まーし・三田=バード

6月に九州遠征を予定しているのですが・・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

本日は 紀勢本線(和歌山市→紀伊田辺) を紹介します。

 起点となる 和歌山市 は南海本線・和歌山港線との乗換駅ですが、全く利用されておらず、閑古としています。
 和歌山市〜和歌山を結びますが、何せ1時間に1本では利用できません。
 単線です。
 この先で和歌山競輪を見つつ南海本線と別れて右カーブすると高架になって国道26号線と交差してすぐに 紀 和 になります。
 さらに柳通りと交差すると右カーブして和歌山線との連絡線跡と別れると阪和線をアンダークロスし、和歌山線と真っ直ぐ進みます。
 構内の線路が広くなると 和歌山 に到着です。
 和歌山市方面と御坊方面はここで乗換えで、和歌山市方面は和歌山線との連絡が強いです。
 一方で御坊方面は阪和線とのつながりが濃く、くろしおをはじめ朝や晩には直通電車が走ります。 
 日中も直通電車が走ってほしいですが、本数が増えるために実施されていません。
 223系の増備を期待したいところです。
 3面7線で、一番線は改札口と直接繋がっています。
 ここからはきのくに線の愛称があり、複線になってます。
 この先でわかやま電鉄貴志川線と別れ、右カーブすると和歌山ビックホエールの横を走ります。
 そして真っ直ぐ進むとノーリツと松下の工場を見て 宮 前 になります。
 左カーブで南に走り、さらに左カーブします。
 和田川を越えると中央終末処理場を見つつ右カーブし、やや左カーブすると2面3線の 紀三井寺 となります。
 この駅は桜の季節になると紀三井寺へおまいりに行く人が多く、普段乗り入れない223系も臨時電車ぶらり海南号として走ります。
 左手に紀三井寺を見つつ、左カーブして東に走り、再び右カーブして亀の川を渡ります。
 南東に走り、高校野球で有名な智弁和歌山高校をみるとすぐに 黒 江 になります。
 右カーブして日方トンネルに入り、抜けるとS字カーブして日方川を渡ると高架になり2面4線の 海 南 に着きます。
 海南市の中心駅で、くろしお・スーパーくろしおは全て停車する大阪のヘッドタウン的な駅です。
 この先で国道370号線を越え、地上に降りると右カーブして阪和自動車道の海南インターのところを走ると、上下線が離れて白神・焼尾・下り松・大本松トンネルを抜けます。
 ここで国道42号線をアンダークロスするのですが、過搭載したトラックの丸太が線路に落ちてそこを電車が通過して脱線してしまったという事故が起きたことがあります。
 そして合流するところで 冷水浦(しみずうら) になります。
 海南港を見つつ、左カーブして三味トンネルを抜けると、海岸沿いを南下し2つのトンネルと1つの大きなトンネルを抜けます。
 海岸沿いから離れて右カーブして加茂川を渡ると2面3線の 加茂川 となります。
 左カーブして南南西に走り、さらに山沿いを右カーブすると再び海岸沿いに出て 下 津 になります。
 この先で西に進むと左カーブでトンネルを抜け、東燃ゼネラル石油の広い工場を見つつ、左カーブしてさらに曲がると 初 島 となります。
 南南西に走り、左カーブで並行していた国道42号線をオーバークロスすると左カーブして東へ走ると内川を渡って 箕 島 につきます。
 この駅は主要駅停車のくろしおが停車する駅です。
 あの延長25回の戦いを演じたこともある箕島高校はすぐ近くです。
 南南東に走って、有田川と並行して走ると、支流の西谷川を渡り、しばらく走ると 紀伊宮原 になります。
 さらに右カーブして南東に走り、国道480号線と有田川を渡ると、鳥尾川をも渡ります。
 右カーブして南南西に走ると 藤 並 となります。
 2008年からは駅舎を改築して、特急が停車します。
 さらに真っ直ぐ走りますが、上下線が離れて、上りは国道42号線と別れ、下りはトンネルを抜けます。
 山田川を渡り、しばらくして耐久高校のところで国道42号線をアンダークロスし、すぐに2面3線でこちらも一部くろしお停車の 湯 浅 です。
 湯浅町役場の目の前です。
 広川を渡り、真っ直ぐ走りますが右カーブして西に向いたところで 広川ビーチ となります。
 ビーチと名乗りますが、ビーチまでは1キロ以上あります。
 この先でS字カーブの連続で南に向かい由良トンネルになります。
 抜けると右カーブして西南に走り、由良川と並行すると 紀伊由良 になります。
 由良川を渡り、左カーブで小坊師トンネルに入り、抜けてカーブの連続で疎口池を通ります。
 カーブの連続のためくろしお・オーシャンアローは振り子式車両となっていますが、それでも真っ直ぐに製造された高速道路には対抗しえません。
 右カーブして南南東に走ると 紀伊内原 となり、日高町役場の最寄りとなっています。
 国道42号線と並行して走りますが、突然左カーブして東東北に走り、 御 坊 に到着です。
 2面4線ですが、1本は紀州鉄道が使用しています。
 くろしおの全電車が停車しているほか、昼間には和歌山方面からの電車と御坊方面からの電車が折り返しており、御坊方面からの電車は和歌山方面への電車と接続しています。
 ここから1時間に1本となります。
 この先で東北に走ります。
 するとしばらくして右カーブして東に走ると 道成寺 になります。
 この先でS字カーブをこなします。
 その先っぽで川辺西小学校の横を通ります。
 さらに金蔵寺を見るとS字カーブが終わって湯浅御坊道路をアンダークロス。
 さらに東に方に向かうと上下線が別れてトンネルに入ります。
 これを抜けると右カーブして東南に走ります。
 すると日高川を渡り、右カーブすると和佐小学校の横を見て、すると側線が広がって2面3線の 和 佐 となります。
 さらに左カーブしてやや南向きになります。
 横に南山スポーツ公園陸上競技場や国際開洋第2高校を見ると上下線が離れます。
 下り線が迂回する形で2本のトンネルを抜けます。
 一方で上りは新柿ノ木トンネルで真っ直ぐに抜けます。
 上下線が合流してしばらくすると右カーブして南に走ります。
 稲原幼稚園・小学校の横を走ります。
 すると壷の形のカーブをして国道425号線をアンダークロスすると終えて真っ直ぐ走り 稲 原 になります。
 この先で滝の口トンネルに入り、抜けるとすぐに変電所があります。
 さらに南西に走って湯浅御坊道路と並行します。
 その横に南東に走り、さらに右カーブして今度は再びアンダークロス。
 ここで印南川を渡ります。
 そして浄水場を見ながら左カーブすると 印 南 となります。
 さらに南東に走って大日本除虫菊を見て、トンネルを抜けます。
 しばらくすると左カーブして切目トンネルに突入。
 抜けて右カーブすると急カーブして南に向かいます。
 そして切目川を渡って、しばらくすると 切 目 になります。
 この先で国道42号線と並行して走ります。
 さらに西側にすすんで再び左カーブ。
 南に走って再び左カーブして東に向かいます。
 しばらくすすむと国道42号線をアンダークロス。
 太平洋沿いに走っていき、すると南寄りにしばらく走って右カーブすると 岩 代 となります。
 ここからは絶景。
 オーシャンアローなどは徐行して走ることもあります。
 右カーブして南西に走ります。
 さらに左カーブして東側に走ります。
 しばらくすると内陸寄りに走り、北側に走ります。
 すると上下線が離れて、再び合流すると国道42号線をアンダークロス。
 やや右カーブして南東に走り、国道424号線をアンダークロス。
 そしてみなべ町の真ん中を走り、しばらくすると2面3線の 南 部 につきます。
 ここは南部町の中心で、くろしおも一部停車。
 春になると梅の花が咲くため、特急が大幅に臨時に停車します。
 和歌山は梅干の名産地です。
 南部高校の横を走り、トンネルを抜けます。
 南東に走り、しばらくすると第2芳養トンネルを長くくくります。
 そして小さなトンネルを一つ抜けると右カーブして芳養川を渡って 芳 養(はや) となります。
 再び国道42号線と並行して走り、太平洋沿いを走ります。
 内陸に入ると田辺市内に入って再び交差すると左カーブ。
 そして左カーブして田辺運転免許センターと第3小学校をすぎます。
 すると大幅に右カーブして会津川を渡ります。
 すると側線が見えてそして田辺市の中心駅である 紀伊田辺 に到着です。
 2面3線に側線があり、ここで普通電車が待機していることもあります。
 普通は朝の上りの1本を除いて乗り換えです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事