全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


 
 韓国ドラマ「グッドドクター」(2013年KBS)の主人公はサヴァン症候群の医師です。チェウォンが演じて2013年のKBS演技大賞で主演男優賞を受賞しました。
 自閉症の10%はサヴァン症候群と言われていて、日本では「山下清」が有名です。他人とコミニケーションが出来ず、社会性では問題がありますが、特別な分野で超天才的な才能を持ち、他の人にはまねが出来ない能力を発揮します。
 自閉症ながら、天才的暗記力と人体のあらゆる器官の構造を把握する脅威の空間認識 能力をもつ〈サヴァン症候群〉の青年医師、パク・シオン(チュウォン)。
 的確な診断と難しい手術の際、他の医師が見逃した箇所を指摘するなど先輩医師が驚くような能力を発揮します。動物と心と心で会話することも出来ます。天才的な診断能力はあるのですが、突飛な行動など、人とコミニケーションが取れないなどの問題点があり、果たして医師として認められていくのかが見所になります。
 チェウォンが緊急の患者を助けたり、狼少女の出現、小児外科の難しい手術シーンは見所がありました。恋愛や病院の内紛、上司の医師がいつも怒っていたりで、刺激的で殺伐としているところがあって、三分の一は早送りして観ていました。
 
 採点10点満点中(4点)
 



イメージ 2
 
 
  韓国ドラマの新人俳優に魅力を感じなくなって数年経ちますが久しぶりに心を揺さぶられた10代の子役が5話から登場します。狼少女として衝撃的に登場します。
 狼少女役のユ・ヘジョン、演技が非常に上手です。犬のような目や鼻や体の動き、犬のように甘えるしぐさに感心させられました。頭をなでられ気持ち良さそうにするユ・ヘジョン。入院して次第に人間らしさを取り戻します。 


イメージ 3
 

  ベッドの中のユ・ヘジョンの愛らしい顔にNHKドラマ「ニコニコ日記」のニコちゃんが重なり大好きになりました。韓国でも5話以降の登場で大評判なったとのこと。


イメージ 4
 

 里親も見つかり退院するユ・ヘジョン。


イメージ 5
 


 2000年生まれの15歳、ユ・ヘジョンを調べてみました。
 
 韓国ブロググより
 
 2011年映画「ダスリ」でデビューしたユ・ヘジョン。ドラマ「グッドドクター」の狼少女で強烈な印象を残した。「約束のない恋」(JTBC2013年)では両親を失った姉弟たちの長女として、涙の演技で視聴者の涙腺を刺激した。
 ユ・ヘジョンはインタビューの中で”スマートフォンもなくて、インターネットがほとんど出来ないから反応は全然わからなかったです。演技学校にも通ったことがなく、不足な点たくさんあったと思う。視聴者が好意的に観てくれて感謝します。これからもっと演技が上手になるように努力します”と覚悟を伝えた。


イメージ 6

 
 俳優志望の姉について子役俳優オーディションに見物に行き、キャスティング・ディレクターの目に留まり演技を始めるようになったという。
 ”学校より撮影現場が楽しくて、毎日次のシナリオが待ち遠しい”という、15歳子役俳優の目標は”胸を打つ俳優”と明らかにした。


イメージ 7
 
 初めて韓国映画を観たいと思ったユ・ヘジョンのデビュー作「ダスリ」。レンタル店で探しましたが入荷がありませんでした。ドラマ「約束の恋」をレンタルして視聴中です。地味でしっかり者のお姉さん役の演技が本当に上手です。




 
 
 
 
 
 
 

 
 


 





この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事