やくにてるの冒険

西川一則、西尾良樹、伊藤裕樹、杉浦伸治、丸山和広全員死にやがれ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今回も写真のみの説明…………写真1、 棺桶の上蓋の部分、すなわち、最後の死に顔を見る処である、私の父も、最後は安らかな死に顔であった…………。地元の火葬場で形有ったものが高温の炎で焼かれ、骨になった台座からお骨を骨壺に入れた、熱くはなかっただろうか?死んだら熱さ等は感じないが、私も、死んだら同じように焼かれてしまうのだが、願わくは、土葬にして欲しい程である…………。 上蓋が、立て掛けられ、ストックされている 写真2、 かなり内部は広い棺桶製造工場内部、沢山の従業員が働いていたのか?ヤクザから身売りされ、交通の不便な僻地に蛸部屋に住まわせられたのか?棺桶が売れない火の車の棺桶工場は、それらの従業員をタダ同前で働かせて居たのだろうか?ちょっとした都市伝説? 写真
3、 天井に釣り下がるダクトは、まるで、ナナフシの様である空調システムか?夏場でも工場内は蒸すので有ろうか?私の若い頃に製紙工場で働いていた時に、同じような、蛇腹のホースがあり、そこから、クーラーの風がひんやり冷たかったのを思い出させた 写真4、 雪の重みでぺしゃんこになってしまった工場、中に、何が有ったのか?見当もつかない程である、雪降ろし等の管理不行き届きで、仕方がない事で有ろうがなので、ほとんどが管理されていない廃墟なのである 写真5、 建物の半分が積雪で潰れていたが、半分は、かろうじて残る、資材が沢山置かれていた蜂がいるようで、かなり、「ぶ〜ん、ぶ〜ん」と、飛んでいた刺されない様に注意した
写真6、 ベニヤ板を切ったりする、機械も見られた、棺桶の一貫製造に着手していた尾小屋木棺工業であった…………。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事