「老眼」と「スマホ老眼」の違いとは

「老眼」とは、

年齢とともに(つまり加齢)に伴って

眼の調節機能が衰え、

近くのものにピントが合いにくくなる状態のことです。

近視や遠視は、

眼軸の長さと角膜や水晶体の屈折力が

関わる屈折異常によるもので、
老眼とはまったく異なる症状です。

一方、「スマホ老眼」は、
近距離のスマホを見続けることで眼の筋肉が緊張する状態が続き、
老眼と同様にピント調節が利かなくなる状態をいいます。

ほとんどが一時的なものですが、

繰り返すうちに重篤化するケースも考えられ、
注意が必要です。




この記事に

開く コメント(0)

「スマホ老眼」とは

「スマホ老眼」とは

あなたの目、
大丈夫でしょうか?

スマホが世の中に登場して
私たちの生活は便利になったかもしれませんが、
生活環境、特に目の環境が
大きく変化してきました。

歩いているときでも
電車の中でも
四六時中、スマホに集中して
私たちの目は、
相当な悲鳴を上げています。

近くの小さな文字を追いかけるために
遠くにも近くにも
目のピントが合わなくなっています。

まさに「老眼」の症状です。

「老眼」は一般には45歳がピークと

いわれますが、

最近、20〜30代の若い層が、
「手元の文字が見づらい」
「近くのものにピントが合わず、視界がぼやける」
といった老眼と同様の症状で
眼科やメガネ店を訪れるケースが急増しています。

とくに、
スマートホン(以下、スマホ)を長時間使用する層に、

このような症状が多く見られることから

「スマホ老眼」と呼ばれるようになっています。


この記事に

開く コメント(0)

眼精疲労について

眼精疲労について

さてさて
毎日何時間くらいパソコンに向かっていますか。

また、コンタクトレンズを1日何時間装着していますか。

長時間の方は、眼精疲労になる可能性が
極めて高いので十分注意してください。
目の奥が痛む、チカチカする、かすむ、乾く、
かゆくなるなどの症状やそれに伴う後頭部の痛みや肩こり、
頭重感がある場合は、いわゆる眼精疲労であり適切な治療が必要です。
毎日のパソコン作業で目を酷使することによる
ドライアイ、目に合っていないコンタクトレンズや
メガネを装用していることなども眼精疲労の大きな原因になっています。

眼精疲労、ドライアイ、コンタクトレンズ使用が複雑に関係して
症状を悪化させていることも考えられます。
まずは、病院で診療をお願いしてみましょう!




この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事