全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

● 【2012年、5月25日、金曜日。岐阜県和良村(郡上八幡市)の国道256号を走り、県道322を走って和良村下土京にやって来た。目的は勿論、廃墟探索。さて、廃墟探索を行うに当たって、多くの廃墟マニアが〇×旅館とか、△□ホテル、F学校とか、で素人廃墟マニアの私は場所を特定できない事がままある、大方、廃墟物件は、他サイトや、2ちゃんのスレッドで捜す、一番参考になるのがやはり、廃墟本(特に、中田薫/中筋純)の廃墟本、住所が記載、廃墟物件名も伏せられていないしかし、これが悪い廃墟マニアの手に入れば、(破壊マニア、放火魔、廃墟内セックスマニア等……)廃墟のイメージダウンになりかねないのだ。今回のエバーグリーン立石は、「ニッポンの廃墟」で知った物件だった…………。今日は雨が降りそうな悪天候だった……。 さて、中筋純/中田薫のダブルNコンビだが、私は一応ファンである……。書籍は、ほとんど持っていた。あと、栗原亨だが、ほとんど、廃墟を、特定でき
る書き方をしていない分、シークレットな感じでいじがわるいしかし、ダブルNコンビは面白い可笑しい廃墟における文章が読んでても楽しいまた、 どうやって調べたのか、廃墟になった経緯とか、誰かその周辺で死んだとか、まさにベテラン廃墟探索家である一度だけ、ダブルNコンビではないかと思う人物等が、栃木県鬼怒川温泉の「かっぱ風呂荘本舗」に入って来た、、私は、ちゃっと(サッと)隠れた。二人組は、直ぐ行ってしまった……。さて、話がそれてはしまったが、ここまで来るのに、おおよそ、80km位かかった。散策前、いかにも雨が降って来そうだった。さて、「エバグリーン立石」だが、旅館、温泉等、キャンプ場、別荘、野球場、テニスコート、プール、釣り堀、ゴルフ場(6ホール)を兼ね揃えたレジャー施設であった……。 独占入手したパンフレットによれば、●収容可能人数/140名。● 客室数/23室(バス・トイレ付き15室) ● 設備/中広間、舞台付大広間(80
名収容)、大浴場、喫茶・スナック、ロビー、売店、ビリヤード。 ※団体のお客様には、ご予算などいろいろなご相談に応じさせていただきます。お気軽にお申しつけください。 と、記載されていた。探索を開始してまもなく、軽自動車に乗った夫婦が廃墟の側をうろついていた。管理人かと、最初は思っていた。しかし、廃墟内から犬の鳴き声がしている。何らかの形で飼い犬が迷い混んだようだ。やれやれ、探索が長引いてしまうなと思い、先ずは、他の施設から探索をした。先ずは、敷地内にある、水の無いプールから、水が緑色に変色したプールと、見て回る。そして、別荘風の建物6件には、穂高とか別荘名が付く。中に入れば、70年代風の椅子。床がベコベコ抜けそうである……。鍵がかかって入れなかった場所もある。そして古民家風の建物が有ったが、何とここも、ちゃんとした宿泊施設であった……。まだまだ使えそうな古民家でもあった。さっきの、犬連れの夫婦はどうも、地元民らしく、居ないのを見計らい、ホテル内部へ
と脚を運んだ。カビ臭い裏口の通路より浸入した。長〜い廊下の左側は、各部屋があり、薄暗い部屋には畳等が重なって居た。部屋は、5〜6部屋有って、廊下の突き当たりに当たる部屋は、真っ暗だった。中を「パタパタ」と羽音が聞こえた。どうやらコウモリの住みかの様で、それを裏付ける様に床には糞がこかれていた その部屋を出て、また、廊下に指し当たった。廊下の先には大きな宴会場が見えた。ガラス張りで外は木が繁っていた。 さて、宴会場の舞台上には、「ようこそ土京温泉、立石へ」と書かれ、中央に、赤く寿と大きな一文字回りは酒の一生瓶が、割られ破片が散乱している 舞台裏は、大量のカラオケ用のテープと、女子中学生のセーラー服、床には、黒髪のかつらが、何故か転がっていた少しばかり驚いた。あと、舞台裏には、座椅子が沢山積まれていた、しかし、雨漏りで痛み使い物には、ならなかったトイレを覗くも、男女共に便器が割られては居なかった。しばらく歩くと、通路にガラスケース張りのスペースが目についた。何かを
展示していた様だが、全て持ち去られた様だった……。通路を進めば少し暗くなる。吹き抜けの天井は高く、サパークラブの様な空間だった。天井を見渡すとかなりの数のコウモリがへばり付いていた30匹程いて、この空間は、コウモリたちのコロニーになっていた様子。これより、更に奥へと進む。奥の部屋は、何にも無かったが誰かが野グソをしていった模様、傍らにあったチリ紙がそれを物語ったまた、サパークラブを通る、壁はミラーが埋め込まれディスコでも踊れそうなラウンジになって居る。そこを抜けると、外部から見られた、赤い三角屋根の真下のスペースにやって来たが、天井からはツリーの様な電灯と、まるで教会の窓の様で、ステンドグラスではない物の差し込む光が何となく教会チックだった。かなりの吹き抜けでさっきの、サパークラブよりかは高かったまた、年代物のジュークボックスが、かなりの年数、埃を被っていた厨房は、かなりの残留物が残っていた、そのままにして辞めていったと言った感じであった。鍋、フライパン、杓文字、食器類、調味料
、包丁、etc…………。そして厨房からホテルのフロントへ、ロビーは床が苔が生えてテーブルゲーム筐体が3〜4台と、かなりレトロチックなゲーム台が有った……。そして、ロビー奥の客間、フロントからの通路を通って客間に入るが全て、殆どが床が腐っており、また、コウモリの住みかでもあった。とにかく、見所満載の廃墟物件である事、間違いない 】 ●▼■ 写真の説明…………写真1、 岐阜県郡上市和良町。国道256号を郡上八幡から、やって来て、県道322を走る、かなり田舎道でこんな場所に廃墟ホテルが有るのか?と、戸惑いを店ながらも、県道を走ると三角屋根の建物が見えてきたここが「エバーグリーン立石」か? 車で更に近付いて見た 写真2、 洒落た看板の上の方は割られ
ており、草に覆われて下の方に、土京温泉と、見え、この物件が、「エバーグリーン立石」だとわかる。早速、車を少し離れた場所に停めて、リュックサック、ヘッドライト。デジカメ等を用意して物件に乗り込んだ 写真3、 県道から、丸見えの「エバーグリーン立石」かなり大きな廃ホテルであった見応え充分だが、地元の人が犬を放ち、しばらく様子を見る事にした。建物に入った処を警察にチクられないようにしなければ探索はオジャンである やり過ごしてから侵入したのは、言うまでも有らず…………。 写真4、 犬の散歩の地元民がいなくなってから、敷地内に足を踏み入れた。草が生い茂り良い感じが出ていた三角屋根の下がホテル入口となりフロントが有るようだ。右側の建物は、客室専用の建物のようだ中には一体、何が有るのだ
ろうか? 写真5、 敷地内に足を踏み入れると、アスファルトで舗装されていた。そして、三角屋根の建物の横には、大きな建物がある。ここは、客室になるのだろうか?侵入してみない事には真相が掴めない。他の廃墟物件とは、異なり、先ずは、外部からの撮影をする事になる。犬の散歩をしている夫婦以外は人を見掛けなかったのも幸いである 写真6、 三角屋根が立派な山荘風の「エバーグリーン立石」ここから、侵入出来なくもなかったが、とりあえず全体を見てから中に入る事にした。三角屋根の建物の入り口の壁が落下して、骨組みが、見えている。この中は、ホテルフロントと、ロビーになっていることが後から解った。そして、三角屋根の後方を見てみる。県道を歩いて後方へと向かう…………。
《※※※ お知らせ…………仕事の関係上、ブログアップは、深夜帯から、朝方、5時頃に変更します…………。また、金曜日、土曜日は、深夜帯になるかも知れません。よろしくお願いいたします。毎回、「やくにてるの冒険」をお楽しみ、ありがとうございます。尚、朝方からの更新は、12月5日頃位です、予めよろしくお願いいたします…………。》。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

就職おめでとうございます!
土京温泉ですか〜 えらく遠いとこまでいかれたのですね〜
いろんな施設があるようで楽しそうですね!

2013/12/2(月) 午前 7:34 [ 森氏 ] 返信する

就職おめでとうございます🎉🎂✨

年明けからやなく、あえて年内から働く意気込みにナイスっ😍👏

まぁ無理しないで安全運転して下さいよ〜😆✌

あとiPadでも写真編集で、向きを変えれると思いますよ😄

2013/12/2(月) 午前 9:50 [ 魚町の帝王 ] 返信する

顔アイコン

中に足を踏み入れればその当時の面影が少しは残っているもんですね・私は入れませんね、特に病院などの跡地はテレビなどで肝試しとかやっていますが?今月も宜しくお願いしますね

2013/12/2(月) 午前 10:47 [ - ] 返信する

顔アイコン

特攻兵さんへ〉
ありがとう…………。
土京温泉知ってたんですか❕❔
残留物が沢山有りました。床とか腐っており危ない場所が有ったので探索には注意しました😣✌

2013/12/2(月) 午後 2:13 [ やくにてるの冒険 ] 返信する

顔アイコン

魚町の帝王さん〉
ありがとう…………。
画像変えられる❔❕
やり方がわからんので、下手に触ると今までのブログが飛んじゃう可能性が有りますね。
昨日、一度送信してやり直したけどこうなりました❔❔❔
5日から仕事…………。今度は変な奴居なければ良いけどな(笑)😁👍

2013/12/2(月) 午後 2:21 [ やくにてるの冒険 ] 返信する

顔アイコン

安芸太郎さんへ〉
全く、タイムスリップしたような錯覚を覚えるのが、廃村ですね…………。
当時の生活が止まったままになっているような感じですね。
その家の古いアルバムを見ていれば、どの様な生活をして居たか伺えしれます…………。
古き良き時代…………。
それが一番見えて来るのが、廃屋、松尾鉱山住宅では無いでしょうか❔❕

2013/12/2(月) 午後 2:26 [ やくにてるの冒険 ] 返信する

楽しませて頂きました\(^o^)/
私も廃墟探検の本を読むのは好きですが、怖くて?!尻込みしています(^^;; ちなみに、工場萌えでもあります、本だけですが(^^;;

2013/12/2(月) 午後 5:03 [ 陶芸教室 福ろく寿 ] 返信する

顔アイコン

コメント感謝です。

素晴らしいお話ですが。
日没する処の地蔵には、2mの彫刻は・・・・
また、よい話お待ちしております。

2013/12/2(月) 午後 6:00 [ お地蔵太郎 ] 返信する

顔アイコン

陶芸教室 福ろく寿様へ〉
コメントをどうもありがとうございます。
工場系廃墟は、岩手県の「田老鉱山」とか、ダイナミックな廃工場でしたね。
僕は、廃校、廃屋、廃墟ホテルなどが好きですね。
廃墟好きだけど、「軍艦島」はまだまだ、行ってないと言う…………。😖😖😖

2013/12/2(月) 午後 6:17 [ やくにてるの冒険 ] 返信する

顔アイコン

お地蔵太郎さんへ〉
少し、指が欠損して居ますが、部品は有ります。
福山通運の運び方が悪かったので、福山通運の事故扱いになります。
宝クジが当たったら、豪邸の庭に飾ろうと思っている石像ですが(笑)😁😁😁😱

2013/12/2(月) 午後 6:21 [ やくにてるの冒険 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事