マンガ、アニメ、のオススメ!〜ガンダムさんのブログ〜

稚拙な文章を壁紙やイラストなどでカバーしながら作品紹介しています。無断使用者が多いのでファン限定記事が多いブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
仕事に忙殺されるガンダムさん
〜3月編〜
イメージ 1
※この画像と記事との関連性はありません
 
   ご挨拶をするガンダムさん 
 
またまた作成しました私の現状お知らせ記事。
  辞めるって言いながら辞めてねえじゃん!』
 というツッこみはナシでひとつお願いいたします。(笑)
新しくアニメ記事を作成はしてはいない、と言う事で。
更新停止状態でも多くの方が訪問してくれてる方々のために、これまで見えないようにしていたアニメ記事であるファン限定記事(ブログリンク限定)を見えるようにしています。
ファンの方々には過去にブログで作品の下書き記事として作りながら非公開でUPしてある記事を完成させたものをファン限定記事として見えるようにしていきます。
毎月、このお知らせ記事にて解除、限定記事をUPする作品を知らせていますよ〜。
 
イメージ 2
※この画像と記事との関連性はありません
  
新たな移籍先に悩むガンダムさん
 
今月の部署内での朝礼にて、現状の忙しい状態は当分続きそうだという報告がありました。
震災での需要に加えて東北の系列工場の半壊、タイでの洪水による系列工場の操業停止など、カバーのためのフル稼働をコチラで続けています。
本来は昨年の9月にはコチラの工場は閉鎖される計画でしたが、需要の高まりを受けて延期状態でした。
今の忙しさはタイ北部、南部に作ってる工場が稼動されれば改善される予定です。
タイ工場の稼動はGWにずれ込むかもしれない…。
そして私の移籍先では需要に答えるべく100億近くかけて設備の増設を行ってる真っ最中という記事が新聞の経済欄に載っていました。
さて、移籍はいつ訪れるのだろうか…。 
 
 
イメージ 3
 ※この画像と記事との関連性はありません
 
仕事状況を話すガンダムさん 
 
今の所、先月までと大きな変化はありません。
が、システムはこれから大きく変わろうとしています。
親会社がいくつかの企業を買収していて、その全てを統一基準にするべく統一ルールの作成からシステムの全社統一化、その新しく改正されたルールやコンピューターシステムを扱うべく練習を重ねています。
正直な所、やる仕事は大きくは変わりませんが、データ入力など全てのやり方が以前と違うものになることになるので仕事の効率は下がりそう…。
オマケに長時間勤務の後に練習をしなくてはならないし、どれだけ会社に身柄が束縛されてる事やら…。
 
イメージ 4
 ※この画像と記事との関連性はありません
 
見てる作品について話すガンダムさん
 
仕事が忙しく、休日以外は自由な時間がほぼ無い私。
外は雪こそ無くなりましたが雨が多いですねぇ。
そんな今、放送されてるアニメで視聴してるのは、実質1本かな。(ポヨポヨとリコーダーも見てはいますが)
その作品は偽物語です。
まぁ、賛否はあるかと思いますが、実質的にキャラ同士の掛け合いのみで、あそこまで魅せられるとは。(笑)
内容を大きく変えられる今のアニメ業界で、作品の良さを殺さずに伝えれている数少ない作品だと思います。
化物語シリーズ最新作でもあり、今日ファン限定記事としてUPした作品でもあります。
この作品の魅力は…詳しくは記事にて!(笑)
 
イメージ 5
※この画像と記事との関連性はありません
 
キャラ同士のやりとりの楽しい作品を好む傾向のある私ですが、最近ライトノベル作品で大爆笑した作品が
バカとテストと召還獣 という作品でしたねぇ。
私事ではありますが、どうにも心から笑えれない状況が世の中にも個人的にも多くて癒しを求めてしまいます。
笑いも、そんな中のひとつで、お笑い番組も好きです。
でも時間的にも余裕が無く、いつでも見れる本に走る私ですが、そんな状況で出会えた作品でした。
あそこまで大爆笑した作品も本当に久しぶりでした。
いつか記事にしたいものです。
 
イメージ 6
 ※この画像と記事との関連性はありません
 
開幕メンバー予想をするガンダムさん
 
プロ野球もいよいよ今月末に開幕です!
前にも言いましたが、今年のスワローズの躍進の鍵は若手の起用 そして活躍でしょう。
昨年までのレギュラークラスの選手は高齢化も進んでいますしケガ人も多く、昨年以上の活躍は望めません。
とてもじゃありませんが若手の活躍がないと上位には…現有戦力では太刀打ち出来ないかと思います。
その上で現状考えられる開幕メンバーは… 
 
☆スタメン            ※控え  〔 〕は開幕微妙な選手です
1​.中 上田   ​    比屋根   ​  
​2.二 田中浩   ​  森岡&三輪
3.​左 ミレッジ   ​   〔バレンティン〕
4.​一 畠山   ​    武内
5.​右 雄平       飯原
6.​三 宮本   ​   ​水田&荒木
7.​捕 相川   ​   ​中村
8.​遊 山田   ​   〔川端〕

私にの願望も混じってる面子ですが、おおむね合っているかと思います。
投手陣が万全という前提で、ですが、スワローズは接戦に持ち込む戦いを得意とするチームです。
しかし今は打点を挙げる力、特に長打力が決定的に不足しています。
が、どう足掻いてもチームとして無い袖は振れません。
それでも現有戦力で補うとするならば…5番候補に私が推したいのは雄平でしょう!(ミレッジ5番はダメか…)
投手から転向し、実質2年での打撃力の向上は目を見張るものがあります。
モチロン期待をしすぎるのは酷かとは思いますが。
飯原、武内などの選手との併用になりそうかな…。
 
 
チームを支えるべき投手陣もとても万全と言えない今、ここでも新しい力が必要ですが、現状は救世主的な選手は今の所いないかなぁ…。
予想されるべき開幕投手陣は…

先発   ​ リリーフ   ※は開幕が微妙な選手です

1​.石川   ​イム
2.村中   ​バーネット
3.赤川   ​松岡
4.増渕   ​押本
5.ロマン  阿部  
​6.日高
※.館山  
​※.由規  ※​久古
 
主力投手から若手まで、満身創痍の投手陣ですが石川や館山に頼りきりにならない投手陣を願いたいです。
私が推したい若手選手は3年目の平井投手だったんですが、今の所、思うような力は出せていません。
OP戦などを見て新たな力を確認したいと思います。
それにしても満身創痍の投手陣だなぁ…。
 
イメージ 7
※この画像と記事との関連性はありません
 
今月の作品を決めたガンダムさん
 
今日も長らくお話してきました。
このブログに今も足を運んでくれる方々のため、ファン限定記事を毎月、いくつか見えるようにしています。
今月のファン限定記事解除作品書庫と な り の ト ト ロとなりのトトロ イラスト番外編その2 にしようかと思います。 
 
ファン登録(ブログリンク登録)してくれてる方々にはファン限定記事解除してもメリットはありませんので仮の記事としてすでにUPしてある記事を手直ししてファン限定記事としてUPしておきます。
今月は書庫ノ ベ ル 作 品 で、作品は『化物語』 で!
 
野球ファン(スワローズファン)の方々にはメッセージでやりとりした私のメッセージ内容を正月にUPしてあるので(今は見えない状態です)それを随時みえるようにしています。
今回もス ワ ロ ー ズ ガ ン ダ ム さ ん 分 析 を見えるようにしますね。
記事は球界ついてに思う事 で!
 
こんな感じで毎月、何かをやっています。
何かご意見があればコメントにてお願いいたします。
では、今日はこれにて…。
また来月にガンダムさんのブログにて!
 
3月4日 仕事で疲れてるガンダムさんより

開く コメント(15)

 
これからの事を考えるガンダムさん
〜2月編〜
 
イメージ 1
報告をするガンダムさん 
 
先月の正月挨拶に引き続き、2月の記事ですよ〜。
前回コメントでKONさんにもご指導されましたが…
  週一でも月一でも自分のペースでやっていけば…』
 とのご意見、参考にしまして、月に1回ぐらいは現状報告記事というか…何か書いてみようかと。
ですが前回のお正月記事でも言いましたがアニメ記事の新たな再開は今の所、予定はしていません。
 ですが更新停止状態の今でも多くの方が訪問してくれてるし、その方々のために、これまで見えないようにしていたファン限定記事(ブログリンク限定)を見えるようにしていこうかと考えています。
今現在の状況や報告など、今回は記事にしました。
 
 
イメージ 2
 
大雪に悲鳴を上げるガンダムさん
 
叫びたくなるくらい寒い日々が続いていますねぇ…。
こちら北陸地方は圧倒的な雪模様でございます。
今は小康状態ですが…。
前回の休みは雪かきで忙殺されましたよ…。
皆様は雪の被害は大丈夫でしょうか?
もぅいい加減に降り止まないかしら。(苦笑)
また振り出してきてるし…もうヤダ!
スキー場にだけ降ってくれればいいのに!(笑) 
 
イメージ 3
仕事状況を話すガンダムさん 
前回に引き続き、私自身の現状は…あまり改善されていないなぁ…。(苦笑)
むしろ、どんどん悪化してる気さえしますよ…。
この不景気で仕事を求める人達がハローワークに多く訪れてるという世の中なのに、派遣会社からやってくる方々が来る人来る人辞めていく状況ってどうなんだろ?
やってくる方に仕事に対する真剣に向き合う根性が足りないのか、それとも仕事が過酷すぎるのか…。
まぁ、私自身も今の仕事は大変だとは思いますが。
おかげで足りない人員で多くの仕事をやるためフル残業をしていますよ…。
私自身2人ペアでやる所を1人でやるはめに…。
求む!即戦力の人材!!(苦笑)
 
イメージ 4
 
見てる本を話すガンダムさん
 
マンガコミック1000冊以上の物量を誇る私。
ですが、置き場所を気にして購入を控え気味です。
最近はマンガよりも小説やライトノベルの購入、読破が多いかなぁ?
昨年から購入してるライトのベルだけで数十冊になりました。(苦笑)
見てきた中で私自身がおススメできるもので上位は…
 
とある魔術の禁止目録
涼宮ハルヒの憂鬱
バカとテストと召還獣
 
が特におススメできるかと。
他には…
 
ロウきゅーぶ!
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
僕は友達が少ない
まよチキ!
 
 などが楽しさもありおススメできますかね。
そしてマジメにいくなら…
 
チームバチスタの栄光シリーズ
化物語シリーズ
謎解きはディナーの後で
 などおススメします。
どれもアニメ化&ドラマ化されていますので、お馴染みかもしれませんが。
アニメやドラマで興味を持たれたなら原作を見てみる事をおススメしますよ〜。
 
イメージ 5
野球大好きガンダムさん
 
今月からいよいよプロ野球もキャンプインです!
応援するスワローズですがチーム状態は…満身創痍という表現が合っているかな?(苦笑)
おそらく昨年と同じ戦い方をしたら優勝はおろかCS出場すら危ういでしょう。
カギはズバリ若手の起用 そして活躍でしょう。
それなくして上位相手に現有戦力で昨年のような戦い方では勝てないかと思います。
今年はケガ人&青木が抜けた状態からのスタートですが、このピンチをチャンスに変える事ができたら…。
小川監督、是非若手の辛抱強い起用を!
イメージ 6
これからの事を話すガンダムさん
 
長らくお話してきました。
このブログに今も足を運んでくれる方々のため、ファン限定記事を見えるようにしたいと思います。
今月のファン限定記事解除は書庫青 年 誌 系 『WORKING!! 』(ワーキング)にしようかと思います。 
 
ファン登録(ブログリンク登録)してくれてる方々にはファン限定記事解除してもメリットはありませんし…仮の記事としてUPしてある記事を手直ししてファン限定記事
してUPしておきますか。
 
野球ファン(スワローズファン)の方々にはメッセージでやりとりした内容を正月にUPしてあるので(今は見えない状態です)それを随時みえるようにしようかと。
今回は『セ・リーグ戦力分析』を見えるようにしますね。
 
こんな感じで毎月、何かをやっていこうかと思います。
何かご意見があればコメントにてお願いいたします。
では、今日はこれにて…。
また来月にガンダムさんのブログにて!
 
2月8日 降り注ぐ雪を眺めるガンダムさんより

開く コメント(20)

イメージ 1
新年、明けましておめでとうございます!
 
とはいえ、お正月からかなり時間が経っていますので、今更ながらの挨拶になりますかね。(笑)
ブログを昨年の5月に終えてから半年以上が経過しましたが、皆様、お元気でしたか?
私は…相変わらず、でしょうかね?(笑)
今日の更新は…単純に、ご挨拶だけですよ〜♪
 
イメージ 2
今日更新した理由は…ブログ仲間から『年に1〜2回ぐらいは更新どうでしょうか』と言われまして…。
私自身も休みの日ぐらいは良いかな?と考えまして。
ブログを辞めて今更とは思いましたが、正月のご挨拶記事ぐらいはと今回の記事となりました。
もしアニメ記事復活か!と期待された方々がいらっしゃいましたら先に誤っておきます。(苦笑)
 
 
 
イメージ 3
 
私自身の現状は…あまり改善されていないかな?
忙しさは変わらないし、休みの日にブログめぐりをしてるぐらいが現在の活動状況です。
メッセージ機能によるやりとりはしていますが。
今すぐに昔のようなブログ活動を再開する予定は今の所、考えていません。
ただ…何も活動してないというのも寂しくはあります。
とはいえ、活動再開は、とても無理っぽいし…。
こんな感じでも良ければ、たまになら…。
 
 
イメージ 4
 
思えば昨年は色々な出来事がありましたかねぇ。
3月の大震災も衝撃でした。
そして津波による2次災害、原発による汚染は今直深刻な爪痕を残しています。
世界に目を向ければ世界の元首の多くが交代、または亡くなるという事態になっていますし、タイの大洪水は日本にも多大な影響を与えています。
野球じゃスワローズも優勝しなかったし!!(切実)
暗い話題の多い1年でした。
(いや、ホントに!)
今年は世界規模で色々な節目になりそうです。
 
イメージ 5
 
今年は明るい年になれば良いですねぇ…。
スワローズも優勝できたら良いですねぇ…。
私のブログ活動は先にも言いましたが現在、休日に他のブログめぐりをしてるぐらいです。
野球記事は密かに作っている私。
アニメ記事の新しい更新予定はありませんが…画像は今も色々と用意はしています。
再開しようと思えばいつでもできるとは思いますが。
ただ、今再開しても、休日しか活動できないし、満足に記事作成の時間は取れないでしょうねぇ。
でも、何かしら活動を出来ないか考えてみます。
 
 
 
 
イメージ 6
長々と話をしてしまいましたかねぇ。
今回使った画像は正月のご挨拶に回った時に使ったものですが…どうかな?
我ながら良い出来だと思ってますが。
何かブログにご意見あればコメントにて!
私は休日にはブログに顔を出していますので。
気軽にコメントしてくだされば結構ですよ〜♪
 なお、この記事はしばらくTPとしてUPしておきますが、次の休みの日には元に戻しますよ〜。
では、本日はこれにて。
 
 
2012年 1月10日 ガンダムさんより
 
さて、今日から深夜勤務だし、またしばらく姿を消すか…

開く コメント(18)

イメージ 1

★この記事は昨年の物です

2011年、スワローズの現状は…今、試練を迎えていますネェ。
おさらいで今、そして来期までのメンツを予想しますと…

【投手】
先発  石川、館山、村中、由規、七條、山本斉
中継ぎ 松岡、久古、バーネット、赤川、押本、増渕
抑え  林昌勇

まぁ、投手陣は大きく変わる可能性がありますが…

【捕手】相川、川本、福川
【内野手】宮本、田中浩、武内、畠山、川端、ホワイトセル、野口、三輪、川島
【外野手】青木、バレンティン、飯原、ユウイチ、福地、宮出

野手はトレードや戦力外通告者、外人を抜かせば上記のメンツで来期まではやるでしょう。
投手に関しての意見は私もそらきちさんと近いですよ〜。
薄い戦力ながらも調子の良い選手を上げたり結果を残さない選手を落としたり…。
​
しかし野手は…結果が伴っていなくとも、あくまで今いる1軍メンバーにこだわりますねぇ。
打順の入れ替えと不調の外人を交代のみで、大胆な改革はしませんでした。
いきなり大幅な入れ替えを敢行しろとまでは言いませんが、雄平や2軍で結果を出してる無名の選手を…1軍でのプレーに飢えている選手を使っても良かったのでは…と。
もっともおっしゃる通り中軸の代えは2軍にはいませんが、刺激にはなったはずですし。

今は福地以外は、小川監督の望む1軍戦力がほぼ揃っていると思います。
今年、そして来期も大きくは変わらないメンツで臨む事でしょう。
打順や外人など、一部の選手は変わるかもしれませんが。
しかし今、結果はついてこない所か投手の足を引っ張る結果になっています。

2011年現在、ここまでのチームの原動力は『投手力』のおかげです。
それと改正された現行のルールが大きくチームに影響を与えていますねぇ。
しかし、それもいつまでも出来る事ではありません。

優勝のプレッシャーからか、チームの悪影響が移ったのか、これまでの疲労が蓄積された結果からなのか、あるいは全てが入り混じってか投手陣にも影が見え始めています。

阪神のように代わりの投手が、巨人のようにファームに藤村や助っ人、谷のようなベテランとコマが揃ってるチームに圧力を受けています。
ですが…残念ながら有効な対抗手段は今の所は無いんでしょうねぇ。
今年、優勝出来ても出来なくてもチームは大きくは変わらないでしょう。

ならば…小川監督が大きな改革を断行する性格をしていなく、チーム戦力も他に劣る現状を打破するには、やはり『次代の選手』『次の監督』に期待するしかないでしょう!

モチロン、現状を放っておくわけにはいきませんが、投手を除いてスワローズの行える戦力UPの手段は限られますし、小川監督も野手はケガ人でも出ない限りは代えないでしょう。

小川監督のまま、来期を向かえ、チームを大きく崩さないように整え、さらに将来のチームを考えるなら…来期の『補強手段』は限られます。

ズバリ!『投手陣の戦力UP』​と『外国人の補強』の2つのみです。

スワローズの伝統とも言える最大の補強作は外国人です。
投手が足りないのならイム、バーネットと新外国人の3枚で戦うのも良いでしょう。
打者なら2人、あるいは強ければ1人でもかまわないでしょう。

投手陣に関しては小川監督が…か荒木ヘッドがかはわかりませんが野手より柔軟な配置や起用、そして2軍より昇格と動いてくれます。
現時点でも層の厚さこそ物足りませんが、首位を走ってる原動力として機能していますし、外国人を1人加える、2軍から平井などの若手、あるいは今1軍で働けてる赤川が伸びていくのなら配置転換でチームの穴を埋めることが可能だと見ています。
少なくとも1〜2​年は持ちこたえてくれる戦力はあると見ています。

野手は畠山を中心に中軸は外国人で、脇役には田中などのメンツで踏ん張ってもらいます。
と言うか小川監督の間は変わらないって散々言ってますかね。(笑)

この間にドラフトで有望な選手の補強を、次代のスターの育成を願います。
目玉投手にいるのなら狙ってもかまいませんが…中軸を打てる素材獲得は必ず必要です。
しかし、野手にケガ人が出た…宮本や相川が苦しい、投手で主力にケガ人が出たからといって安易に社会人などの高年齢選手の指名だけは断固反対です!

獲得した選手の育成方法は…私より他の方が熱心でしょう。(笑)
私は指名したい選手の方向や起用方法、戦い方には熱心なんですが。(爆笑)
私が願うのはチームの方向性の明確化、次代選手育成のためのコーチや設備の充実、そしてドラフトで将来性のある選手の指名です!

各ポジションに競い合えるような選手を迎え入れれれば最高なんですが…。
同じポジションでもタイプの違いもあるでしょう。
これだという選手を集中的に鍛えるのも悪くないかもしれません。

前にも書きましたが…現時点で将来のスワローズを担えるのは…

北野 洸貴(中)
荒木貴裕(二)
山田哲人(遊)
川端 慎吾(三)
又野知弥(一)
西田明央(右)
佐藤貴規(外)
中村悠平(捕)
曲尾マイケ(左)

ショートなら山田哲が将来のショート候補ですが、そこにドラ1で高橋 周平(東海大甲府)を獲得して競い合わせる、使えるのなら2人ともポジション別で使えたら最高です。
荒木など、私は田中の後がまとして守備とリーダーシップに期待していますが、守れるのなら川端をセカンドで競い合わせても面白いかもしれません。
捕手なら中村ですが、今なら西田が…そしてドラフトでタイプの違う捕手を、理想は左打ちの選手など獲得できたなら最高ですが。

三輪や福地のような…このメンツでは北野でしょうか、身体能力のある選手だけでなく、『盗塁』を狙え『打てる』選手の獲得も良いかも…主力投手相手には揺さぶりが必要ですし。
佐藤や北野のような左の他に右打ちの打者も揃え、逆に又野やマイケとは逆の左打ちの伊藤(慶応)など強打者の獲得して競い合わせ、育成と…夢は膨らみます。

個人的には中村や山田あたりは来期から使ってみるのも面白いと思ってますが…。
チームと小川監督に、その余裕は無いでしょうねぇ…。
​
モチロン、野手ばかり取れとは言いません。
何事もバランスが大切ですし投手の補強も怠ってはいけません。
ただ…『即戦力』の看板ばかり気にしたドラフトにさえならなければ.…。​

1.高橋 周平(東海大甲府)遊撃
2.​吉本 祥二(足立学園)投手
3.​丸子 達也(広陵)外野
4.駒月 仁人(塔南)捕手
5.​川崎貴弘(津東)投手
6.​井上 晴哉(中大)一塁

なんて出来たらカッコイイかも!(笑)
もっとも順位はテキトーですんで、実際は進学したり、順位が上だったりするでしょう。
たとえとしては面白いドラフトじゃないかな〜と。
1​位に菅野を上げても最高かも!
ダルビッシュや田中クラスの不動のエース候補がいたならば優勝への近道ですし。

イメージ 2

★この記事は昨年の物です

外国人は今季の反省を生かした補強をしてもらえれば…。
チームの主軸は投打とも日本人でOKでしょう。
あくまで足りない部分の穴埋めになってくれれば…。
見る限り打者は強ければ1人いれば十分ですかねぇ。
カープにいる投手クラスの先発が1人は欲しい状況です。
リリーフは…シュルツがクビになるなら欲しい人材ですが、ケガがどうなのか…。
打者はレフトのスレッジがクビみたいですが…年俸高いか。
新外国人で優良選手がいないのなら今年辞める選手から取るのも手かと。

ドラフトはイヤでも投手中心になりそうではありますが…外国人で投手の補強が出来るのなら、残りは現有戦力の底上げでまかなえると私はみてはいるんですが。

4本柱に赤川、山本斉、平井、そして外国人投手で競わせる…。
リリーフでは七条、増渕、そしてバーネットや新外国人かでまかなえれば…。
特にイムの今後も考えて抑え候補を作る必要があります。
現時点で適任は増渕しかいないでしょう。
後は先発かリリーフか…加藤や日高の左腕どちらか使えないか…と。

そうなれば即戦力投手を大量指名は免れるかと。
横浜見てればダメだと気が付くとは思うのですが…。
少なくとも野手は3人は指名して欲しいですねぇ。

東海大甲府高橋に行かないのなら、それこそ柱になる投手を指名してもらいたいです!
2位の選手は全体の24番目の評価の選手…それなら直の事、指名するなら実績を挙げてる大学、社会人よりも素材重視で高校生かと。

もっとも競い合った末にまた敗れて高校生投手が1位になるシナリオも考えられます。
そうなったら…もういっそ高校生6人ぐらい指名しましょうよ!(笑) 

投手陣にほころびは見えていますが、編成の英断に賞賛を送りたいです。
厳しい争いになると思いますが、是非とも獲得に向けて全力を尽くして欲しいです!
1本釣り…は現実的に無理かと…。(​苦笑)

菅野がGオンリーでなければ、彼に複数教団が向かった事でしょう。
大石や斎藤に複数向かったみたいに。
しかし、本当にGしか指名しないのかなぁ?
どこか冒険してくれないかしら!(笑)
ファイターズなど、また攻めのドラフトをしてくれないか!(笑)
意外性のあるドラゴンズは取れる選手しか指名しないし・・・​・。
​
武田(宮崎日大)
北方(唐津商)
松本(英明)
吉本(足立学園)
歳内(光星)
釜田(金沢)
今村(太成学院)
戸田(樟南)
川崎(津東) 
​
ですか?
1位級の選手を12人挙げるなら…数人は大学、社会人の選手かなぁ?
私なら…やはり松本(英明)を指名したいです。
でも、ヘタするとハズレじゃなく、単独で1位指名されるかも…。
私の中では歳内(光星)より高評価なんですよ〜。
​
2位以下ではハンパな即戦力を指名するなら…素材で十分だと思うのですが。
それが、そらきちさんイチオシの川崎(津東)でも良いですし、今評価を下げていますが素材というなら1年時に148キロを投げてた帝京の投手(名前なんだっけ?)でも良いです。

正直、今のスワローズを支えている、もしくは芽が出てきてる選手は高校生が多いですし。
赤川や日高、平井や中村…ドラ1兄弟をはじめ数多くいますし。

即戦力は平行して欲しくはありますが、なんでもかんでも指名するという愚策だけはNGです。
下位には1芸に秀でた選手でも良いかも。
それがパンチ力か足かは状況しだいですが。
できれば…右の強打者、何とか獲得できたら…。
​
足を使った攻撃、私もエース級投手打破に必要だとは思います。
マンネリな攻撃でノビノビ相手に完投されるのは見飽きました。
プレッシャーを与える攻撃を望みます。
でも、私の中では、まず『打てる野手』が最優先課題なんですよ〜。
色々ありますが野手は打ててナンボの世界、まずは打てない事には試合になりません。

足のある選手…マリーンズからトレードできないかな?(笑)
それかレフトで上田使いますか?(苦笑) 

高橋周平決定…朗報ではあります。
後は獲得できるかどうか…ですかね。
獲得できたら良いなぁ!(笑)

開く コメント(0)

イメージ 1

★この記事は昨年ドラフト前の物です

ドラフトはシーズンオフ最大の目玉です!
ドラフトを語るには正直、時期としては早すぎかもしれませんが、私、ノリノリです。(爆笑!)
でも、その前にチーム状況を見直さないとねぇ。

​自分の意見を言う前に…チーム状況を客観的にみて、投手以外は小川監督は即戦力は早急には必要とはしてないかもしれません。
小川監督時は、スタメンは固定されていますし、控えも一芸に秀でた選手が脇を固め、2軍で実績を挙げた選手は投手以外は上げて来ないみたいですし。
今年、そして来期もオープン戦までなら若手の起用もありうるかもしれませんが、よほどの力を持ち、スタメンクラスの選手に欠員が出ることでもない限り、若い選手の1軍での起用の可能性は低いでしょうねぇ。
あっても控えに欠員が出て、その穴埋めで1軍登録、そして守備固めや代走から打席に立てるかどうかでしょう。
今、2軍にいる飯原や武内など1軍クラスの実績のある選手メインでの采配になると思います。

ですのでドラフトでは即戦力投手がメインになる可能性が大でしょう。
もし、大学生BIG​4の野手、伊藤(慶応)の指名確立はポスティングで青木が海外へ流失したら可能性があるかどうか…ですかね?
仮に海外へ移籍したとしても安易にドラフトで即戦力だ!と簡単に走って欲しくはないのですが。
青木ほどではありませんが、スワローズにも人材はいるのですから。

投手でなら…やはりその年の目玉を狙って欲しいですねぇ。
特に菅野(東海大)など、巨人が有力視されてる選手を奪うつもりぐらいの気概を持って欲しいです!
競合あるいは他所のチームと蜜月だからと簡単に諦めてほしくないです。
その点、西部のくじ運と、ファイターズのドラフト戦略は見事ですねぇ…。

小川体制では、よほどの実力が無い限り即戦力で1軍は難しいと思ってます。
しかし、ドラフト戦略の事を考えるならば、チャンスではないかと見ています。
今なら高校生など、将来性豊かな選手を数多く指名するチャンスかと!

大学、社会人選手はあるていど情報はありますが、高校生は夏を迎えないとわかりませんねぇ。(笑)
それだけに、無名の選手から、突然スター候補が現れる可能性もあります。
イチローなんてドラフト下位でしたし、畠山なども5位でした。

スター選手を指名するなら1位で、ですが、スカウトの眼力が高ければ下位でも次代を担う選手を獲得できる可能性が高いのも高校生選手です。
社会人出の年齢の高い選手は即効性は高くとも効果は限定的なうえに失敗するリスクも高いです。
モチロン即戦力選手を取るな!とは言いませんが将来性を重視した戦略にシフトしても良い時期ではないか、と。

今いる選手でスタメンは長打力こそ不足してますが頭数は揃ってきてると思ってます。
仮に外国人選手や年齢の高い宮本や相川がいなくても、とりあえずはスタメンは組めます。
外野(青木・飯原・武内・ユウイチ・三輪など)畠山(一)田中(二)川島(遊)川端(三)川本(捕)と。
もっとも外国人選手なしはありえないと思いますがね。
それだけに層の厚さを、そして将来を担う選手の育成のチャンスが今かと思ってます!

近年では(まぁ大体が昨年ですが)山田哲人(遊)、又野知弥(三)、西田明央(捕)、佐藤貴(外)、そして荒木貴裕(私の中では二)、中村悠平(捕)、曲尾マイケ(外)と将来性のある選手が増えてきています。
今​すぐ1軍で使えるといえるレベルの選手は、まだいませんが…。
​
スワローズのスタメンの現状は皆、年齢的には川端以外は高齢化してきてます。
指名してる選手も結構年齢の高い選手を多く獲得してるので、控えの選手の年齢も高いです。
捕手などでもレギュラーでない選手の年齢も西田や中村以外は高いですし、ポジション的にも同じ年齢の選手が多すぎる実情がありますねぇ。

こんな現状の打破のチャンスが今ではないか、と。
厚いとは言えない選手層ですが、比較的投手が安定してる今こそ改革を!
ドラゴンズなんて昨年は旨かったですよねぇ。(苦笑)

ドラフトの指名選手…即戦力も欲しいですが、次代を担うスター候補が欲しいですねぇ。
甲子園も終ってチームの状況も把握してないと決めかねますが。

それでも中核を担える若い選手を数人は獲得してもらいたいです。
そして2軍で切磋琢磨して由規や村中、畠山や青木の次を担う選手が出てきてくれたなら…。​


イメージ 2

★この記事は昨年ドラフト前の物です

そう考えると必然的にドラフトの方向性が見えますかね。
私は将来の事を考えるならば高校生主体のドラフトで良いかと思います。
そして将来のクリンナップを見据えた戦略を…。
それも1位は即戦力投手もありかと思いますが、野手で目玉がいるのならば、果敢に挑戦していくのもありかと…。
​
今年なら高校生の野手というと、真っ先に高橋周平(東海大甲府)が挙がります。
大学なら慶応大の伊藤隼太ですが…。
私なら青木が抜けない限りは高橋周平を狙います。
正直、4番タイプじゃなく、岩村みたいな選手だと思いますが…。
​
足りない分は下で穴埋めできたらと思います。
たとえば…打撃が良くてもポジションがファーストだったり、捕手だったり、投手だったりして評価が高くない選手もいるでしょう。
そんな選手をポジションを変えてやれば面白いかと。
かつて3位でファーストとして入団した稲葉(ファイターズ)捕手で入団した小笠原(巨人)&和田(中日)ショートから転向した森野(中日)などのように。

捕手の駒月仁人(塔南)ファーストの丸子達也(広陵)大学の巨漢スラッガーファーストの井上晴哉(中大)など面白いかも。
それ以外でも夏を越えたら新しい名前が出てくるかとは思いますが。

情報があるのは大学、社会人出身の選手がメインで高校生はまだ少ないです。
私の資料も3〜4​年前のドラフト情報を見直してます。
この年の高校生が大学、社会人から指名される年なので。

ですが将来を考えるのならば高校生のデータが必要ですねぇ。
後は甲子園で見るくらいしか出来ないし…。
もう一度、スワローズの現状を振り返ります。
小川体制では大きな変化は無いと思いますので今のメンツが固定されるでしょう。

出場登録選手の現在のメンツは…

投手―由規、林昌勇、石川、村中、松岡、館山、久古、バーネット、七條、赤川、押本、フェルナンデス
捕手―相川、川本
内野―川島慶、宮本、田中浩、武内、畠山、川端、ホワイトセル、三輪、森岡
外野―青木、バレンティン、飯原、ユウイチ、宮出

投手はフェルナンデスの所に先発かリリーフ適正のある投手が。
野手はケガが治れば福地が入る以外は控えの森岡などのメンツが若干変わるくらいでしょう。
優勝争いもしてますし、基本、保守的な小川監督は選手の入れ替えはしないでしょう。
少なくとも来年までは今の形で大きな入れ替えはありませんねぇ。
青木と外国人はあくまで別…ですが。(苦笑)

そうなるとドラフトでは投手を指名するか、若い野手を指名するかという選択になるでしょう。
上田と松井は…よほど化けるか青木が抜けるかしないと…おそらく無理でしょうねぇ…。
そして今のメンツでは、やはり次の時代の選手は川端しかいません。
彼が将来のスワローズの中心なのは間違いない所でしょう。

それは良いのですが、彼は4番タイプじゃないので、この穴を埋めれるドラフトを望みます。
確かに松井や清原クラスが理想ですが、3位で石井浩郎が、スワローズでも5位で畠山を指名できたこともあります。
ドラフトでは身体能力を重視されます。
1位でなくとも可能性は十分にあります。
今からでも素材重視の方向に向かっても良いかと思ってます。
1位は目玉の投手を指名もかまいませんが、2〜​3人は将来のドラフトを…。
指名できる野手がいるのならば野手を指名して欲しいです。

今のスワローズで素材と言えば、松井・又野・西田・佐藤などです。
後は中村やマイケ、ジュニアMV​P荒木などでしょうか。
今いる選手でサード川端、ショート松井哲、セカンド荒木、ファースト又野なんて考えただけでファンならワクワクするでしょう!

即戦力の高年齢の選手や外国人、FA​の選手などを獲得して一時的に強くなってもファンは長くはチームに愛着はもてません。
巨人など反面教師もあることですし、長く愛されるのならば自前のスター選手を!

今年なら高校生の野手癸韻蝋盒脅平(東海大甲府)なのは疑いありません。
もし…彼を指名して、1軍でレギュラーを張れる様になったらと考えるだけでワクワクします。
まぁ、これは仮の話ですが…可能性はゼロじゃないかと。(笑)
もっとも4番タイプじゃないので決定打に欠けますが、素材は一級品です。
高校生にいないのなら大学生はどうかと調べてみてる私です。(笑)

それに平行して投手でも若い人材を発掘しないといけませんねぇ。
投手は毎年消耗していくポジションですし。
だからといって安易に高年齢の選手はいけません!
即戦力になりそうな1位級ならともかく、2〜​3位にまで埋めて欲しくは無いです。
素材というなら川崎のような投手でも十分いけるでしょう。
本来、下位で指名できるならば彼のような人材が相応しいかと。
(​まだ下位指名とは限りませんがね)
即戦力にこだわらなければ、体が出来たならば1位級に化ける人材になる可能性を秘めている選手ですしね。

とにかく、2位や下位で安易に社会人、独立リーグの選手指名は反対です。
久古はスワローズに足りない部分、そしてプロでスピードが上がって結果を出せましたが、あくまで結果オーライだっただけです。
私は今でも結果を出してるとはいえ、2位を使えるなら七条ではなく、中日の2位吉川大幾や阪神2位一二三慎太だったなら…と思ってます。

もっとも、育てられる環境でないのなら意味はありませんが。
私はプロ野球にも下部組織があっても良いと考えています。
それか、ろくに使えない選手に億単位のお金を払うのなら下部組織や社会人などピラミッドの下の方にお金を使えないかと…。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事