やくにてるの冒険

西川一則、西尾良樹、伊藤裕樹、杉浦伸治、丸山和広全員死にやがれ。

全体表示

[ リスト ]

廃墟、野木病院。 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

《4月9日、火曜日。 今回の廃墟探索旅での4ヵ所目となる。 場所は、栃木県下都賀郡野木町。実は、この、野木病院を探索する前に1件の廃墟に行こうとしたのだが、既に他の会社が入り第二の人生を歩んでいたのだ実は、今回の廃墟巡りで一番の目的でもあり、楽しみにしていたのが、同じ栃木県下都賀郡岩舟町にあった、「日本仲人協会本部」であった中田薫&中筋純著の「廃墟本4」を見て行きたくなったその廃墟の中には、縁結び十訓と言うのがあり、「口下手な、男の奥に宝有り」とか、「良い人が、残る不思議がわからない」とか、「高望み、年につまづき行かず後家」等の文句に爆笑、是非とも行ってみたい廃墟となるが、現地でつまづいた。場所が解らない…………。私は、当初、奥まった場所に有るのではと思い付いたが、周辺で聴き込みを開始した、最初、地理に詳しい郵便局に聞いたが解らない駅前のタクシー会社に聞いた処、私と同年代の運転手は、「知らないなぁ……」すると、奥から60代位の所長さんみたい
な人が、「国道(国道50号線)沿いにある処、運送会社の、隣の所じゃないかな」と知っていたのだ若い運転手は、「そんな場所有ったんだね」と言う始末……。と栃木訛りで話をしていた……。私は礼を言うと現場まで直行した。セブンイレブンの駐車場に停め、歩くが、その場所は既に廃墟ではなく、他の者が使用していた。建物の前の赤い鳥居も、庭も、蔦に絡まれたマスコット人形も、撤去されてしまっていたショックまたしても空振りに終わり意気消沈してしまう。今回の一番楽しみにしていた廃墟物件だけに……。 話はかなり脱線してしまったが、後れ馳せながら本題に入ろう。廃墟病院の「野木病院」は、国道4号線を古河市方面から小山市方面へ向かう途中にあるが国道からかなり外れた場所、田園地帯にある。Googleのストリートビューで確認出来る。国道から県道314を走り脇道に入る、最初、畑側から車でそのまんま入ったが畑にいた百姓に見つかり一時、撤退、田んぼ側の隅に車を停めて林を歩いて現地に辿り着いた。
3階建ての建築途中の廃墟病院のようだ。先ずは外部からの撮影。回りは林と竹藪に囲まれた廃病院。いざ、内部を探索する。1階からして、既にアートグラフィックのキャンバスとなっていた、病院のコンクリート壁。2階、3階、屋上と探索していくがアートグラフィックは、あちこちに見られた。 アートグラフィックの素晴らしかった廃墟は、地元に有った、ナゴヤトーヨーボウルや、岡山県の、ラ・レインボー、島根県のハミルトンホテル&グランドボウル等が良い絵が書かれていた 内部は本当にアートグラフィックまるけで、壁、階段部分は、まるで競い合う様に、アートグラフィックが描かれている裏側通路の天井には、アスベスト見たいな物が吹き付けてある。果たしてアスベストだろうか? エレベーター部も有るが本体が取り付けられた痕跡もなく、ただ、コンクリートの打ちっぱなしの壁が見えるだけ…………。屋上に上がって見たが、エレベーターの機械室外部も落書きの餌食になっている。気持ち良い小春日和、誰もいない屋上。もし、女
が居たら間違いなくHに、発展しているかもしれなかった……(笑)。さて、「野木病院」を探索後に、また、近くに「東洋診療所」が、栃木県小山市間々田に有ったが、かなり、人目に付きやすい場所と、入り口の脅し文句と取れる看板が有り、外部撮影のみで留めて置いた。かなりスケールが大きい病院なのと、残留物が豊富に残されていて居そうなので、かなり、興味を引いたが、またしても、空振りに終わらされるべく、探索を諦めたのだった…………そのまま諦め、小山市をスルー、日光市へと向かった。この日の夜、宇都宮市の日帰り温泉施設のただおみ温泉(500円)に初入浴、そのまま、新里町の静かな場所で車中泊をし、明日の探索に備えた、明日の廃墟探索は、「山本園・大谷グランドセンター」である 写真の説明…………写真1、 最初は何処に有るのか所在が全く判らなかったが、Google
で大体の位置が掴め、いざ、行く事になったが、入口へ車で入るのを地元の百姓に見つかり、一旦、その場を離れた…………。正面入口からは人の目も有るからして、また、例の如く、車を思いっきし、離れた場所に停めて、林から入る事にした林は全くの獣道でもなく、やはり、私同様、廃墟マニアが歩いた跡が見られた…………。そして、仮面ライダーのロケとして使えそうなショッカーのアジトぽい、コンクリート打ちっぱなしの未完のビルディングが、目的地だった、野木病院である 写真2、 地上3階建ての林に囲まれた、野木病院は、医療器具も、内装はおろか、窓も作られないまま、未完成で放置され、そのまま廃墟になってしまった物件だ下調べをしなかったから解らないが、どう言った経緯で廃墟になったのかは知るよしもない 写真3、
早速、正面玄関口から侵入してみたら、コンクリート打ちっぱなしの壁や柱には、スプレー書きの落書きのオンパレードで、目立ったアートグラフィックは、見られなかった 写真4、 何者かによる不法投棄なのか?冷蔵庫に、洗濯機等が棄てられていた廃墟は、何処でも大体は、不法投棄が見られる心無い者たちに寄って荒らされて行く 写真5、 打ちっぱなしのコンクリートの壁には、スプレー書きされた、落書きで埋まっているコンクリートの壁はアートグラフアーには、格好のキャンバスになっている次から次へと、素晴らしい?作品が出来上がっている。廃墟物件はともかくとして、この物件のウリは、色彩豊かな絵に有るかも知れない…………。
写真6、 本当に壁1面を使った作品。だが、もし、この廃墟が解体されるとなると、立派な絵も全て藻屑となる神奈川県の厚木市に有った「恵心病院」も競いあう様に、素晴らしいアートグラフィックが描かれたが、最早、建物自体が解体されて存在しない美しいのだけを残す?名もない天才達の描いた作品は、アもスもなく解体されて藻屑になる運命であった

閉じる コメント(2)

顔アイコン

知り合いにもいますが栃木の人って関東の人なのに
訛りがかなり強い気がします・・・ まさに未完成というような
かざりっけのないコンクリートの建物ですね!

2014/4/14(月) 午後 8:15 [ 森氏 ]

東北が近い分なまるのでしようか❔❕
しかし、本州は、日本では1番領土が大きいのですが、東北訛り、上州弁、名古屋弁、関西弁、色々なお国訛りが有るので不思議ですね〜。

しかし、コンクリート打ちっぱなしの廃墟程つまらないモノは無いですね〜(笑)😃😃😃

2014/4/14(月) 午後 8:55 [ やくにてるの冒険 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事