ここから本文です
侍ジョニー
今から・・・ここから・・・

書庫全体表示

強化練習会2

遅刻だけはさけ出発
 
イメージ 1
 
 
始まる前のキーワード予習でノートに書いた言葉は、
 
基 礎  基 本  目 的  方 法  応 用  展 開
 
メモを取ったノートは、読めない字もありますが、これは自分が理解出来ればいい。
 
ノートを見ながら書いているようでダメ 走り書きでいい。
後で整理する事も大切。
 
前回は冬 そして今回 春
自分の中で繋がりを見ておきたい為に参加させて頂きました。
本来2日間講習なら2日間フル参加が常、今回は1日間(残念ながら)
 
前日のキーワードが、ホワイトボードに書いてある。
その中のひとつ
「わからんかったら わからんなりにする」
そして「登る山を見て、やさしいところに下りる」 「やさしい練習をしっかりする」
 
イメージ 2
 
 
やさしい練習は惜しまず、しっかりする。
そして、選手を解き放してあげることで、できなかった事ができるようになる。
 
出来ても勉強 出来なくても勉強 いいキャッチと思う。
40過ぎて勉強する事も楽しさ倍増になりました。
 
見えない所を見る 訓練をしてみる。 見えてたつもりだったと気づく・・・・・・
間違った事を正しいと思ってたらややこしくなる。
 
イメージ 3
 
 
いろんなバレーがある 」 ここに書かれていた人数よりも倍近く
初日は16名 2日目は26名・・・・
各県から参加されておられました。
 
イメージ 4
 
 
何故? これは縁や機会あれば一度、目で見て頂きたいと思ってしまう
練習内容や取り組み、選手達が主役が、この場所は成立していると思います。
 
3ヶ月前に見た1年生はもう2年生
すでに、心構えが表情を通して伝わってきていました。
あれ?と思わせてくれる選手。 何故?
 
そして、ここには音という聴覚への刺激が我々見ているものを引き込ませてくれる力がありました。
見てて気持ちよくなる練習。 誰もが参加したくなりますって!!!。
 
時間と共に成果が感じらます。 勝手に体が動いてしまう。 
見てるだけでそう感じました。 
 
イメージ 5
 
 
次の動作の判断の為に「良く見ること」
 
判断したら、後は体の自動化運転に任せる事
 
一瞬の動き(プレー)ほど、そうすべきです。
 
見て 動く なんて ゆっくりした動作なら可能です。
 
 
この4行の、見えない所の練習を目的持ってコツコツやり続ける。
 
そこに先の、見ているものを引き込む力がある。
確信しました。
 
イメージ 6
 
つづく

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事