者「渡辺明二冠」が勝って成績を1勝1敗の五分に戻しました。第3局は6月29日に沼津市の「沼津倶楽部」で行われます。「豊島将之棋聖・名人・王位」は7月3日から「第60期王位戦」の防衛戦七番勝負が始まるのでこの先厳しい日程が続くことになります。◆今日の第2局は先手番の「豊島棋聖」が先に桂馬を跳ねて仕掛けましたが、「渡辺二冠」の54手目「金取りに打った5九角」によって「豊島棋聖」の金と飛車が釘付けとなったのが印象的な1局でした。角1枚によって「豊島棋聖」の金と飛車2枚の駒の動きを封じ、最後の寄せになって馬に成って玉の死命を制しに躍動するという味のある駒の使い方でありました。◆ついでに昨日6月18日に行われた「第45期棋王戦挑戦者決定トーナメント1回戦・谷川浩司九段(先)vs菅井竜也七段戦」は「谷川九段」が「四間飛車」に振るという奇策?を用い、これに対して「振飛車党」の「菅井七段」も四間に飛車を振って「相振飛車」の戦いとなりましたが「谷川九段」が巧妙に差し回して若手強豪を退けて2回戦に進出。57歳のベテランはまだまだ強かなところを見せつけてくれました。

開くトラックバック(0)

◆令和に代って災害の無い安穏な日々が続くことを願っておりましたが3か月目にしてまた大地震。毎年何処かで大地震が発生する流れが断ち切られることはなさそうです。被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

◆さて、昨日は「第78期順位戦C級1組1回戦」の全18局が一斉に行われましたが「藤井聡太七段」は「村田顕弘六段」と対戦。中盤から優位に立って楽勝かと思われましたが、決めに掛った84手目でAIが悪手判定する手が出て形勢は一気に互角に戻り、その後2つのAIソフトが相反する判断を下す珍しい状況になりましたが藤井君はシッカリ読んでいたようで「村田六段」が悪手を指さずとも必勝態勢に。最後は即詰みに打ち取ることは出来なかったものの敗ける状況を排除して「村田六段」を投了に追い込みました。勝負が終わってみればAIが混乱を来すほどの混戦を、藤井君は多少の計算違いはあったものの勝を的確に読み切っていたということになろうかと思われて、これも一種の「AI超え」であったかと。◆他の対局については前期9勝1敗で今期昇級争いの最上位に位置する「船江恒平六段」が「都成竜馬五段」に敗れて1回戦終わった段階で藤井君の昇級が早くも濃厚になったように思われます。◆今日6月19日は「第90期棋聖戦五番勝負第2局」が行われます。「豊島将之棋聖(三冠)」が激戦を制して先勝して第2局は先手番と滑り出し優位に立ったように感じますが、第2局も「豊島棋聖」が先に桂馬を跳ねて先制攻撃。これに対して「挑戦者・渡辺明二冠」が55手目5九角と豊島陣に角を打ち下ろして攻め合いになりました。今の調子で進むと17時ころには終局を迎えるかもしれませんが、いずれにしても1手争いの大激戦になることは間違いなさそうです。

【順位戦C級1組1回戦】※年齢は年度末時点の満年齢
◆左側は先手、右側は後手
  〇先崎 (1位・49歳)日浦市郎(35位・54歳)
 降級点1

都成竜馬(20位・30歳)船江恒平(2位・32歳)

村田顕弘(29位・33歳)藤井聡太(3位・17歳)

青嶋未来(6位・25歳)高崎一生(4位・33歳)
阿部健治郎(5位・31歳)佐々木勇気(14位・25歳)
宮本広志(7位・34歳)北島忠雄(18位・54歳)

真田圭一(8位・47歳)森下卓(9位・53歳)
小林裕士(24位・43歳)宮田敦史(10位・38歳)
高橋道雄(11位・59歳)金井恒太(16位・33歳)
佐藤秀司(17位・52歳)豊川孝弘(12位・53歳)
佐藤和俊(33位・43歳)西尾明(13位・40歳)
千葉幸生(15位・41歳)高野秀行(30位・47歳)
 降級点1

片上大輔(19位・38歳)及川拓馬(32位・32歳)
島朗(25位・57歳)
 降級点1
増田康宏(21位・22歳)
堀口一史座(36位・45歳)
 降級点1
阪口悟(22位・41歳)
 降級点1 
安用寺孝功(27位45歳)
降級点1

青野照市(23位67歳)

塚田泰明(26位55歳)
降級点1

平藤真吾(28位56歳)
降級点1



門倉啓太(31位32歳)石井健太郎(34位27歳)

◆「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
   クリックして頂けると嬉しいです。          
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事