雨☆15

日の当たらないところで暮らしています

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1


こんばんは。雨 15です。IGRの補回です。巣子駅で購入しましたが、発駅発行駅共に補充式なので、どこで買っても恐らく同じ様式でしょう。途中下車した際に、駅務員女史と少々話をしたりしつつ、硬券乗車券は前回訪問時に少々買っていたので、未収の補回を頼んだ所快く発行してくださいました。IGRの2kmまで150円(小児80円)の区間は巣子-滝沢間だけなので、この運賃で購入できるのもこの区間のものだけですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 お晩でございます。雨 15です。道南ゾーンの周遊ゾーンが2月1日発売分から変更(青森→中小国)になるため、出補による発券がなくなるとの事でもう1回行ってきました。今回はJR東海の東京駅で発券依頼をしましたが、窓口氏は少しマルスを弄っただけで、マルスで出せないのに気づきその場で出補での発券となりました。20分ほどで出来上がりましたが、自動車線運賃欄に青い森の運賃を書いていたり、正直前の東で買った券より券面に突っ込みどころがありました。(恐らく発券見本をそのまま丸写ししたのでしょう。)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 こんばんは。雨 15です。北海道では蘭越、ニセコ、鷲別と行ってきました。
 まずは蘭越から掲載したいと思います。蘭越は4年ほど前に修学旅行の自由行動で行った以来でしたが、その時は硬券乗車券が高額な為、小樽ゆき(小)と銭函・琴似間ゆき(小)しか買っていませんでした。今回は札幌・大麻間ゆき(小)とついでに小樽ゆき(小)買おうかと思っていたのですが、受託者氏から1月末で銭函・琴似間ゆき(小)と旭川ゆきを返納させられる事になった旨教えられたので、旭川ゆきも買ってしまいました。受託者氏によると旭川に関しては一般客は札幌まで出て企画券(Sきっぷの事でしょうか。)を買う方が安いのでマニアしか買わないとかで売れ行きが宜しくなく札幌から返納するように言われたとの事でした。

イメージ 1

 おはようございます。雨 15です。先日の北海道旅行での一番の目当てが、この常備特急券でした。現在、このタイプの特急券(指定席)はニセコの他だと、伊豆箱根鉄道の踊り子停車駅(修善寺を除く)位しか設備されていない物と思われます。購入を申し出た際に窓口女史は料補の冊を取り出してきたので、常備券で出して欲しい旨申し出た所、対応していただけました。小樽から先は周遊きっぷのゾーン券利用で自由席へ移動したのですが、同じ車両に乗っていたニセコからの旅客が常備式乗車券と料補で乗車していたので、自由席に関しても特に申し出がない場合は料補で対応しているものと思われます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 こんばんは。雨 15です。先日、北海道へ旅行してきました。その時使ったのが周遊きっぷの道南ゾーンでした。12月4日の東北本線(八戸-青森間)の青い森鉄道への転換の影響で、東北本線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道経由でゾーンへの出入り口である青森まで行くと、ゆき券なら着駅、かえり券なら発駅が、青い森鉄道の青森となります。このような券は、マルス端末では発行できないそうで出札補充券の出番となります。青い森鉄道青森駅発着の券のみ補充券対応なのかと思いきや、IGR・青い森への配分の絡みか、ゾーン券を含めた3枚とも補充券での発行でした。これについてはJR各駅へ通達が出てるそうなので、比較的スムーズに対応されると思います。かえり券が(青い森鉄道)青森発ですが、事務官コードが青い森の青森のコードである、[5461246]ではなくJR青森駅の[0211066]なのが気になりますが、これはこの周遊きっぷの発券に関する通達の記入例にも書かれているそうなので、発行上は問題ないのでしょう。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事