ここから本文です
藪井竹庵
予約投稿済・・・23祭りのいろいろ 24おみくじに御朱印 25能舞台で雅楽の舞 26守衛さんもご苦労さん

書庫全体表示

閻魔堂の騙し討ち

イメージ 1 確かに伯山先生の講談は素晴らしいのだが・・・何と云ってもその上を行った八丁荒らしのスーパースターが虎造さんでした。声・節・語り・・・浪曲に取っての必要な三要素を備え、尚且つ虎造さんは浪曲に落語の笑いを取り入れました。

 もし虎造さんが噺家になっていたら、一歳年下の圓生の最大のライバルになっていたかも知れません。もちろんそんな事はありません。かつては大衆演芸の最上位に位置していたのが浪曲であり、最下位に位置していたのが落語だからです。

 浪曲と落語の中間が講談だと云えます。浪曲も講談も先生と呼びます。噺家の場合は師匠と云ったりもしますが、その師匠は別に先生と云う意味ではない。「お前」とか「おい!」では、放送に使えないから取り敢えず師匠と云ってるだけであり、「師匠、そこの草履を取っとくれ」とか「師匠、邪魔だからアッチへ行っとくれ」と云うように使います。

 浪曲は大衆演芸の最上位に位置していると申しましたが、浪曲師になるには声・節・語りの三拍子が揃ってなければなりません。東京には現在でも、浅草に「木馬亭」と云う浪曲定席があるのですが、残念ながらその三拍子が揃っている人がいないので、虎造さん以降は浪曲が低迷してしまっている訳です。

 声や節がダメでも語りが上手ければ講談の先生になれます。六代目 一龍斎貞水(1939〜)と云う人間国宝の先生がこのジャンルにはいます。「怪談の貞水」と云われ、現在のこのジャンルの第一人者です。
http://www.yougou.co.jp/teisui/

 声や節や語りがダメでも、ただ面白ければなれるのが、大衆演芸の最下位に位置している噺家です。三平さんも歌奴の圓歌さんも浪曲が上手くて、落語の中で随分浪曲を取り入れて成功したりしました。でも人の真似をしていたのではダメなんです。虎造さんは、虎造節と云う独特のジャンルを浪曲の世界に築きました。

 藪さんの親の世代の日本人はみんな虎造節に酔いしれました。もちろん藪さんだって、虎造さんを聴きながら酒飲んだりすると、涙が止まらなくなる事が度々あります。つまり虎造節とはそれほど素晴らしい演芸だと云う事なんです。

 もし米国のブルースマンに虎造節を聴かせたら、彼らは何と云うだろう? 日本にはこんなに素晴らしいトーキング・ブルースがあったのか? 我々のブルースはとてもこれには勝てない・・・って云うに違いない。

http://video.fc2.com/content/20140531ub7wBs7y/&otag=1&tk=Tnprek56WXhORFk9
 
 データ・・・二代目 広沢虎造 明治32(1899)年5月18日〜昭和39(1964)年12月29日 享年65 東京・芝白金生れ 本名=山田信一

  • 最近の若衆に「悪い奴は、都鳥」と言っても伝わりません。虎造も昔になりにけりです。
    昭和四年生まれの父が、ヤクルト、讀賣、阪神と渡り歩いた広沢選手の事を「虎造」と呼んでいたら、私の一回り下になる舎弟・昭和48年生まれは、広沢選手は、広沢虎造と言う名前だと思っておりました。

    武春が、ブルース調の浪曲をやるんだから、ブルースの歌手、例えばクラプトンが浪曲調のブルースをやっても不思議じゃありません。
    個人的には、オールマン・ブラザーズバンドに、マイク・ブルームフィールドを加えて、次郎長伝をやって欲しかった。

    [ Mars_jj_boy ]

    2014/5/31(土) 午前 9:46

    返信する
  • 一時は誰もが知っていて、どんな地方でも受けに受けていた浪曲が今の様になってしまったのは何が悪かったのでしょうか? いずれ落語もそうならない事を祈るばかりです(^^)

    shobuen2

    2014/5/31(土) 午前 10:12

    返信する
  • 「飲みねえ飲みねえ。寿司をくいねえ。江戸っ子だってねえ」
    「神田の生まれよ」
    「そうだってねえ」

    …っていうのが今の30代以降には通じなくなりました。

    [ みんけんひで ]

    2014/5/31(土) 午後 0:50

    返信する
  • 顔アイコン

    清水 次郎長は富士川舟運の権益を巡り甲州博徒と対立し、黒駒勝蔵と抗争を繰り広げ、その後、身ぎれいになり、
    旧幕府艦隊の咸臨丸は暴風雨により房州沖で破船し、修理のため清水湊に停泊したところを新政府海軍によって全員死亡、駿河湾に放置されていた遺体を、次郎長は小船を出して収容し、向島の砂浜に埋葬した。新政府軍より収容作業を咎められたが、死者に官軍も賊軍もないと言って突っぱねたという。

    広沢虎造の浪曲は、当時わくわく心躍り、

    そういえば、最近、詩吟を聞かなくなりました。
    石原 詢子さんの詩吟「川中島」が好き。

    川中島 < 山陽>
    鞭聲肅肅夜河を過る
    曉に見る千兵の大牙を擁するを
    遺恨なり十年一劍を磨き
    流星光底長蛇を逸す

    父親は詩吟「揖水流」家元の「源風」

    十二六

    2014/5/31(土) 午後 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    このあと浜松の国領屋一家へ向かう途中の石松は再び閻魔堂で襲われ、哀れな最期を遂げるわけですが、それを知った本座村為五郎が都鳥一家と対面する。
    そこのところがどうもよくわからない。漏れ聞くところによると、虎蔵は為五郎の下りをある時からやらなくなった。それには為五郎の子孫との訴訟沙汰があったということですが、そのあたりはどうなんでしょうね。

    憲坊法師

    2014/5/31(土) 午後 11:56

    返信する
  • 「為五郎の悪事」の口演は、中途半端なところで終わっていますよね。
    私が聞いたのは、三代目神田伯山先生が為五郎の遺族に訴えられ、裁判で負けて、この口演が出来なくなってしまったからと。

    [ Mars_jj_boy ]

    2014/6/1(日) 午後 9:14

    返信する
  • アバター

    *Marsさん。。
    昭和39(1964)年は半世紀前の東京オリンピックの年でしたが、虎造さんを初め、可楽や円歌や金馬が亡くなった厄年でした。

    広沢は東京六大学で活躍してプロ入りした選手だったと思いますが、大型選手と云われた割りにはあんまり活躍できずに終わっちゃった選手でしたね。

    西洋には、バラッド(バラード)と云う抒情詩みたいなものはあるのですが、どうしてもキリスト教的な内容になってしまって、「義理人情」とか「詫び寂(わびさび)」の世界と云う東洋的な思想ってのは、彼らには理解不能なんだと思います。

    それと浪曲で重要なのは、曲師と云う三味線のおっしょさんの独特な三味線の音色と、掛け声が非常に重要ですね。曲師がダメだと、浪曲師がどんなによくても、その浪曲はダメです。

    藪井竹庵

    2014/6/2(月) 午前 6:13

    返信する
  • アバター

    *菖蒲園さん。。
    日本人がエコノミックアニマルになってしまい、義理人情が失われたからでしょう(^ω^)

    まあ落語と云うジャンルはどんな事になっても残ると思います。もちそんそれは、本物の落語と云う意味じゃありませんけどね。昇太がやっても落語は落語なんです(^ω^)

    藪井竹庵

    2014/6/2(月) 午前 6:15

    返信する
  • アバター

    *みんけんひでさん。。
    現代ではシブガキ隊の「スシ食いねぇ」と云う歌が辛うじて記憶されている程度でしょうか?(^ω^)

    何か虎造さんの記事を、一ヶ月くらいぶっ続けで書きたくなってきました(^ω^)
    でも今の日本人に義理人情を説明するのは容易な事ではないですね。そんな事をやったら、お前はヤクザモンかと云われかねません。

    だからって、仁義礼智信って孔子の論語の儒教精神から説明するのもかったるいし・・・(^ω^)

    藪井竹庵

    2014/6/4(水) 午前 7:42

    返信する
  • アバター

    *十二六さん。。
    講談や浪曲で語られている次郎長伝ってのは、あくまでもエンターテイメントの世界ですから、事実とは違うと云う突っ込みは野暮と云うもの(^∇^)

    石松はこの時37歳と語ってますから、37歳で幕末に死んだ訳ですね。次郎長さんはその後、明治になってばくち打ちでもなかろうと清水一家を解散して、富士南麓の開墾事業をボランティアでやって、明治20数年まで存命でしたね。ですから次郎長さんは静岡県の名士なんです。

    藪井竹庵

    2014/6/4(水) 午後 3:23

    返信する
  • アバター

    *けんちゃん。。
    虎造さんは「為五郎の悪事」と云う演題で、上下に分けて語ってるんですが、あの部分は本当に良く判らないですよねぇ。

    石松が殺された事を次郎長一家が知らないのに、なんで為五郎はあまり時間が経ってないのに知ってたのかの説明がなかったと思います。

    石松が都鳥一家に殺された事は、後になれば七五郎が清水へ知らせに行って判るでしょうが、今本座村の街道を歩いている清水一家七人衆はそれを知らないのだから、都鳥三兄弟と子分の四天王の七人と街道で顔を合わせても、挨拶程度で斬り合いになるなんて事はないはずです。

    悪事と云う演題になってるんですが、虎造さんが語る限り特に為五郎は悪人として描かれてないですよね。それに講談・浪曲はエンターテイメントの世界なので、その内容に訴訟を起こすなんてのは野暮です。

    藪井竹庵

    2014/6/4(水) 午後 3:37

    返信する
  • アバター

    *Marsさん2。。
    「あっちゃ〜七人。こっちゃ〜七人。こいつはひとつ蹴合わせてみるかな」と云う為五郎の呟きで終わっていたと思います。その後がないので、どうなったのかが判りませんね。

    石松が殺されたのが万延元(1860)年ですが、都鳥吉兵衛が次郎長一家に殺されるのはその翌年だから、本座村の為五郎の家では為五郎は都鳥一家が隠れている場所を次郎長には教えなかったって事になる。

    訴訟になるってのも変な話なんですよね。伯山が作った物語がオリジナルじゃなくて、次郎長の養子が明治17(1886)年に「東海遊侠伝」と云う次郎長伝のルーツになる本を書き、それを基に幾つかの本が書かれ、それらの物語から伯山が講談にした訳で・・・伯山だけが訴えられるってのは、有名税なのかも知れませんね。

    ヒットしたから銭が取れる→訴えると云う図式なんだと思います。ヒットしなけりゃ金が取れないので訴えられない。

    藪井竹庵

    2014/6/4(水) 午後 3:59

    返信する
  • 顔アイコン

    藪さん
    コメントのつっこみ、本来の張りが戻ってきたようでなによりです、
    そうでなくっちゃ。
    それにしても、現代のエンターテイメントにも明るいようで、なかなかですな。とんとついていけず、家庭内孤立してますよ。

    十二六

    2014/6/4(水) 午後 4:51

    返信する
  • アバター

    *十二六さん。。
    足の具合は、まだまだ完治した訳ではないのですが、徐々にですが回復して来てます。今困ってるのは背骨の痛みで、寝てる時に一瞬ギクっとなったりして猛烈な痛みが走って動けなくなります。

    でもまあ、何とか騙し騙し、一つしかない身体を使ってます(^ω^)

    毛嫌いしないで、少なくともヤフーのトップページの8つのニュースくらいはさらっておく。現代ニュースの基礎知識ですかね(^∇^)

    森羅万象あらゆる事に通じていないと、ブログの記事を書いたり、リコメなんてできませんよ。その意味で云えばブログってのは生涯学習にもっとも打って付けのメディアだと思ってます。

    藪井竹庵

    2014/6/4(水) 午後 5:38

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事