マンガ、アニメ、のオススメ!〜ガンダムさんのブログ〜

稚拙な文章を壁紙やイラストなどでカバーしながら作品紹介しています。無断使用者が多いのでファン限定記事が多いブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

★この記事は昨年の物です

スワローズは慢性的にチームにお金を使えないチームです。
ドラフトで新人に頼ったりするには、将来性はともかく、すぐには結果に結びつかないですし。
トレードも化けてくれない限り、出した選手以上の選手はもらえないです。

すぐに結果を望むなら外国人に活路を見出す姿勢は批判しません。
スワローズ優勝時には、必ず優良外人が在籍してますし。
ただ、その手腕は買いますが頼り切るチームの姿勢には私は疑問ですが。

トレードは…私も思う所があります。
チームはドラフトで過去、捕手が足りないといえば捕手を、ショートがいないといえばショートの選手を
失礼な言い方をしたら、なんのビジョンも描かずかき集めてきました。
今​年は川端が成長、そして川島がいるという事で鬼崎をトレードに出しました。
しかし、時期が悪すぎましたねぇ…。(​苦笑)
今​年なら捕手でトレードを回せなかったかな?と。
スワローズはドラフトのやり方が旨いとは言えませんかねぇ…。
その年の一番の選手に攻めていってた時期は評価するのですが。
ただ…それ以外は結局、将来性のない一山いくらという選手ばかりになりました。
それでもマリーンズではショートが不足してる、そして捕手がトレードの目玉商品になってる時には、余裕のあるスワローズは売り込むべきでした。
チームにもう少し旨いトレードを願いますねぇ…。

ドラフトは…将来のスワローズを描くのには一番必要な手段なのは疑いのない事です!
一時期、某球団のために、人気とお金のあるチームに選手が集まるシステムに変えられました。
しかし、今は少なくともドラ1はくじ引きという公平なシステムに戻りました。
ドラフトの戦略しだいではチームを飛躍的に強く出来る可能性を秘めています。

スワローズは層の厚さこそありませんが、今は投手は結構充実しています。
今の時期にこそ、先を見据えて中軸でレギュラーを張れる野手の獲得を願います。
それか即戦力にこだわらずとも、将来性豊かな高校生投手を指名するのも良いですねぇ。

イメージ 2

★この記事は昨年の物です

スワローズは、良くも悪くもこれまで外国人に恵まれてる傾向にありました。
優勝する時には必ず優良外人が中軸に座っていました。
最近ならラミレスやペタジーニ、オマリーやブロス、などなど…。
今年ならバレンティンやイム、ホワイトセルやバーネット。
ですが、彼らはいずれは向こうに帰るか、お金を多くくれるチームに移籍してしまいます。
1、2​年ぐらいなら強くはなれますが、長期的に見ると良くはありません。
私の持論はエースと4番は自前、日本人で、と思っています。

その時によりチームの形が変わることもあるでしょう。
監督が変わればチーム方針も変わります。
守備重視の人もいれば、打撃の良い選手を優先する人、足を使った機動力で勝負する人もいれば固定メンバーにこだわらない人もいることでしょう。
でも監督や球団方針が変わってもエースと4番、チームの中心人物がいれば、失礼な言い方をするのなら、他は枝葉のようなものです。

4番(まぁ、4番でなくとも、その時にいる中心人物となる選手)など柱が定まっていれば、機動力を重視するなら、3番までは足のある選手を、打撃にこだわるなら2番にも強打者を、と。

とにかく中軸には信頼のおける日本人選手を。
5番打者、もしくは3番などになら配置OKなんですが。
理想はバース…とまでは言いませんが、カープの4番が江藤の時の5番でロペスのような外国人が理想でしょうかねぇ。
4番をカバーしてくれる選手、特に若い選手の時に彼のような選手が後ろを打っていてくれたら好影響をもたらしてくれると思います。

スワローズ史上最高の外国人選手は個人的にはペタジーニだと思います。
彼はチーム状態が、どんな状態でもコンスタントに好成績を上げてくれました。
ですが、当時は良くも悪くもペタジーニ頼みのチームだったと思います。

巨人のように”個”ではなく、スワローズは”和”のチームを目指して欲しいですねぇ。
チームに慢性的に足りない成分は長打力です。
ですが、1人の強力な打者に頼りきるのではなく、足りない分を補ってくれるだけで十分です。
ですので優良外人なら5番に、将来性のある若い外国人選手なら初期のラミレスのように後ろで打ってくれるだけで十分かと。

イメージ 3

★この記事は昨年の物です

スワローズ補強の目玉は外国人である事は疑いようはありません。
今​年ではホワイトセル、ガイエルの代わりが誰になるかで来期の補強の大半が決まってしまうかと見ています。
バレンティンは…今は保留ですかね。(笑)
外国人に頼って欲しくはありませんが、足りない部分のすばやい補強として頼らざるを得ません。
個人的には投手3枚でもOKなんですが…。
​(先発1新外国人中継ぎ1バーネット抑え1イム)

平行して投手陣を整える事、力不足のチームでも投手が頑張れば試合は相手がどんなに強くても持ちこたえられますし。
ベイスターズはそれが出来ないからこそ打撃ではセリーグ1の破壊力を誇りながらも最下位に甘んじてますし。

いぶし銀のベテランが少ない…それは球団とベテラン選手の確執の歴史でもありますねぇ。
昔から球団はベテランには厳しかったですし。
広沢の時は『お前の時代は終った』と言ってもう古田の時代だと、追い出す形にしましたし、古田も最後は嫌われて…他のメンツも古田ファミリーとして嫌われてましたし。

私は…2000本安打が掛かっていなければ宮本はバックアップ選手として構想してました。
大事な試合の先発や代打など畠山のバックアップをしてくれたら将来の為になると…。
同じく相川も中村のカバーで併用の形で育てて欲しかったです。
ショートに限らずベテランではありませんが、川島慶も内外野の控え、左投手の先発、盗塁も狙える代走などと、スーパーサブ的な活躍が出来るかと…。
​
正直、いまさらビックネームの補強は将来の事を考えるなら出来ませんしね。(笑)
でも、引退した巨人の大道は欲しかったです!(爆笑)
​
外国人は…今の状況を見ると打者も投手も必要でしょうが、現実的に見て投手が必要じゃないかと思いますねぇ。
打者は打たなくても試合になりますが、投手が抑えないと試合にすらなりませんから。
そして今のスワローズには悲しいかな2軍から上げる投手がまったくいないという現実があります。

外国人の補強は…現状ではスカウトの報告待ちかな?
期待できる選手がいたならば今いる選手にこだわらなくても良いかも。
イムとバーネット以外は流動的に考えていけば…。
全ての試合が終えた後、投手か野手、どのポジションに振り分けるか監督の要望が攻撃か守りか、さて…何を望むか、ですかね?

お金があるのなら余裕を持った補強も可能でしょうが、ガイエルやホワイトセル、バレンティンで使ってるお金で、さて…どこまで補強ができるのか…。
昨年、安い某鳩胸投手の首切りをしたくらいですし。(苦笑)

私は先発1人(本格派投手)
中継ぎ1人(バーネットでも可)
押さえ1人(イム)
野手1人(ファーストでパワーヒッター)
そして2軍に1人ずつ投手と打者で安くてもいいから素質のある選手を控えさせておければ…と。


ドラフト構想では…夏の甲子園を終えています。
じっくりとは見ていませんが甲子園、注目投手を全てとは言いませんが何人か見れました。
まだ球の速い投手は別にいましたが、魅力を感じたのは松本でしたねぇ。
あれでスワローズの石井兄弟(一と弘)のようなスライダーでもあれば…。
​
それと花巻と知弁の2年生の投手2人とですかね。
来年の方が高校生の目玉が多いかもしれませんよ〜。
打者では日大三のライトで5番(名前難だったかな)が個人的には良かったですが。
でも、ドラフト候補は別の3人だったような…。
まぁ…今​の時代、進学してしまう選手が多そうですねぇ…。

今年に限らず、よほどの自信が無い限り、高校生の進路は大学へ進学希望路線へシフトしていく世の中なんでしょうかねぇ。
正直な所、気持ちはわからないでもないのですが残念ではあります。
大学や社会人で大きく育ってプロに来てくれる事を祈るしかありませんかねぇ?
プロよりも大学社会人野球で育つのは経験…イベントや大舞台を経験できるからなんでしょうか。

スワローズ…戦力外は私の中では結構な数がいますが…現状の戦力では即戦力を大量に取ろうなどと馬鹿げた考えを持たない限り、2軍でも試合がありますし、選手は減らせませんかねぇ。
現実的に6〜8​人ぐらい…かな?

引き算でドラフトでは6人前後プラス育成2人…でしょうか。
そして、悲しいかな高橋(東海大甲府)は1位候補かもしれませんが、今、​ドラフトを行うとすれば、ドラ1は間違いなく現場は投手を希望するでしょうねぇ。

私なら現戦力を高め、ドラフトでは次代を担う選手を獲得するんですがねぇ。

開く コメント(0)

イメージ 1

★この記事は昨年の物です

高齢化するスワローズのレギュラー野手陣。
小川監督ですが、今の監督の間なら投手以外は大きな変化は野手では無いでしょう。
そうなると1軍クラスの選手以外は1軍の目がほぼ無いということになります。
高年齢の選手は次期主力戦力とは見れないですねぇ。

​1軍の選手で次代を担う選手はショートの川端くらいしかいません。
(今年は上田などが青木の抜けた穴を競い合って入るのでしょうが)
彼以外は2軍、もしくは新しく入団する選手が次代のスタメンになるんでしょう。
もっとも宮本のように40歳を迎えても現役を張る選手もいますし、外国人もいるんでしょうが…。
​
今のスタメン選手&控えの選手が大きく変わらなく、数年は固定化されるとなると今いる選手で次代のスタメンをと考えると20台前半くらいの年齢でないといけません。
それを踏まえて無理やり今いる選手でスタメンを組むと…

北野 洸貴(外)
荒木貴裕(二)
山田哲人(遊)
川端 慎吾(遊)
又野知弥(内)
西田明央(捕)
佐藤貴規(外)
中村悠平(捕)
曲尾マイケ(外)

リザーブには…

上田 剛史 
松井 淳
川 成晃 
麻生 知史 

となりますかね?
まぁ今年に関しては上田はレギュラーかもしれませんが。

こうして見ると、やはり長打力が不足していますねぇ。
それに完成するのに時間の掛かりそうな選手もいますし。
でも、高校出の選手は、体が出来ると化ける可能性も秘めています。
結果には結びついていませんが、佐藤貴規なんて体が大きくなっていますしね。

又野はポジションがサードにこだわると1軍には時間が掛かるかと…。
慣れない内野、おそらく守備で手一杯だと思いますし、あの大型の体では高校を出たばかりの未熟な体は、慣れる前にケガをする可能性もあります。
私は外野もしくはファーストでも良いかとも思いますが…。
モチロン、サードで化けてくれればOKですが、小粒にならないか心配です。

​捕手は中村悠平で良いと思いますが、正直、打撃が良くならないと結局の所使ってもらえないし、経験も詰めないかと思います。
選手は試合に出てナンボの世界ですし。

リザーブに挙げた選手以外はスタメンには長打力を持った選手がいません。
でも、リザーブに挙げた選手もあるていど完成された選手ですし、大きくは化けないでしょう。
体が変わった佐藤や打撃の評価が良かった西田あたりが可能性がありそうです…。

イメージ 2

★この記事は昨年の物です


そんな期待する選手の中から荒木、山田、佐藤の3人を押しますかね。

​山田は…今の実力でいえば、走攻守でまだまだ物足りないかもしれません。
ですが、CS​での初安打のように、何かやってくれそうな…そんな期待が持てる選手です。
まぁ、CSの時のようなエラーは勘弁してもらいたいものですが。(笑)
身体能力が高く、守備、打撃ともに使い続ければ大きく化ける可能性を秘めてます。
彼が使えるならば、宮本を休ませる試合では川端をサード、そして山田をショートで使うという作戦を提案したい私。
そのまま宮本の後を継いでもらいたいものです。

​荒木は今年いきなりポジションを奪うことは出来ないかもしれません。
ですが、限界の見え始めてる田中を無理に使い続けるよりも彼に出番を与えて育ててみたら面白くなりそうです。
荒木は昨年のJrオールスターMVPで成長が見られます。
長打力が上がり、ショートの他、セカンドもこなせます。
田中の後釜候補としても使ってもらいたい選手です。

最後に挙げるのは…意外な選手かと思われるかもしれませんが佐藤貴規外野手を挙げます。
育成枠の選手で、まだ選手登録すらされていませんし、皆には由規の弟だという記憶しかない事でしょう。
しかし今季は今、ファームながらもレギュラー外野手として昨年同期の西田明央捕手や又野知弥内野手というドラフトコンビを押しのけて出場しています。
昨年は西田や又野と同じく、まだまだだという印象でしたが体が大きくなり、比例してか力も付けてきてるという印象です。
伸びしろと将来のスター候補として由規と兄弟で神宮球場のグランドでプレーをする姿を見てみたいものです。
 
番外編で年齢をオーバーしていますが青木の後釜としては上田を入れておきますか。
上田は言わずと知れた青木の後継者候補筆頭の選手です。
打撃こそ遠く青木には及びませんが、彼には青木には無い『盗塁』というスキルを持ちます。
昨年のチームは好投手を揺さぶるというチームプレーがまったくできず、個々の力で打って出て、いつも同じように抑えられていました。
そして試合終盤になってから代走で初めて足のある選手が代走で出られるぐらいでした。
ですが、彼が機能するならば、青木以上にチームに貢献できる可能性を秘めます。
是非ともレギュラーで使って欲しい人材です!

先の3人に、捕手の中村悠平、ドラ1の川上竜平外野手には大いに期待したいですねぇ…。  
4番候補が欲しいなぁ…。
ドラフトで沖縄の手登根祥選手を獲得できたならば…。

開く コメント(2)

球界ついてに思う事

イメージ 1

★この記事は昨年の物です

ドラフトやFAなど、一部の力のある球団が有利になる制度になってプロ野球の質が落ちました。

それまでは公平なドラフトと移籍の自由はないけれど、自前の選手が育つ環境がありました。
そして自前のスターを応援するファン、ドラマのあるドラフト、くじ引きで人権は優先されていませんが、公平さではメジャーの制度に負けていませんでした。

それが今、上位3球団のお金のあるチームしか勝てなくなりプロ野球にドラマもなくなり、プロ野球人気の衰退に繫がってます。
スターはお金のあるチームかメジャー、C​Sやドラフトこそ改善されましたが、お金を多く払うチームや人気チームのみに選手が集中、優勝チームも3球団のみになってしまいました。
こんなプロ野球にファンはこないでしょうに…サッカーに流れる前に改善を求めたいです。

っと、グチを言いたいのではなく、FA​やメジャー選手の補強に球団はこだわって欲しくないといいたかっただけです。
もっともお金が無いので無理ですが、そうでなくても本当に強いチームには柱がいるものです。
いつ消えるかわからない外国人やFAで移籍してくる歳を取った選手に主力を任せたくないです。
あくまで彼らはたりない部分を埋めるサポートとして機能すれば十分です。

記録のかかった選手や、ネームバリューがすごすぎる選手を抱えてしまうと、外すに外せないというジレンマには陥るでしょう。
スワローズではありえませんが、こんな補強をされたらファームの捕手は完全に腐ります。
それが某3球団にはわからないのでしょうか…。
​
魅力のある選手とドラマのある、これぞプロという試合、それをメディアで流せればファンや野球人口増に繫がります。
そして球団にお金や有望な人材という恩恵が返ってくるんですが。

★この記事は昨年の物です

巨人は使わない工藤(+​金銭)で、マリーンズの4番を獲得…。
サブローが球団と確執があったとの話はありましたが、それでもおかしな話です。
巨人も何かおかしくなってるような…。
お金でかき集める路線から育成にシフトしたと思ったのですがねぇ。

そもそも巨人の外野陣は決して人材不足じゃないはずです。
名前のある選手以外にも人材は不足してるとは思いませんし。
振り返れば、そうしてかき集めた選手を腐らせては引退に追い込んでいますねぇ。
最近は方向転換して若手に切り替えたと思っていたのですが、今シーズンはファイターズ高橋に次いで2人目ですし、また力にモノをいわす方向に転換したのかなぁ?
​
長嶋茂雄時代に比べれば選手を腐らす酷さはなくなってるのかもしれませんが、それでも使えないとみるや2軍で飼い殺す事があるチームです。
そして完全に使えなくなったら放出…選手がかわいそうですねぇ…。
巨人の名前のある選手、高橋や谷、それに亀井や鈴木…。
彼らが本調子戻ればサブローも便利屋の道しかないのでは…と。
マリーンズのファンは、このトレード、どんな心境で見てるのかなぁ。
​
ファイターズはマイケルと二岡のトレードは納得しかねますが、年俸の事を考えるのならば確かに納得できますかねぇ。(信条的には納得しかねますが)
ドラフトでは果敢に攻めるし、骨のある編成をしています。
外国人の補強以外は見習うべき所が随所に見受けられますねぇ。
あれだけケガ人続出で大戦力のSBと優勝争いしてるし!

いや、長話をしてしまいました。(苦笑)
また、別の機会にドラフトやメジャーに行ってる選手について語り合いたいですねぇ。
特に来期に訪れるであろう帰国組、メジャー行きの選手達について。
Bクラスに落ちたチームは積極的に迎えいれると踏んでいます。

巨人や阪神のようなチームでは、自由は無いのかもしれませんねぇ…。
でも、補強に力を入れてくれる事はありがたいとは思いますが。(苦笑)
もっとも望む補強じゃなければ、逆にありがた迷惑ですかねぇ。(笑)

どちらにせよ、今年に限っては巨人、阪神ともに悪い方に傾いてるみたいですが。
獲得した時には良かったとしても年齢が上がるにつれ衰えも出ますし。
それでもネームバリューがある選手はおいそれとスタメンから外せませんしね。
でも…本当にちょっと前の巨人の引き抜きには参りましたよねぇ…。
あちらで戦力にならなくても、コチラは間違いなく戦力ダウンしますし。(苦笑)

中日は、コーチや監督にお金が掛かってますが、投手が万全なら野手には期待してないのか、慣れてるのか、低迷ぎみの2チームほど痛手は見受けられませんよねぇ。

開く コメント(4)

イメージ 1

12月のメッセージより抜粋…

ドラゴンズは高木新体制でのスタートですが、戦力的には大幅には変わらないかな?
外国人放出の危機は回避されていますし、ドラフトも思い通り進んでいます。
打線は今年ケガや不調で消えていたベテランの穴を若手が出て経験を積んで、来季はベテランと若手の融合で層を厚くした戦いが出来る下地は出来てるかと。

​心配事は…抑えの岩瀬の扱い、チェンの動向、若手とベテランの扱い、それを扱う監督の手腕はいかほどか…でしょうか?
エースはいるし抑え候補には浅尾、リリーフに鈴木と柱はいるので大崩はなさそう…。
​打線はベテラン野手の扱いを監督がどうするか、でしょうかね?

​
巨人は…私は戦々恐々しています。
ナベツネVS清武戦の後遺症やドラフトでの菅野獲得の失敗で崩れるかと思いきや、清武の後釜は大型補強復活でラミレスの穴や先発不足の欠点を早々と埋めつつあります。
村田だけならラミレスの方が打撃は怖かったですが、杉内とホールトンまでとなると話は別です。
現有戦力でも原監督の手腕不足なだけで決して弱くはありませんでした。
これにこれだけの戦力が集まるとなると…。
​
心配事は人間関係の問題かな?
ナベツネはおいて置いて、杉内は物凄い要求していますが、これを全て呑むとチームに亀裂を入れかねません。
それに人的補償はどうするのか?
場外乱闘を繰り広げてるナベツネVS清武の今後しだいで外からの向かい風の可能性も…。
しかし戦力的には急に大崩はしないかなぁ。
人間関係の問題も来季以降ならありえるかもしれませんが…。

​

阪神は…大型補強は無理っぽいですねぇ。
現有戦力を保持するのに手一杯のご様子です。
ドラフトでは即戦力外野手を獲得してますが、まだ脅威にはならないでしょう。
ですが、戦力ダウンは見当たらないし戦い方さえ改めたら上位に復活するのは容易なほど戦力は持ってます。
五十嵐も獲得されるのかなぁ…。​
五十嵐はスワローズに譲って井川にアタックしてくれればいいのに!(笑)

​心配事は現有戦力を残す為にお金を使い切って大型補強が出来ないのとベテランを優遇して今年の二の舞をやってしまいかねるところですかね。
良くも悪くもベテランがカギを握ってそうです。



カープは…黒田しだいですかね?

​打線はスワローズに近いものがあります。
迫力不足で物足りない、伸び悩んでる選手がいる、外国人があまり機能していない…。
​岩本が復活して外国人が働いてといけばそれなりな打線にはなるんでしょうが。
栗原は来季はいるし、ポジション的に大きな穴は外国人の守るサードぐらいしかないし。
投手は外国人が機能してますし、新人の福井が伸びて、今年獲得したドラ1が働いたなら黒田抜きでも先発陣は万全です。
これに黒田が加わるとCSどころか優勝争いも出来る陣容です。
リリーフも8回を任せられてる今村がさらに伸びていけば、後はやりくり次第でしょう。

​心配事は外国人だのみな所でしょうか。
押さえのサファテはケガで帰国、来季も同じように働いてくれるのか…。
​そしてリリーフに新外国人といますが、先発ではなくリリーフ要員。
先発投手では今季、新外国人は働きましたが彼はどうなのか…。
​そして迫力不足の打線の起爆剤にならないバーデン。
良くも悪くも海の向こうからの使者しだいのチームです。

​

横浜は…ちょっと来季どうなるのか読めないチームですかね。
まぁ…飛躍的に順位を上げるとは思いませんが。
まだ数々の問題が残っていますし。
監督がようやく…といった現状、来季に向けて色々出遅れてるチームです。
でも、TBSの時に比べたら伸びそうですかねぇ…。
​尾花監督も最後は若手を使い続けて種を残していったし。
補強もラミレス獲得で4番は確保できてはいるかと思います。
若手期待の筒香は将来の4番候補最右翼ですし!
後はガタガタのチームを中畑&高田がどう立て直すのか…。
​
心配事はチームの激震が収まってない所かな?
球場問題、補強問題、色々と…。
​補強問題だけでも外国人の補強は今の所は無しで、スレッジらをクビにしたぐらい。
FAでは小池や鶴岡は来ましたが補強というより戻ってきただけ。
まぁ、正捕手問題は横浜の懸念材料ではありましたが。
杉内やホールトンを横浜が獲得してたならばCSも狙えてたかもしれませんねぇ…。

開く コメント(0)

イメージ 1


【4 月】 

04/12 火 ●2-9 巨 人 18:00 ユーピーアール 
04/13 水 ●0-3 巨 人 18:00 北九州 
04/15 金 ●7-9 横 浜 13:30 神 宮 
04/16 土 △6-6 横 浜 14:00 神 宮 
04/17 日 ○4-0 横 浜 14:00 神 宮 
04/19 火 ○4-2 中 日 14:00 神 宮 
04/20 水 ○1x-0 中 日 14:00 神 宮 
04/21 木 ○2-0 中 日 13:30 神 宮 
04/22 金 ○5-0 広 島 18:00 マツダ 
04/23 土 △6-6 広 島 14:00 マツダ 
04/24 日 ○8-3 広 島 13:30 マツダ 
04/26 火 ○7-1 巨 人 18:00 静 岡 
04/27 水 ○4-1 巨 人 18:00 静 岡 
04/28 木 ○4-0 巨 人 18:00 静 岡 
04/29 金 ●1-4 阪 神 18:00 甲子園 
04/30 土 ●2-6 阪 神 14:00 甲子園 


 【5 月】 

05/01 日 ○6-2 阪 神 14:00 甲子園 
05/03 火 ○5-3 中 日 14:00 神 宮 
05/04 水 ○4-3 中 日 14:00 神 宮 
05/05 木 ●2-8 中 日 14:00 神 宮 
05/07 土 ●6-9 広 島 18:00 松 山 
05/08 日 △3-3 広 島 14:00 松 山 
05/10 火 中止 中 日 18:00 金 沢 
05/11 水 中止 中 日 18:00 富 山 
05/13 金 ○6-4 横 浜 18:01 横 浜 
05/14 土 ○2-0 横 浜 14:00 横 浜 
05/15 日 ○5-3 横 浜 14:00 横 浜 

【交流戦】
 
05/17 火 ○2-0 日本ハム 18:00 札幌ドーム 
05/18 水 ●0-3 日本ハム 18:00 札幌ドーム 
05/20 金 ●1-2 楽 天 18:00 Kスタ宮城 
05/21 土 ●2-3x 楽 天 14:00 Kスタ宮城 
05/22 日 ●1-9 ソフトバンク 18:00 神 宮 
05/23 月 △0-0 ソフトバンク 18:00 神 宮 
05/25 水 ●1-4 オリックス 18:00 神 宮 
05/26 木 ○3-1 オリックス 18:00 神 宮 
05/28 土 ●2-3 西 武 14:00 西武ドーム 
05/29 日 ●1-10 西 武 13:00 西武ドーム 
05/31 火 ○3-1 ロッテ 18:15 QVCマリン 
06/01 水 ○3-2 ロッテ 18:15 QVCマリン 
06/03 金 ●0-9 日本ハム 18:00 神 宮 
06/04 土 ○5-1 日本ハム 15:00 神 宮 
06/05 日 ○13-5 楽 天 15:00 神 宮 
06/06 月 ○5-4 楽 天 18:00 神 宮 
06/08 水 ●0-7 オリックス 18:00 京セラドーム大阪 
06/09 木 △1-1 オリックス 18:00 京セラドーム大阪 
06/11 土 ●1-4 ソフトバンク 13:00 ヤフードーム 
06/12 日 ○3-1 ソフトバンク 13:00 ヤフードーム 
06/14 火 ○6x-5 西 武 18:00 神 宮 
06/15 水 ●0-8 西 武 18:00 神 宮 
06/18 土 ○3-0 ロッテ 14:00 神 宮 
06/19 日 ●1-7 ロッテ 13:00 神 宮 


【6 月】 

06/24 金 ○2x-1 横 浜 18:00 神 宮 
06/25 土 ○4-1 横 浜 14:00 神 宮 
06/26 日 ●1-4 横 浜 14:00 神 宮 
06/28 火 ○4-1 巨 人 18:00 郡 山 
06/29 水 △5-5 巨 人 18:00 郡 山 
06/30 木 △4-4 巨 人 18:00 東京ドーム 
 

【7 月】 

07/01 金 ○4-1 広 島 18:00 マツダ 
07/02 土 ●5-6 広 島 14:00 マツダ 
07/03 日 ○7-3 広 島 13:30 マツダ 
07/05 火 ○5x-4 巨 人 18:00 静 岡 
07/06 水 ○4-2 巨 人 18:00 神 宮 
07/07 木 ○3x-2 巨 人 18:00 神 宮 
07/09 土 ●0-6 阪 神 18:00 秋 田 
07/10 日 ○3-0 阪 神 13:00 秋 田 
07/12 火 ○6-4 中 日 18:00 神 宮 
07/13 水 ○6x-5 中 日 18:00 神 宮 
07/14 木 △2-2 中 日 18:00 神 宮 
07/15 金 ○2-1 巨 人 18:00 東京ドーム 
07/16 土 ●3-6 巨 人 14:00 東京ドーム 
07/17 日 ●2-3 巨 人 14:00 東京ドーム 
07/18 月 △2-2 横 浜 18:00 横 浜 
07/19 火 ○6-3 横 浜 18:00 横 浜 
07/20 水 中止 横 浜 18:00 横 浜 
07/26 火 ●3-6 広 島 18:00 神 宮 
07/27 水 ○3-2 広 島 18:00 神 宮 
07/28 木 ●5-6 広 島 18:00 神 宮 
07/29 金 ○2-0 巨 人 18:00 福 島 
07/30 土 △2-2 巨 人 18:00 神 宮 
07/31 日 △6-6 巨 人 18:00 神 宮   

【8 月】 

08/02 火 ○1-0 中 日 18:00 ナゴヤドーム 
08/03 水 △1-1 中 日 18:00 ナゴヤドーム 
08/04 木 ●1-2 中 日 18:00 ナゴヤドーム 
08/05 金 ●1-2 阪 神 18:00 京セラドーム大阪 
08/06 土 ●1-6 阪 神 18:00 京セラドーム大阪 
08/07 日 ●2-5 阪 神 18:00 京セラドーム大阪 
08/09 火 ●0-1 広 島 18:00 マツダ 
08/10 水 ○6-1 広 島 18:00 マツダ 
08/11 木 ●3-4 広 島 18:00 マツダ 
08/12 金 ●1-4 阪 神 18:00 神 宮 
08/13 土 ○8-2 阪 神 18:00 神 宮 
08/14 日 ●7-8 阪 神 18:00 神 宮 
08/16 火 ○5-1 横 浜 18:00 神 宮 
08/17 水 △10-10 横 浜 18:00 神 宮 
08/18 木 ○2-0 横 浜 18:00 神 宮 
08/19 金 ●2-3 巨 人 18:00 東京ドーム 
08/20 土 ●2-7 巨 人 18:00 東京ドーム 
08/21 日 ○3-1 巨 人 14:00 東京ドーム 
08/23 火 ○2-0 中 日 18:00 神 宮 
08/24 水 △6-6 中 日 18:00 神 宮 
08/25 木 ●3-5 中 日 18:00 神 宮 
08/26 金 ●4-9 阪 神 18:00 甲子園 
08/27 土 中止 阪 神 18:00 甲子園 
08/28 日 ●0-1 阪 神 18:00 甲子園 
08/30 火 ●2-3 広 島 18:00 神 宮 
08/31 水 ●2-10 広 島 18:00 神 宮  

【9 月】 
 
09/01 木 ○4-2 広 島  神 宮 
09/02 金 ○4-2 巨 人  神 宮 
09/03 土 ○10-7 巨 人  神 宮 
09/04 日 ●1-4 巨 人  神 宮 
09/06 火 ○8-3 横 浜  横 浜 
09/07 水 ○4-0 横 浜  横 浜 
09/08 木 ○7-3 横 浜  横 浜 
09/09 金 ○4-2 阪 神  神 宮 
09/10 土 ○6-2 阪 神  神 宮 
09/11 日 ○4-2 阪 神  神 宮 
09/13 火 ○4-1 広 島  マツダ 
09/14 水 ○7-6 広 島  マツダ 
09/15 木 ○8-1 広 島  マツダ 
09/17 土 △2-2 横 浜  神 宮 
09/18 日 ●2-4 横 浜  神 宮 
09/19 月 ○3-1 横 浜  神 宮 
09/20 火 ●1-6 巨 人  東京ドーム 
09/21 水 中止 広 島 神 宮 
09/22 木 ●2-3 中 日  ナゴヤドーム 
09/23 金 ●2-6 中 日  ナゴヤドーム 
09/24 土 ●2-3x 中 日  ナゴヤドーム 
09/25 日 ○6-1 中 日  ナゴヤドーム 
09/27 火 ○8-4 阪 神  神 宮 
09/28 水 ○8-5 阪 神  神 宮 
09/29 木 ○7-4 阪 神  神 宮 
09/30 金 ●0-5 横 浜  横 浜 

【10 月】 
 
10/01 土 ●3-10 横 浜  横 浜 
10/02 日 ○4-3 横 浜  横 浜 
10/04 火 ●3-9 阪 神  京セラドーム大阪 
10/05 水 ●0-3 阪 神  京セラドーム大阪 
10/06 木 ●1-7 阪 神  京セラドーム大阪 
10/07 金 ○1-0 広 島  神 宮 
10/08 土 ●4-7 広 島  神 宮 
10/09 日 ○4x-3 広 島  神 宮 
10/10 月 ●0-3 中 日  ナゴヤドーム 
10/11 火 ●1-3 中 日  ナゴヤドーム 
10/12 水 ●3-4 中 日  ナゴヤドーム 
10/13 木 ●0-2 中 日  ナゴヤドーム 
10/14 金 ●1-10 阪 神  神 宮 
10/15 土 ○3-1 横 浜  横 浜 
10/18 火 ○4-0 阪 神  甲子園 
10/19 水 ●1-4 中 日  ナゴヤドーム 
10/25 火 ○2x-1 広 島  神 宮 

【クライマックスシリーズ】 

クライマックス セ ファーストステージ 

10/29 土 ○3-2 巨 人  神 宮 
10/30 日 ●2-6 巨 人  神 宮 
10/31 月 ○3-1 巨 人  神 宮 

クライマックス セ ファイナルステージ 

11/02 水 ●1-2 中 日  ナゴヤドーム 
11/03 木 ○3-1 中 日  ナゴヤドーム 
11/04 金 ○2-1 中 日  ナゴヤドーム 
11/05 土 ●1-5 中 日  ナゴヤドーム 
11/06 日 ●1-2 中 日  ナゴヤドーム 

2位 70勝59敗15分 勝率.543
打 率 .244 
本塁打 85本 
防御率 3.36


ドラゴンズの厚い壁!!…

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事