雨☆15

日の当たらないところで暮らしています

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

 こんばんは。雨 15です。先日、広島・岡山方面へ旅行に行ってきました。帰りに使用した高速バス乗車券です。いつも通り南海バス・千葉交通の大阪ー銚子線を利用したのですが、帰りに少し時間が有ったので乗車券をこの路線を所轄営業所である南海バスの堺営業所で購入しました。点呼場で購入しましたが、営業主任氏が予約センターに予約を確認した上での発券となりました。
 以前掲載した、千葉交通の補充乗車券とよく似た様式ですが、恐らく共同運行先である南海の券を参考に作成したのではないかと思われます。

イメージ 1

 17日に開業した、成田スカイアクセスの回数券です。北総線と京成線を跨ぐ(と言っても北総区間も第2種鉄道事業者は京成電鉄ですが。。。)区間では券売機で回数券を発売する事が出来ないので、このような常備式の回数券を設備しています。北総線の各駅と京成線の成田湯川、空港第2ビル、成田空港で発売しているそうです。北総の公式サイトでこの券の設定について触れられてはいますが、この券を購入した時点では大人券が1枚も売れておらず、また券売機や改札周りには案内が一切無かったので、一般のお客さんはこのような券の存在自体、知らないのではないでしょうか?

伊予鉄道 車内補充券

イメージ 1

 伊予鉄道の車内補充券です。車内では前記事で掲載した車内券が使われています。この券を購入したのは松山市駅です。伊予鉄では松山市のみ普通券での途中下車が認められており、改札の掲示によるとICい〜カードでも改札窓口で処理をする事により途中下車が可能なのだそうです。これは余戸で150円区間を購入し、松山市で出場する際に途中下車をした後、大手町まで行きたい旨説明をして発行していただきました。その為、[市駅途中下車]という印が押されています。

伊予鉄道 車内券

イメージ 1

 伊予鉄の車内券です。車掌がこまめに巡回しているので割と簡単に買えると思います。駅名を三文字以内に略されていたり、乗降の区別が全く無かったりと独特な様式です。これの他に車内補充券というものも入手しましたが、これは次回掲載を予定しています。

イメージ 1

 こんばんは。雨 15です。けいおん!!を観終わって、興奮して眠れないので更新してます。八戸駅では、青い森鉄道の出改札業務はすべてJR東日本に委託しており、日中帯、在来線改札付近に居るステーション・アテンダント以外に青い森の係員は配置されていません。ステーション・アテンダントは券売機や乗車の案内のみで、アテンダント自身は乗車券類の発売は行っていないので、乗車券は券売機かみどりの窓口での発売となります。
 普通券は券売機とマルス券(120牲)で発売可能ですが、回数券はマルスで出せないので、JRの補充回数券で発行しています。購入時に、「どこからどこの区間ですか?」と聞かれたので、恐らく他駅発の回数券も発売可能なのでしょう。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事