ep-models ! MOTO’S web !

環境にやさしいEPヘリコプターを飛ばそう!

Vespa145V racing

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

E-MAXの新しいペラAVAN 2.3インチをテストしました!
機体は2.5インチぐらいまで入るVespa125Vです
イメージ 1

カメラをCaddx Micro Turbo F1 に変更!
1200TVLでとてもきれいです!
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

E-MAX RS1106-6000kvとAVAN2327とはとても相性が良く、3セルで高回転までストレスなく回し切りますね
ピックアップも良くタイトなターンが可能です
イメージ 5

650mAhの3セルで総重量 155.48g で軽量に仕上がっています
イメージ 6

実際の飛びはこんな感じです!

Vespa145V FPVテスト動画!

Vespa145VのFPVテスト動画です!
前半はBR3045-3のペラで、後半はGF3052ペラです
やはり3052はよく引っ張りますがバッテリーの性能に大きく左右されますね
負荷が増えたときの電圧降下が大きいです

Vespa125V Racing

Vespa145Vのショートバージョンを作ってみました!
125mmのスパンで3.0mmカーボンを使用
モーターは11XXシリーズの1106-6000kv+3セルという仕様です
イメージ 1

今回センターフレームのデザインを少し変更!
カメラの上部にガードを追加しました
これでちょっと殺風景だったトッププレートとカメラの間が改善されました
イメージ 2

トップフレームやセンターフレームのサイズは145Vと共通なのでボトムフレームの交換のみで仕様変更できます!
イメージ 3

モーターが小さくなった分重量的にかなり軽くなりました!
バッテリーなしで 102g です
イメージ 4

3セル450mAh搭載でも150g以下に仕上がります!
イメージ 5
飛びは軽快そのもの!
軽くて伸びがあって気持ちいいですね!

145Vと比べるとこんな感じ!
イメージ 6
イメージ 7
あたらしいデザインのVespaです!
今回は空気抵抗の低減に重点を置いて設計しました!
FCとESCを縦積みにして、前面の投影面積を極力少なくし、アームを細くして厚みを増やしました!
イメージ 1

垂直尾翼により高速時でも直進性が良く、ラダーずれも少なくなっています
イメージ 2
尾翼部分にはVTXと受信機を取り付けるように設計しています

フレーム厚は3.0mm仕様と、4.0mm仕様を用意する予定です
3.0mmには1104〜1106クラス、4.0mmは1306〜1407クラスのモーターを搭載
イメージ 3アームの強度を考えてブリッジを追加しました

組み立てるとこんな感じ!
イメージ 4
イメージ 5

当然、バッテリーも縦方向に積みます!
イメージ 6

BEEROTOR130と上からの面積を比べるとこれだけの差があります
イメージ 7

テストフライトの動画はこちら

空気抵抗の低減からの恩恵は体感しますね!
スイスイ機速が乗っていく感じで、とても伸びがいいです
お気に入りの機体になりそうです!

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事