ここから本文です
藪井竹庵
東京の夏祭りが始まると藪さんウキウキしてゆっくり寝ていられません(^ω^)

書庫全体表示

式年遷宮

イメージ 1 「式年遷宮(しきねんせんぐう)」とは・・・神社の本殿の造営または修理の際に、神体を従前とは異なる本殿に移す事を「遷宮」と云うが、それを定期的に行う事を「式年遷宮」と云う。
 
 伊勢神宮ばかりではなく、宮城県の鹽竈(しおがま)神社、長野県の穂高神社、三重県の香良洲(からす)神社、三重県の神明神社(以上20年毎)、京都府の豊受(とよけ)大神社(60年毎)、大阪の住吉大社(30年毎)で式年遷宮が現在も継続して行われている。
 
 かつては、千葉県の香取神宮、茨城県の鹿島神宮、大分県の宇佐神宮、奈良県の春日大社、長野県の諏訪大社でも式年遷宮が行われていたが現在は行われていない。島根県の出雲大社も概ね60〜70年ごとに立て替えられてきているが、必ずしも定期的ではないので、定期的に行われる式年遷宮には該当しない。
 
 伊勢神宮の式年遷宮は最も歴史が古く、天武天皇の14(685)年に式年遷宮制が制定され、持統天皇の4(690)年に第一回内宮式年遷宮、6(692)年に第一回外宮式年遷宮が行われて以来、寛正3(1463)年に第40回内宮式年遷宮を行った後、戦国時代になってしまったので百年間式年遷宮が中断した以外は、現在に至るまで20年ごとに式年遷宮が行われ、今年がその第62回式年遷宮。伊勢神宮の式年遷宮は特に「神宮式年遷宮」と云う。
 
 ちなみに内宮(ないぐう)とは、皇大神宮の事であり、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ=天照大御神 あまてらすおおみかみ)、外宮(げぐう)とは、豊受大神宮の事であり、豊受大御神(とようけのおおみかみ)が、それぞれの主祭神。
 
 写真は「遷御の儀(せんぎょのぎ=ご神体を旧殿から新殿へ移す)」に向かわれる、天皇陛下ご名代の臨時祭主、黒田清子さんと神職たち(2日夕刻、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮)
 
 上方落語の東の旅シリーズ(伊勢参宮神乃賑 いせさんぐうかみのにぎわい)の何かの演目の音源を付けようかと思ったのですが、ネットの常識人である藪さんは、不謹慎になりかねないので自重いたしました(^∇^)
 
 でもこの記事はちょっと真面目過ぎて藪さん的ではありませんね。藪さん的な補足をしますと・・・
 
 日本人の根幹に関わる事なので神聖な気持ちは大事にしなくてはなりません。でも神様ってのはお祭好きなんです。だからこそお祭をやって神様を喜ばせるのです。お神楽(かぐら)と云うのはそもそもそう云う意味の筈です。
 
 「古事記」によると・・・太陽神である天照大神は、建速須佐之男命(すさのおのみこと)の乱暴狼藉にあったまに来て、天岩戸(あめのいわと)に隠れちゃったので様々な災いが起こってしまった。何とか天照大神に出てきてもらおうといろんな工夫をしたんだけれども出てきてくれない。
 
 天宇受賣命(あめのうずめのみこと)と云う神様が、ストリップダンスのような面白おかしい踊りをやったら、そこにいた大勢の神様が笑った。落語の「鼻ねじ」じゃありませんが、天照大神もその笑い声に誘われて天岩戸から出てきました。故に天宇受賣命は芸能の神様と云われ、またストリップの元祖とも云われているらしい(^ω^)

撮影データ・・・平成25(2013)年9月23日(月) 午後6時過ぎ 文京区白山神社
 
 この動画、実は最初にチューブに上げたのだが「第三者のコンテンツに一致する」と云うコーションが出た。当たり前だろうよ。著作権の乱用も甚だしいんじゃないか? そんな事を云ったら盆踊りで使う曲も運動会で使う曲も卒業式で使う曲もラジオ体操の曲も・・・みんな自分で作曲しろって事なのか? ネットで動画を見られるシステムをいったい誰が作ったと思ってやがるんだ!  (´,_ゝ`)プッ

  • 顔アイコン

    *安寿先生。。
    伊勢に七旅、熊野に三度。愛宕山へは月詣り・・・ってのが上方落語で良く語られるフレーズですが、東京落語では伊勢詣りってのは一生に一度、家族と水盃をして出掛ける大変な旅でした。なにしろ難所の箱根峠を越えて、暴れ川の大井川を渡って歩いて行くんですからね。

    20年前の1993年にも第61回神宮式年遷宮があったのですが、あの頃は日本の経済バブルの崩壊でほとんど話題にもならなかったと思います。八年前から準備が始まった今回の式年遷宮では、初めてテレビ局の内部取材が許可されたようで、今年に入ってからは様々なテレビ番組が制作されました。

    富士山の世界遺産登録や2020年の東京オリンピックの開催決定や伊勢神宮の式年遷宮は、民主党政権によってジリ貧になってしまった日本経済を元気にするお祭だと思います。

    様々な批判があるかもしれませんが、社会保障制度の欠陥により、大幅な借金を抱える体質になってしまった日本経済へのカンフル剤として経済破綻を食い止めつつ、日本経済を正常な状態に戻して行く必要があるのだと思います。

    藪井竹庵

    2013/10/3(木) 午後 2:27

    返信する
  • アバター

    こんにちは。(*^-^*)
    実際にこの厳粛な式典を見て見たかったのですが、
    遠いですしね〜。( ̄ー ̄;
    現代の式典はストリッパーがいない式典だから、
    神様達が笑えなくて
    天災が起こってしまったのかもしれませんね。(^_-)-☆

    ま〜ぶる

    2013/10/3(木) 午後 3:26

    返信する
  • 日本人に生まれてよかったと思う式典ですね。

    キャバン

    2013/10/3(木) 午後 5:26

    返信する
  • 顔アイコン

    *まーぶるさん。。
    伊勢神宮の内宮まで歩いて15分掛かる宇治橋は、10月2日の午後1時に閉鎖されました。午後8時から始まった「遷御の儀」には、皇室か総理大臣でない限り見る事は出来ません。写真撮影も一部の許可された報道関係者のみです。藪さんのような特殊工作員が夜陰に乗じて潜入して撮影するって事もできますが・・・膝が痛かった藪さんには出来ません(^ω^)

    森さんと云うかつての総理大臣が日本は「神の国」だと発言して野党にとっちめられたんだけれども・・・なんであやまっちゃうんだろうか・・・だって日本は神の国なんです。お地蔵さんを拝んだり、お稲荷さんを拝んだり、初詣でにだって行くでしょう? 日本はあらゆる神、つまり八百万(やおよろず)の神の国なんですよ。

    中国の七福神だろうとインドのお釈迦様だろうとみんな取り込んじゃう凄い宗教観なんです。クリスマスでドンチャン騒ぎをして、除夜の鐘を撞いた後に神社へ初詣でに行くなんて国は、世界にはありません(^ω^)

    藪井竹庵

    2013/10/3(木) 午後 5:52

    返信する
  • 顔アイコン

    *キャバンさん。。
    20年前の平成5(1993)年にも同じように神宮式年遷宮は行われたのですが、そんなには話題にならなかったと思います。それを考えると、それぞれの時代による旬な話題ってのがあるのかもしれません。

    遷宮とは違うのですが諏訪大社の御柱(おんばしら)の行事ってのは、死者が出た事もあるダイナミックなお祭ですよね。ブラジルのリオのカーニバルも同じようなものだと云うかもしれないが、ダンスパレードと云う事なら、阿佐ヶ谷でも浅草でも毎年サンバカーニバルはやっている訳であり、イベントの多さでは各地のヨサコイ祭の方が規模はともかく数の多さでは日本の方が勝ってます(^∇^)

    藪井竹庵

    2013/10/3(木) 午後 6:27

    返信する
  • 落語の旅の噺の大半は、伊勢参りですよね。落語国では、「伊勢参り」は、信仰というよりは、信仰に名を借りた「遊び」なんですね。
    でも、信仰の対象という点はゆるぎないですね。

    私も、ほぼ毎年10月のF−1日本グランプリ決勝の翌日が体育の日なので、決勝の後の重体には帰らず、鈴鹿のホテルに泊まって、翌日伊勢参りしてから帰ります。
    時間に制約あるときは、帰り道になる熱田神宮に行ってきます。

    キャバン

    2013/10/3(木) 午後 6:54

    返信する
  • 顔アイコン

    伊勢は母方の父祖の地ですし、内宮の直ぐ近くに建つ天宇受賣命と猿田彦大神を祀る「猿田彦神社」の神輿を神社からおかげ横丁・宇治橋の間を毎年担がせて頂いていましたので多少はお役に立てると思います。

    伊勢へお越しの際は是非ご案内役をお申し付けください。

    しゅう

    2013/10/3(木) 午後 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    伊勢神宮といえば、大神宮さま。久蔵さんの富札をしっかりと守ってくれた神様、ですよね。

    伊勢神宮には、高校生の頃修学旅行で行きましたが、なんとなくよそよそしく、人を近づけないような峻厳さばかりを感じて、二度と訪れたくないような思いをしました。

    [ SHION ]

    2013/10/4(金) 午前 0:55

    返信する
  • 顔アイコン

    *キャバンさん。。
    旅へ行って「よこね」の一つも出してくると一人前だ・・・って圓生さんなんかはよく語ってましたが、現代ではその意味は不明ですね。藪さんが解説してもよろしいのですが・・・まあやめておきましょう。興味がある方はご自分でお調べ下さい(^ω^)

    少なくとも江戸時代には遊山旅なんてのは出来ませんでした。街道筋には要所要所に関所があって、奉行所が発行するパスポートのような通行手形がなければ関所を通過する事は出来ませんでした。

    旅へ出る時には町役人に申請して奉行所から通行手形を発行してもらうのですが、単なる観光旅行ではなかなか許可が下りなかったので、寺社への参詣を旅行理由にしたんですね。

    藪井竹庵

    2013/10/4(金) 午前 6:32

    返信する
  • 顔アイコン

    *しゅうちゃん。。
    何でしゅうちゃんが式年遷宮の記事をお書きにならないのですか? (^ω^)

    もちろん、既に伊勢神宮に取材なさって記事をお書きでしたね。その8年の準備期間のクライマックスが、「遷御の儀」でした。

    みなさんがお書きになってないので、10月3日は本当は登山の記事を書くつもりだったのですが、急遽式年遷宮の記事にしました(^ω^)

    藪井竹庵

    2013/10/4(金) 午前 6:39

    返信する
  • 顔アイコン

    *SHIONさん。。
    暮れの厄払いは大神宮様の出張販売なんですよね、本来は・・・(^ω^)
    お宮にしてもしかりですね。宝くじの当選札をちゃんと守ってくれる(^∇^)

    威厳があるからこそ身が引き締まるのであり、数々のしきたりがあるからこその神なんだと思います。馬生さんが相撲の話をする時によくやったマクラは、相撲の仕切りが長いのであれを短くしたらどうだってんで、いきなり取り組みをやったら、せわしなくて落ち着いて相撲を見てられない・・・(^ω^)

    藪井竹庵

    2013/10/4(金) 午前 6:42

    返信する
  • 顔アイコン

    今回の遷宮はテレビでも大騒ぎでしたが、前の時(20年前)はどうだったか、記憶にありません。 削除

    [ snob ]

    2013/10/4(金) 午前 8:31

    返信する
  • 顔アイコン

    夫婦ともどもお木曳、お白石持行事と参加してほんのちょっぴりの貢献をしています。
    神道においては何でもお祭りなのです。仏教の初七日に相当するのは死んでから十日目に行いますがそれは「十日祭」なのです。
    流石にもう「わっしょい」のお祭りに参加することはできませんが、「何でもお祭り」の神道の民であって本当に良かったと思っています。

    憲坊法師

    2013/10/4(金) 午前 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    藪井先生…遷宮の記事は書かせて頂く予定です。
    伊勢の友人達も神輿の仲間も勿論私もですが、世間の騒ぎが少し落ち着くのを待っていると言う感じですね。
    今回の遷宮は私にとって最初からしっかりと見させて頂ける最期と思い気持ちを込めて来ました。
    年が変わったら参宮させて頂きたいと思っています。

    もうじき「初穂曳」です。遷宮で終了では有りません。
    伊勢の暮らしは一年を通して神と共に在ります。

    しゅう

    2013/10/4(金) 午後 0:40

    返信する
  • 顔アイコン

    *snob先生。。
    私も記憶にございません(^ω^)
    だいたい、そう云う事をやっている事さえ知りませんでした。諏訪大社の御柱の方が有名ですからね。

    藪井竹庵

    2013/10/4(金) 午後 2:50

    返信する
  • 顔アイコン

    *けんちゃん。。
    ご苦労様です。だいたい二千万人くらいの人が神宮式年遷宮には何らかの形で参加しているようですね。それを考えたら世界最大のお祭りと云えるのかもしれません。

    今年は気分良く昼寝が出来ていたので、地元の祭の神輿の取材が出来ませんでした。その代わり、盆踊りの取材は腰が痛くなるほど、バッチリ一時間分の動画撮影をしてきました。老若男女ばかりではなく、親に抱かれた幼児でさえ炭鉱節を楽しんでました。これならきっと神様も踊り出す筈です(^ω^)

    藪井竹庵

    2013/10/4(金) 午後 2:56

    返信する
  • 顔アイコン

    *しゅうちゃん。。
    了解。そういうのってあるんです。
    藪さんにとっては、なんで谷根千なんかにゴチャゴチャと人が集まってくるのか・・・

    リオのカーニバルでは、地元の人はうるさいので、その期間は他の場所に避難するそうです。
    でも、イベントはイベントなんで盛り上げればよろしい。地元の人はあとで静かになった時に、モヤしゅうすればいいんです(^∇^)

    藪井竹庵

    2013/10/4(金) 午後 2:58

    返信する
  • 顔アイコン

    *内緒さん。。
    正確な発音、ありがとうございます。

    ただし私は神道の専門家ではないので、「宮」を濁らずに発音すると云う事は知りません。一般的な日本語の発音に従ってます。もちろん、濁らずに発音するのも日本語ですが、濁って発音する方が一般的だと思います。もし濁って発音するのがいけないのであれば、NHKのアナウンサーは、「濁らずに発音する」と云うべきです。じゃなかったら、一般の人には判りません。

    藪井竹庵

    2013/10/5(土) 午後 9:57

    返信する
  • 顔アイコン

    http://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2012/08/post-e0a1.html

    [ JOY BAR ]

    2013/11/15(金) 午前 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    *JOY BARさん。。
    コメント^^ありがとうございます(^ω^)

    単にURLだけをお書きの場合は、どう云う内容なのか判断できないためにスパムとして処理し見に行く事はしませんが、式年遷宮の記事ですので、今回だけは訪問しました。次回からはURLのみの場合は無視しますのでそのように了解願います。

    藪井竹庵

    2013/11/16(土) 午前 6:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事