釣り+スコッチ。=HAPPY♪

今を生きる男の証。楽しみ携え突っ走る!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

北国の宵。

昨日は釣り仲間の忘年会。
会場は、岩手県北上市のCHUP..
秋田からは3名の参加で酒の飲めない
相棒がいるから運転手つきだった。


店に着き
ドアを開けると懐かしい顔が見え
歓喜の握手
夏の日の思い出が瞬く間に蘇り
時が経つのも忘れて宴を楽しんだ。


また今回は花巻からの新たな仲間が
二人ふえたことにより
来季の釣りに楽しみができた日でもある。

イメージ 1

インスタが繋げてくれた『縁』に感謝し
人生観がまた広がることに今は嬉しい。


さぁ、今日を進み師走を駆け抜けよう!

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

段取り。

昨日から厳しい冬に備えての雪囲い。

イメージ 1

昨日は坪木群..
今日は家の方の大きいところを。。


それが終わって10日もすれば
初雪が降ってくる。


冷たさも、寒さも厳しさもまた
四季のうつろいの楽しみと感じ
捉えられるようにもなってきた。
そんな小さな変化も人ならではのこと..


今年の冬は、何か楽しめそうな自分が
いることは日常生活にプラスになると
考える。
どういう事であり、考えながら日々を
生きたいね。

さぁ、今日をいこうか。

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

先週末に青物の晩秋シーズンに挑むべく
ショアジギングを開幕。
行き先は男鹿半島ごんご崎(^O^)b


先週半ばまでは、波浪により底荒れが
気にされたが高波が落ち着いてからの
二日目に勝負の日を設定した。

イメージ 1

朝の陽射しが東から注ぐ頃には
磯に立つことができ、高まる興奮と共に
プラグやジグをキャストした。
しかしナブラがなくベイトっ気もない..
明るくなってからの7時頃に
磯際からのヒット‼
ナカナカ手応えのある個体。。

イメージ 2

40センチほどではあったがヒラマサ‼
捌いてからの確信であった\(^_^)/

イメージ 3

今回はシムスアクティでの過去最高の
長距離釣行を目的とし
一尾であったが、魚に出逢えたことは
大きかった。。


話によるとイワシなどベイトの接岸が
少なく、青物やシーバスも不調な秋..


この先がどーなるか分からないが
好機を見計らい、少ない出逢いを求め
獲得するゲームな秋になる予感。


それも面白味があっていいものだ。。


さて、今週も始まった‼
心身健やかにして公私ともに
深まり行く秋を駆け抜けよーかp(^∀^)q

イメージ 4

秋の晴れ間の爽快なドライブを楽しめた
一日でもあった!

さぁ、今日をいこう‼

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

ヘラブナ釣り秋の陣‼

渓流が終わり、一週間..
気の抜けた心を癒してくれる釣りが
ヘラブナ。

イメージ 1

二時間勝負でやってきた!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

7〜9寸の元気なヘラブナが気持ちを
踊らせてくれ、竿の曲がりを楽しめた!
この日は、10尺のセット釣りから
両グルテンで11枚。

イメージ 7

イメージ 8

家から15分ほどで来れて二時間で
だいたい釣りになる手軽で好きな釣り。
秋晴れの空の下で糸を垂れるのもいい。

イメージ 9

青物シーズン開幕までのあいだ
こうやってやり過ごすことにしている。
さぁさぁ‼
秋真っ盛りを楽しんでいこーか\(^-^)/

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

シルバウィークが始まり、秋田渓流の
最後の日に向けて新潟から友が
やってきた!

イメージ 1

初日は俺の新潟編と同様に移動日とし
ベースキャンプで無事に着いた喜びと
再会の感動に盃を傾けた。

さて、翌日。。
用意していたのは5キロのコース..
以前投稿してあった、途中脱渓不可能の
長距離コースだ。
入渓し、10日ほど前の豪雨の傷跡に
まず驚かされた…

イメージ 2

対岸の水位から岩肌3m上までに増水し
岩草が下流方向に倒れている跡..

上流の渡渉ポイントを気にしつつ
釣りを始めた。
しかし、流れの厚さから危険と判断し
長距離コースは諦めた…

イメージ 3

下流にある、古い堰堤も切れてたしね..
水の力強さを垣間見たスタートだった。


さて、一番目論見の強かったコースは
釣り不可能..
さて次はどうしようかと考え、傍の
コースで壊れた堰堤の下流コース。

イメージ 4

いきなり、反応が良かった!
誰も最近入っていなかったのだ\(^-^)/

イメージ 5

ダブルヒットに現場は歓喜‼

イメージ 6

相棒も、他県の初めてのヒットに
喜んでいた様子(^O^)b

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 11

その後もバンバン岩魚が出てくる!
濁った水色が釣り人の気配を消してくれ
チェイスもまる見え
区間は釣り掘り状態にまでなった
数釣りを楽しむことができた\(^-^)/

イメージ 9

小雨混じりで気温は低く、動物も少し
キツそうだった(笑)

イメージ 12

途中で休憩を入れながら
区間を上流に向けて、いざ入渓。

イメージ 13

天気も回復し、晴れ渡る空の下
また秋風を受けながら、新潟から訪れた
友との釣りを心から楽しめた。

イメージ 14

イメージ 15

二人でアスレチックなことをしたり
ヒヤヒヤしながらも笑いありで
最終日に相応しい釣りでもあった!

イメージ 16

友からの贈り物のスプーンでも
掛けられた..

イメージ 17

河川を変えたあとも魚には出会えた..

イメージ 18

イメージ 19

締めくくりの区間を終え、秋田の渓流が
閉じたと思うと、何か胸に込み上げる
感情が沸き上がってきた..
今年はインスタを通じて出逢いが
とても多かったことを思いだし
走馬灯のように、同志達の顔が浮かび
感極まった。

イメージ 20

最終日に新潟から会いにきてくれた
友のお陰で、悔いなく最大に楽しく
渓流釣りを閉じられたことに感謝する。

イメージ 21

今年の渓流釣りは一生涯忘れなれない
ほどの宝のシーズンだった。

横手の同志、北上の同志、盛岡の同志、
そして新潟の同志達へ..
出逢ってくれて本当にありがとう。
この繋がりはこれからも続いていき
より深いものになっていくと
俺は確信している。


これにて、2015年の秋田渓流釣りを
ここに閉じる。
出逢いと自然に改めて感謝した
素敵な時間だった。

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事