石油監査人

石油や農産物などコモデティに関する話題。イールドカーブと住宅指標による日米の景気分析。

全体表示

[ リスト ]

英ガーディアン紙から、ウィキリークスに流出した外交通信文書で、米国がサウジアラビアの石油埋蔵量に疑念を持っていることが分かりました。


・この外交通信文書は、リヤドの米大使館からワシントンに送られたものです。

・リヤドの米大使館は、サウジ政府の上級石油担当高官にインタビューして、ワシントンに対して、サウジの埋蔵量が公表の40%近くの3000億バレルが水増しされていると警告しています。

・この外交通信文書は、2007年から2009年の間に書かれたもので、地理学者でサウジアラムコの前開発責任者である Sadad al-Husseini氏が、米国大使館を通じて、米政府に警告したものです。

・Sadad al-Husseini氏の発言内容

 ・今後、10年以内に、サウジは、日量1200万バレルまで生産量を上げる事が可能である。

 ・ただし、その前に、おそらく、2012年頃に、世界の原油生産量はピークアウトするだろう。

 ・サウジのエネルギー産業は、外国からの投資を求めるために、埋蔵量を大幅に水増ししているので、原油価格の上昇を抑える事は不可能である。

 ・現在のサウジアラムコの上級開発担当副社長のAbdallah al-Saif氏は、プレゼンで、同社は、7160億バレルの埋蔵量を持ち、そのうち、51%が採掘可能で、20年以内に、9000億バレルまで延ばせるだろうと述べている。

 ・しかし、Sadad al-Husseini氏がこの数値を否定して、3000億バレルは水増しで、当初の50%まで採掘された後は、高原状態を維持され、その後、減少していくだろう。

・この内容は、ワシントンに伝えられ、大使館は、「Sadad al-Husseini氏は経験があり、悲観主義者ではなく、信頼できる人物である。」と伝えています。

・7ヵ月後に、リヤドの大使館は、ワシントンに対して、2つの外交文書を送り、我々の関心は、サウジが長期的にどれだけの期間、石油市場に影響力を及ぼすことが出来るか確認することであると述べています。

・以下のような内容の4番目の文書は、2009年10月にワシントンに送られました。

 ・毎年10%拡大するサウジの電力消費の急拡大がサウジの原油輸出の脅威になっている。
 ・2018年には、現在の二倍の6.8万メガワットの発電能力が必要となる。

・また、この報告では、原油開発プロジェクトの遅れと事故が報告され、サウジアラムコが減退を食い止めるだけで必死であることを述べています。

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

こんばんは。
貴重な情報有難うございます。

当院にも、綿の価格高騰が波及してガ−ゼ値上がりのようです。
サウジは、原油枯渇=小麦枯渇=政権沈没 。

日本も予算通過させないと、大変ですね。JGB先物下落も、織り込んでいるような動きです。

2011/2/9(水) 午後 7:16 [ - ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。

徐々に、商品価格の高騰が生活に影響を及ぼし始めましたね。
夏までには、小麦粉の値上げがパンや麺類などの小売価格に転嫁されると思います。

日本の政治はどこに向かっているか、分からなくなって来ました。

2011/2/9(水) 午後 10:26 [ yad*721* ] 返信する

顔アイコン

かなりビッグニュースですよね。
水増しはあるにせよ40%は・・・何が正しいのか分かりませんけど。
放置すれば危険ですね。

2011/2/9(水) 午後 11:08 [ ビールせんべい ] 返信する

顔アイコン

どの程度、水増しされているかは、意見が分かれてきましたが、石油関係者の間では、これまでも、OPEC加盟国の埋蔵量見積もりは、いい加減だと言われてきました。

なので、意外に冷静に受け止められています。

このリークにも、サウジ政府の意向が反映されている可能性が高いと思っています。

2011/2/10(木) 午前 11:53 [ yad*721* ] 返信する

顔アイコン

そうだったんですか。ありがとうございます。

サウジの意向ですか・・・

2011/2/10(木) 午後 3:44 [ ビールせんべい ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事