駄文徒然日記part2

こちらに新しいブログを作りました。旧ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kokouroko0923/

全体表示

[ リスト ]

少し前になりますが、深作欣二監督の映画を初観賞しました。
深作氏は「暴力による暴力の否定が根底にある」と聞いておりましたが、「人間は愚かで醜いものであることを忘れるな」というメッセージもあったような気がします。
また、彼は「生きるというのは醜い欲望である」という解釈をしているように感じました。
ある戦争体験者の方の体験談ですが、
その方は大平洋戦争時は6、7歳でした。空襲の際、弟といっしょに逃げましたが、上からの落下物にそなえて箱をかぶっていました。すると、どこからともなく男性がやってきて「よこせ!」と言って箱を奪いとっていきました。
大人の男性が6、7歳の子供から奪っていく…浅ましい行為です。非常に醜い。そんな行為に男性をかりたてるのは「自分は助かりたい」という欲望です。
深作監督はそんな視線をもっているのではないでしょうか?
けれど「正しい、間違っている」という提示の仕方はしていないと思います。
そうせざる得ない人間の弱さ、悲しさ、哀れさ、を生々しく描いているのではないでしょうか?
「人間は愚かで醜い。それを忘れてはならない」とも言っているような気がします。
しかし、決して「人間は醜いから諦めろ」とか「人間に絶望しろ」とは言っていないのだと思うのです。
「人間は愚かで醜い。それを認めるところから始めろ」
そう訴えているような気がするのです。
忘れっぽくて、何度も失敗する人がいたとします。
忘れっぽい、という性質を改善するのは大変です。しかし「自分は忘れっぽい」と自覚しておけば、気を付けられることがたくさんあるでしょう。
忘れてはならないことは
「必ずメモしておく」
「留守番電話にメッセージを残す」
「友人に忘れそうになったら注意してくれ、と頼んでおく」
など、対策をたてられます。そうすれば、おのずと失敗する回数は減るでしょう。
それには、まず「私は忘れっぽい」という事実を認めなければなりません。
深作監督の「人間は愚かで醜いことを忘れるな」の訴えは、この理由ではないでしょうか?
人間を美化して目を反らす方が恐ろしい、と考えているのではないでしょうか?
だから、決して暴力を推奨してもいないし、人間嫌悪でもないと思います。
人間は愚かで醜い、それを認めるとこから始めろ。美化して誤魔化すな。
戦争は殺戮と破壊しかもたらさない。正しい戦争も正義の戦争なんてものもない、美化して誤魔化すな。

そういうメッセージがこめられているように感じるのです。
戦時という人間が最も醜くなる時代を生き抜いてきた深作監督だからこそ、感じる危機感だったのではないでしょうか?
ちょっと疑問なんですが…
深作監督のファンであると公言している、海外の某監督(KTさん)ですが…
…そこらへんの深作監督の意志は彼なりに理解しているのかな?彼の映画ってちょっと、ブラックすぎないか…?;あんまり観た訳じゃないのですが…;
戦争体験者と戦後世代の違いだろうか…?;
 
「海賊対処法案」の問題点と恐ろしさが分かりやすく書かれています。

●ttp://pub.ne.jp/shimura/?entry_id=2205661
「志村健世のブログ」様
「大脇道場」様
●ttp://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1159.html
ソマリア沖への自衛隊派兵に反対!「海賊対処法案」阻止!キャンペーン中!
●ttp://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-532.html
死刑FAQ「村野瀬玲奈〜」様のブログ
http://palestine-heiwa.org/choice/list.html
イスラエル支援企業の一覧
http://www.aseed.org/ecocho/
エコ貯金ナビ
http://mscience.jp/index2.htm
フェアトレード情報室
http://no-saiban-in.org/
裁判員制度はいらない!大運動
http://www.news-pj.net/index.html
「NPJ  News for the People in Japan」
http://www1.jca.apc.org/vaww-net-japan/
『「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク』
http://stop-du.jp/
ストップ!劣化ウラン弾キャンペーン
http://www.hanchian.org/
共謀罪を廃案に!
http://www.geocities.jp/y_20_06/index.html
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ

この記事に


.


みんなの更新記事