全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全150ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

<関ハム情報です>

★関ハム頒布品全て在庫なしとなりました。関ハムでは、皆さま、どうもありがとうございました。

これから、また頑張って作りますのでハムフェア でもよろしくお願いします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハムフェア2019でAKC(アマチュア キット クリエイターズ)ブースにて、頒布を予定している無線小物のご紹介です。

KiCADを勉強してプリント基板を製作、表面実装部品に挑戦してみました。ケースも手間はかかりますがアクリル板を一台ずづ曲げて手作りしています。

イメージ 1

<頒布品> Kitではなく、すべて動作確認済の完成品です。
★理由:基板が細かくて半田付けが難しく自分で作っても一発で動作するのが50%程度と、KITに移行できません(汗)



(2019/06/26更新)
・周波数範囲 : 1〜100MHz。
・市販のダイオード検波とは異なり、リターンロス値をDSPでdBで読み取れます。
・リチウムポリマー電池内蔵、充電式でポケットに入る大きさですので移動用に最適です。
・感度がよいのでディップメーターとしても使うことができます。

・ハムフェア2019 AKCブースにて頒布します。(2019/07/22更新)


・周波数範囲 : 10kHz〜100MHz。
・市販にはない、外部パソコン不要、スタンドアローンでお手軽に使える水晶振動子やフィルターチェッカーです。
・超音波BLT、水晶発振器、LPF、HPF、およびLC共振回路の特性をみることができます。
・水晶フィルターの通過帯域特性、高周波増幅器の周波数特性などの確認もできます。
・充電式なので屋外のフィルターや増幅器の特性確認にも使えます。
・リターンロスブリッジを購入(簡単に自作もできます)することで、アンテナアナライザーとして使えます

・ハムフェア2019 AKCブースにて頒布します。(2019/07/22更新)



突っ込みどころが満載の評価中、人柱バージョンです。
自分が通勤、旅行でどこにでも持ち歩いて楽しめるよう開発したもので、小型多機能化のため高周波増幅や同調コイルがない広帯域設計です。

したがって感度不足やイメージ受信など問題もありますが、それ以上に楽しめるポケットトランシーバー&広帯域受信機です。


AM受信は、4素子のクリスタルフィルターに加えてDSPにて混雑している短波においても切れの良い受信ができます。
今後、送信リニアアンプ、受信用アクティブプリセレクター、小型化GAWANTモドキなどのオプションキットも予定しています。

上級マニア向けです(笑)

・50MHz AMトランシーバー(数mW出力。主にハムフェア会場などでの交信を想定しています。★本機は、自作機としての免許申請が必要です。新スプリアス規格準拠)
・将来の実験用に外部フィルター、内部改造を使用することで3.5−28MHzのハムバンドで送信ができます(このままで送信すると電波法違反となりますので、絶対に送信しないでください)
・バンドスコープ(6mAMはさびしいので...)。

アンテナ調整などの受信電界強度計としても使用できるdBμVレベル表示
・AM広帯域受信...0.5MHzから200MHzまで連続受信。4素子の水晶フィルター内蔵
・エアバンド受信
・29/50/145MHz FM受信可(スロープ検波による)
・AM/FM放送受信ラジオ(DSP直接復調)

・ハムフェア2019 AKCブースにて頒布します。(2019/07/22更新)







[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

RFフィルターテスターにリターンロスブリッジを繋げると、アンテナアナライザーとして使えます。

非常に簡単に作れますのでキット化してみました。

まず、回路図です。抵抗は、51オームか100オームを二個並列で使ってください。あまり変わらないと思いますが、気持ち的に100オーム二本並列もよいかと

イメージ 1


部品セットはこんな感じです。基板は、写真と異なり両面銅箔の生基板となります。
コネクタ部のランドのカットが必要になります。

また、FB801に幕巻く線は、ポリウレタン線ですので半田ごてで熱すると被覆が溶けて半田付けできます。

イメージ 2


完成写真

イメージ 3


製作方法は、動画をご覧ください
https://youtu.be/dXVOFOij4ik

簡単で実用性も十分です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

試作モニターのご意見と対応状況をまとめてみました。

多くのご意見ありがとうございました。
イメージ 1



今回は、アンテナアナライザーのときは指摘のなかった画面の周波数分割について、今回は多くのご意見を頂きました。

これまでは、以下のような周波数を4分割していたものを10本の縦線を引いてみました。最初、見にくいかと思いましたが、かなり読み取り精度が向上したと思います。

イメージ 2

改良後です
イメージ 3


周波数の暗算を簡易化するためにSPANが50MHzや5MHzのときは±25の表示に、10MHzや1MHzのときは±50表示としています


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

アマ無線、広帯域受信機のメーカー製品を使われている方からみると感度は悪いし、イメージ受信はあるなどの人柱バージョンです
しかし、以下のような特長があり、これらは自分が欲しかった機能なので通勤、旅行に持ち歩いて最高に楽しんでます。

なお、本機は自作機として無線局の免許申請が必要となります。

●6mAMトランシーバー内蔵(免許申請が必要な数mWのQRPPです。ハムフェア会場でのロールコールチェックイン用にどうぞ)
●外部フィルター他改造することで3.5−28MHzハムバンドのAM送信ができます(そのまま送信すると電波法違反となります)
●バンドスキャン、バンドスコープ(6mAMはさびしいので...)
●受信電界強度測定機能 dBμV(アンテナ実験の電界強度計として使えます)
●AM受信...安物ラジオのようなDSPのみではなく、シングルスーパー+クリスタルフィルター+DSP受信なので混雑している短波放送でも快適に受信できます
●AM/FMラジオ...山移動でのFM遠距離、電車に乗りながらのコミュニティFM受信など楽しめます
●エアバンド受信
●スロープ検波による29/50/145MHz FM受信...スロープ検波で復調できます
●1000mAHリチウムイオン電池+マイクロUSB充電...スマホ用が使えますので旅行中でも専用充電器や電池は不要です
●スマートなデザイン(自分ではすごく気に入ってます!)


取扱い説明書です(2019/7/15更新)

●本装置の紹介動画です


●AMクリスタルフィルターの動作(KTWRを受信しながら+/−5kHzに周波数をずらせています)(2019/7/15更新)

●短波受信 Voice of America, Botswana 6195kHz (2019/7/15更新)

●短波で受信したトルコ放送


●免許申請送信系統図(2019/7/15更新)
イメージ 1





●本機は、無線知識がない一般の方が楽しめるものではないと思います。
また、受信レベル表示や周波数は一台ずつ校正しておりませんので誤差はあります。神経質の方は、市販のものをお使いください。

●仕様は、予告なく変更されています。






[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

結構マニア領域に入るポケット測定器ですので、応募はほぼないと思っていたのですが、10名の方からメールを頂きました。

皆さま大変ありがとうございました。

2台では申し訳ないので、日曜日に追加で製作し、5名の方にモニターをお願いしました。

また、モニターに漏れた方、大変申し訳ございませんでした。

50メガ以上のアイソレーションはあまり良くありませんが、超音波からHFまでの水晶、フィルター測定とSG代わりには使えると思います。

モニターの方には、面白い使い方があれば教えて欲しいです。

本機は小型のネットアナのようなものですので、リターンロスブリッジをつければ、アンテナアナライザーとしても使えます。

興味のある方は、ハムフェア でAKC アマチュア キット クリエイターズというグループブースで、頒布予定していますのでよろしくお願いします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3





[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全150ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事