石垣島ヤドカリ通信♪ 〜旅と音楽と沖縄とワタシ〜

石垣島・音楽と農家の宿ティダヌファ新米女将でございます♪

ティダヌファ日記

[ リスト | 詳細 ]

音楽と農家の宿 ティダヌファの日記です。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

イメージ 1

先月の10月19日、八重山古典音楽コンクール三線部門・優秀賞を受けました。

コンクールが近い日程は宿をお休みにしたり、また試験当日お泊まりの方には素泊まりでお願いしたり、
日にちをずらしてお泊りいただいたお客様もいて、本当にご迷惑をおかけしました。
「頑張って下さいね〜」と応援のお言葉もたくさんの方からいただき、ありがとうございました。
宿は現在通常営業しております♪ 

9月、10月と「声が出ない」というスランプ? に悩まされていました。
季節の変わり目か…自分の中で何かがブロックされてるのか…
考えてもどうにもなりませんでした。
時々喉がはれたり、まだまだ不調はこれからも続きそうで、
サンサンラジオでも何とか声を張り上げて話しています。

不調な自分の声との格闘の日々でしたが、そんな中での稽古は、
歌えることの喜びと八重山の唄の素晴らしさ、難しさを改めてかみしめた日々でした。

新人賞のあと、この優秀賞を受ける決心をするまでに7年たっちゃいました。
7年の間に色々ありました。宿を始めたり…家族が増えたり…
島で生きていくことに時にはあがいたり…もしたかな?
唄、喉は自分の気持ちとリンクしているんだなぁとつくづく感じました。

コンクール当日は喉がざらざらで…、緊張ももちろんで、
「上原ぬ島節」では、初めて「声が震える」という体験をしました。
ほんとに、気絶するかと思った〜(>_<)
声って繊細! 

この緊張の場で、安定した呼吸で思いを唄に込める…
まだまだ修行が足りないなぁ…と思いました。

結果は、なんとか合格することができました。
もうじき(11月17日)発表会です。

さて、最高賞を受けられるのは何年後だろう?
先人たちの残した数々の唄への気持ちは高まるばかりで、
その気持ちに素直に従いながら、1曲1曲、向き合っていこうと思います。
またその時期がきたら、きっとそういう流れが来ると思うので、
自然にまかせようと思います。

<↓関連記事 八重山日報より>
http://www.yaeyama-nippo.com/2012/10/22/最高賞-優秀賞41人が合格-11月7日に演奏会-古典音楽コンクール/#permalink

【写真説明】
同じ教室の梅ちゃんと、コンクール後のほっとした瞬間。
(彼女は終了後に八重山日報のインタビューに答えてました♪)
青い着物は、亡くなった母方の祖母が母にプレゼントした着物のようで、
母が「コンクールで使って」とわざわざ送ってくれました。
祖母は三味線や歌舞伎が好きな人でした。
天国で見ててくれたかなぁ?

この記事に

開く コメント(4)

2012年2月の近況♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

久々に「ティダヌファ日記」投稿です。
2012年になり、宿は休館日をいただきながらも、ボチボチ営業しております。

●石垣島の気温

は上がったり下がったり、着る服にも困りますが、
お客様のお布団、「ぶあつい布団」にすべきか、
タオルケットや毛布でいこうか…と迷うことも多い時期です。

●今の時期の宿の朝食の食材

は「パパイヤ」「ほうれん草」「春菊」「カボチャ」「紅芋」
「レタス」「島バナナ」…など、おじぃが畑から持って来てくれます。
屋上のニラはほぼ通年とれるのでありがたいです。

●日曜日

には畑作業を手伝ったりするジュニア1号(1年)ですが、
母である私よりもはるかに「使える」人材のようです。
私は半日作業を手伝うと、そのあとは丸一日以上、お休みを
いただかないと体力が続かないという有様で…とほほ。
農家に嫁いだ身としてはいかがなものかと思いますが、
無理せず徐々に頑張っていこうと思います(涙)

★写真の説明★
上から
2月中旬の畑。むこうに見えるは於茂登山。

畑の寒緋(カンヒ)桜

ジュニア2号(2歳)、オムツ姿で畑のホクトに話しかける。
(ホクトもようやく家族と認め、吼えなくなりました)

ぅ献絅縫1号(1年生)、空手で青帯いただきました。
中々受け身?ができないとのことで、
私がなれない足で何度もケリをかましてあげました。
強く、優しい男になってくれ…

ダ虱侫蹈奪謄泪蝓璽鵐坤ャンプ
2月19日に上野大樹、古谷拓哉、松本幸大の投手陣の
トークショーがありました。選手のお話は
楽しく、そしてかっこよかったっす♪
ジュニア1号のヤツ、ちゃっかり前で見てました。

この記事に

開く コメント(0)

宿再開しております。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

約2ヶ月半の産休を経て、ティダヌファ再開致しました♪

今年初のお客様は何度もお越しいただいている、うちのジュニアが大好きなおおたか静流さん、今回は西表でイベントがあったそうで、石垣島はほんの少しの滞在でした。そして飛び込みで当日お泊まりになったKさん。
Kさんはお風呂のCDでしずるさんの「Sugar Land」を聴いて気に入って、そしたら朝食の目の前に本人がいたのでビックリ! のようでしたよ。偶然の出会いはお客様にとっても、面白いものですね♪

雨の女神、しずるさんがいらっしゃった時は、調度旦那が畑に雨を切望していて、見事「恵みの雨」をもたらしてくれました。感謝です! 
前日の夜、旦那はまじめな顔でボソッと「おおたかさん来るから雨降らないかなぁ・・・」とつぶやいていました。

そしてその数日後、今度はティダヌファ第1号のお客様O様もいらしてくださいました。
ティダヌファがまさにオープンするとき、家にロゴマークの入った宿の看板を掲げる儀式にも参加いただいた方です。うちのおじぃも混じって夜中までゆんたくが続き、楽しかったです。O様御一行がいらっしゃるときは、いつも館内が太陽パワーでいっぱいになる感じです。
このとき1人旅をしていた、4月からフレッシュ社会人のHちゃん、また来てねっ!
ていうか、東京で飲みたいね〜♪(あっ、まだおっぱい中なので、ビールはダメか・・・)

その後も嬉しいことにジュニアと仲良しのRちゃんも泊まりに来てくれました。Rちゃんはジュニアと同い年、産まれた月も一緒です。翌日は島の観光も一緒にし、川で遊びました。

宿を再開してみて、懐かしいお客様、また新たなお客様との出会いがあり、宿を始めた頃の原点にかえったような気持ちです。この3年間を思い出すと、どれもこれも大切な時間だったと思います。全ての出会いと出来事が今につながっていて、「ありがとう」と伝えたい人がたくさんいます。

ティダヌファは調度3年を越したところ。3年サイクルっていうのがありますが、女将業にもあるような気がします。1年目は無我夢中、2年目は試行錯誤、3年目は妊婦だったので少しスローペースに・・・。
孔子曰く、「四十にして惑わず」ですが、今年に入ってすぐ四十になった私は、やっぱり四十にしても「惑い」ばかり。まだまだ未熟者ですが、お客様からたっくさんパワーをいただいて、それをまた次のお客様に渡していけたらなぁと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<写真説明> 上から
〆G初のお客様、しずるさん、赤ちゃんジュニアを見に来てくれました。
第1号のお客様、O様との再開宴会
D甲縫献絅縫△Rちゃん、オセロで真剣なまなざし…
Rちゃんと川で遊びました。
イ覆弔しの、2006年10月1日、ティダヌファオープンの日。じぃじが抱っこしてるのが2歳の時の長男ジュニアです。たった3年半前のことですが、子供はみんなかわいかったなぁ…そして大人は若かったなぁ…(しみじみ)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

オリンピックが終わり、そして石垣市に新しい市長が誕生し、
何かが始まったり終わったり、春に向かっていく今日この頃。
(というか既に暑い!石垣島の日々です。蚊にもたくさんさされてます)

産後2ヶ月過ぎました。産後1ヶ月はとことん休ませてもらいました。
おかげさまでいわゆる(?)高齢出産でしたが前回よりも体力の回復は早い気がします。
宿を早く始めたい・・・という思いも手伝ってるかもしれません。
ハーブティーをたくさん飲んでます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宿再開3月10日に向けて少しずつ準備してます。
ありがたいことに御予約もボチボチ入り始めてます。
(数ヶ月休んじゃうと、お客様に忘れられるんじゃないかと心配になったりします)
宿の営業予定などについての情報は「お知らせ」のページ
http://blogs.yahoo.co.jp/yaeyamayadokari/folder/1484913.html
をご覧下さい。

さて、今年は育児&農業で休館日も増えますが、お客様の声や様子などを参考に、
サービス内容についても今までできなかったことなど、取り入れていこうと思います。

具体的には

.丱好織ルお客様1人につき1枚無料貸し出し
△風呂のアロマの香りやCDをお客様に選んでいただけるようにする
ファミリーのために、オムツ専用ゴミ箱を貸し出しできるようにする
(専用箱だとにおいがモレなくてよいのです)

などなど・・・小さいことではありますが、今まで中々できませんでした。
おいおい、セルフドリンクコーナーも作りたいと思います。

冬は宿を休んでましたが、野菜もたくさんとれたため、「あぁ、お客様に食べていただきたいなぁ…」
という思いが募ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の私の1日は
●おっぱい授乳
●大量の洗濯(幼児人+畑人の主人がいればそりゃ大量ですわ)
●たくさんとれる野菜の仕込み
●片付け・掃除…
●民宿準備

あっという間に1日が終わってしまって、自分のことは何もできないでいますが、
ちょっとお散歩にいったり、ミスドで家族お茶したり…が楽しいです。

多少腰痛はあるけど、洗濯物が干せる、料理が作れる…そんな日々の嬉しさを感じてます。

長男ジュニア1号は3月に保育園を卒業し、4月から1年間幼稚園です。
近所のそろばん教室や英語教室にも通って楽しく忙しくしています。

********************

写真は上から
“の収穫 (写真にはうつってないもの含め、レタス、大根、人参、パパイヤ、
ウイキョウ、春菊、きゅうり、ごぼう、いんげん、ナス、ニラ、島ネギ、トマト
などが今自家栽培です)

長男ジュニア1号、ロビーでの空手稽古
昨日ロビーで主人と「ケリ」の練習してましたが、5才ながらあなどれませんね。
当たったら痛そうでした。ジュニア2号ベビーもラックの中で暴れながら
「うーうー(ニーニーがんばれ)」と応援してました(笑)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

台風20号が去っていきました。
今年の台風はなんだかどこに行きたいのか、予測がつかないです。
時期的には「もう台風は来ないだろう・・・」と言ってしまってもよい頃なのですが、
また熱低の影が東の方に見え、今度はどうなるのかなぁと見守ってます。

●さて、少し前の10月19日、おおたかしずるさんに波照間中毒の禁断症状が出たため(笑)、
ティダヌファにお泊まりになりました。

…が!

台風20号の影響で波照間に渡れず…

渡れたとしても帰って来れないかも!

…とのことで

急遽進路は宮古島へ…。

そして22日、無事宮古から石垣島に帰還されました。

宮古はどんな旅だったんでしょうかね〜?
気になります。

リピーターのI様も「今回は波照間行けなかった…」とおっしゃってました。
この季節は台風に限らず波の影響で船が欠航ということも多いですが、
きっと行けない時は行けない時ならでは運命というか理由があり、
予定変更して予想外の場所で出会いがあったり…というのも旅の醍醐味ですね。

そうそう、今だから明かしますが、9月に旦那に妊婦の我がままを聞いてもらい、
プチ一人旅をしてきました。
ずっと行きたかった小浜島の「ゲストハウス パナパナ」に泊まりました。
目の前が海! ってだけでテンションあがります。
夕日を眺めながらの夕食、そして突然の雨におっきな虹も…♪
1泊でしたが、やっぱ旅はいいもんですね〜。

●25日(日)は宿をお休みさせていただきまして、ジュニアが通うFF保育園の運動会に参加しました。
こちらも台風の影響で場所が真栄里公園から中央運動公園屋内練習場に変更になりました。

かけっこもエイサーも鉄棒も、頑張りました。来年から幼稚園なので、保育園最後の運動会です。
(親的にはやはり涙が出ますね…)

この日はフサキリゾートでも UA や 大工哲弘さんがゲストのおっきなビーチコンサートが行われる
予定でしたが、台風の影響でやむなく中止!とのことで、あわよくば運動会のあと行きたかったので
残念でした。天候にめげずにまた企画してほしいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★写真説明★

上から
,おたかさんと5連泊のお客様Kさんと。恥ずかしがりなのに、おおたかさんの膝の上には素直に座ったジュニアです。

↓小浜島パナパナからの夕日と虹

きケ親芦顱 .┘ぅ機爾琉畫は、そうそう、「にほんごであそぼ」で来てたものですね♪
http://blogs.yahoo.co.jp/yaeyamayadokari/archive/2008/04/02


おおたか静流さんブログはコチラ
http://www.sizzle-ohtaka.com/

New Album 「Serenade」(セレナーデ) もオススメです♪

この記事に

開く コメント(4)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事