やくにてるの冒険

西川一則、西尾良樹、伊藤裕樹、杉浦伸治、丸山和広全員死にやがれ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今回も写真のみの説明…………写真1、 棺桶工場、事務所がある、工場に再び入る事にした一通り見たから、もう、探索を辞めようかと思う。入口のシャッターは、開きっぱなし、そこには、大きな工作機械がある自動かんな盤なのか?材料を切ったり削ったりと、加工に不可欠な機械が置かれていた 写真2、 材料は、葬儀時の出番を待ち、ストックされていたが、遂にこの世に出る事はなかった写真は、棺桶の蓋の部分であろうか?骨組みの様だが、仕上げる前の状態なのか?そこに、薄ベニヤ板でも張りつけるのか? 写真3、 らんま造りの様な、透かし彫りの鳳凰だろうか?見事な出来映えである、これは、制作過程の途中だろうか?これを着色してから商品に仕上がるのである…………。
写真4、 工場の屋根、天井付近から出ているダクトは、まるで、オウム真理教のサリン製造工場を彷彿させている木屑の粉等を外部に放出する巨大な送風機であろうか?また、ホースは別体で、クーラーも引かれて居るのか? 写真5、 草に埋もれる廃墟の棺桶工場。最初は、ドキドキしたが、全てを回って安堵感と、意外に面白みが欠けた廃墟だと、つくづく思った………………。さて、次回から廃墟を中断し、ライフワーク的な話になるから宜しくお願いします。 写真6、 仕事の関係上、防塵マスクと、保護眼鏡をかけなければならないハズキルーペでは駄目銅を運ぶ仕事で、粉塵が飛ぶから危険である、また、安全靴も、この前、靴の底から尖った銅線が突き刺さった大事には至らなかったが
、靴の底に鉄板が入ったタイプに変えなければならないだろう

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事