ここから本文です
藪井竹庵
予約投稿済・・・18東京の夏祭り 19みたままつりが進行中 20子供が楽しめる祭り

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

伯山の石松

イメージ 1 森の石松の物語ってのは、清水次郎長伝と云う事で、浪曲の二代目 広沢虎造(1899〜1964)さんの当り演目でした。

 虎造さんは、講談の三代目 神田伯山(1872〜1932)の清水次郎長伝が大好きで、戦前の若い頃には伯山の追っ掛けをやり、次郎長伝をすべて聞き覚えたほどの次郎長根多の決死隊でした(^∇^)

 藪さんはあまり浪曲には詳しくないので、ご通家から突っ込まれそうで迂闊な事は書けないのですが、浪曲ってのは噺家と違って、師匠から教わった言葉や節をそのまま演じるんじゃないそうですね。

 言葉・節・語りはすべて自分が作って演じるらしい。藪さんは当然ながら虎造ファンなので、十枚組のCD全集の他にも幾つかの音源を持っている訳で、その音源の次郎長伝の音源を数えてみたら、全部で35演目ありました。

 調べてみると、虎造さんは直接伯山に稽古をつけて貰った記録はなく、それでも35演目もの次郎長伝の音源を遺していると云う事は、Marsさんや堀井ちゃんに匹敵するような伯山の追っ掛けの決死隊だったんだと思います(^∇^)

 三代目 神田伯山は「次郎長伯山」と云われたほど、次郎長伝で売った講談師でしたが、残念ながら昭和7(1932)年に59歳で亡くなってしまいました。ですから残っている音源は・・・藪さんは二つしか持ってませんが、SP音源の復刻版です。

 この「閻魔堂の騙し討ち」ってのは、虎造さんの浪曲でも名演が残ってますが、伯山の講談もいいですねぇ。あの虎造さんが伯山の語りに魅了されたってのがよく判る音源です。SPレコードの二枚組で発売された音源で、二枚のAB面の四面を繋いで13分25秒の長さにCDで復刻した音です。

 藪さんは現代の浪曲や講談も聴いてはいるんですが・・・残念ながら、30年後にもその音源を遺したいと思う物がないと云う状況で、お寒い限りです。
 
 データ・・・三代目 神田伯山(1872〜1932) 享年59 本名=岸田福松 前名=小伯山

 ちなみに右上の画像は藪さんローカルのこんにゃくえんまの説明文です。源覚寺のお閻魔さんは立派なお堂に収まってますが、閻魔堂と云うのは、街道筋にあって雨宿りをするような小さなお堂だったんだと思います。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事