マンガ、アニメ、のオススメ!〜ガンダムさんのブログ〜

稚拙な文章を壁紙やイラストなどでカバーしながら作品紹介しています。無断使用者が多いのでファン限定記事が多いブログです。

管理人の部屋

[ リスト | 詳細 ]

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/80/09/yakuruto4649/folder/870804/img_870804_21550979_46?1278933806

ここは管理者である私、ガンダムさんのプロフィールをはじめこのブログのルールや主旨などを記事にして載せています。

そして管理人の人柄がわかる、『ガンダムさんの今日この頃』をギャグを交えお贈りしています。
いちどは目を通していただければ幸いです。
 
記事検索
検索
夜風が沁みるガンダムさん
 
 〜11月編〜    
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
ご挨拶をするガンダムさん
 
  今月に間に合ったよ!
 
 
 皆様、お久しぶりでございます。
 本当は先週更新する予定が今日にずれ込んだよ…。
いや、休みの日が無かったわけじゃありませんが、休日の日には色々やる事もありますのでネットのみにかぶりついてる事も出来ないので…。
平日は昔ほど余裕がないので、どうしても休日にでないと色々出来ませんので。
しかし…昨日は小説を見てて時間を浪費したよ!(笑)
この毎月の報告記事も無理が出てきたかな…。
とりあえずは今月は秋画像で攻めます!
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
現状を伝えるガンダムさん
 
このご時世で色々と仕事で余裕が無いのはどこの職場でも同じでしょうが、コチラも色々ありますねぇ。
いや、以前に比べたらトータルでは残業など会社に拘束される時間は減ってきております。
無駄な残業はさせるなと厳命が来てるみたいですので。
ただ、どこでもあるのかもしれませんが、残業手当が付かない、実質的な残業や、通勤に時間が掛かる事、そして残業がある時は4時間は拘束されますので…。
 
 
 
給料は減っても休む時間は減ってない!
 
 
と言うのが今感じてる状態でしょうかねぇ…。
それでも以前に比べたら確実に休める日は貰えてますが、連休があれば必ず休日出勤が組み込まれるし…。
昔のようにブログ活動再開…とはいかないかな?
休日には出かけたり、平日に出来ない事をしたいし、色々見たいものがありますしね!(本音)
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
仕事状況を語るガンダムさん
 
指の骨折から3ヶ月以上経ちますが、今も指の曲げ伸ばしが十分できない状況のまま…これ治るのかな?
それでも仕事はしなくてはいけませんし…。
体の不自由もありますが、仕事自体は以前に比べたらスムーズにこなせるようになってきたかと。
 
 
ただ、私のポジションが良くてもトータルで見ると生産量がUPしきれない現状で、上から色々言われる毎日…。
誰かが休むと4時間の残業が前後に…。(戦々恐々)
日勤の前残業だと朝3時に起きて4時仕事ですよ!!
この状況が改善される日が来るのかなぁ…。
 
 
生産量を挙げるためにスピードを上げろ、効率良い作業でと言われ続け、急いだ挙句のミスが増えています。
早くやれ、効率よくやれ、ミスを無くせ…と言われる事は正しいのですが、仕事環境と人員の不足が大きく、言い訳がましいですが系列工場と同じにはいかないです。
 
 
あちらは設備は最新、そして建物自体、その環境を守る作りになってるのに対して、コチラは設備が新しいはずなのに手作業が多く、トラブルの多発する設備に建物を先に作り、その建物内に無理やり設備を収まるようにして作ったため、色々仕事で不自由な思いをしてます。
 
 
そして一番の問題は人員でしょうねぇ…。
アチラはプロとも言えるベテランで班が構成されていて、各人員が複数ポジションをこなせる人達で構成されて、皆、熟練度が高く、誰かが休んでも問題がありません。
 
それに対してコチラはようやく設備に慣れてきた所でまだ理解しきれない事も多々あります。
なにより班構成の3分の1は派遣で、熟練度に差があり
ペアを組んだ作業では、どうしても息が合いません。
来る人、辞める人の出入りも多く、そのたびに仕事を教えながら仕事をしなければならないので非効率です。
この状況で同じ結果を求められても無理ですって…。
  
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
秋アニメを見るガンダムさん
 
秋アニメが放送中の今、新しい情報として、4コマ漫画から『お姉ちゃんが来た』のアニメ化が決まりましたが、正直、以外だったかな。
いや、私は好きで見ていますが、人気度で言えば、まだうちの姉様の方が高かったと思いますので。
どうせなら『かてきょん』もアニメやってくれたらなぁ…。
『ケイくんとアヤメさんがルームシェア』でも可!(笑)
でもおそらく無理でしょうねぇ。
 
 
アニメ化…4コマでアニメ化された新しい作品では実は『生徒会役員共』の2期が一番嬉しいニュースです。
もうコミックの付録でしかやらないものと思ってました。
見る人を選ぶ作品ですが…下ネタ系ですしね!(笑)
ただ、原作のストックを結構消費してるし、どこから初めて、どこで終えるのかな?
 
 
 
秋アニメの何を視聴したら良いかわからない私。
今シーズンのアニメは@ w i n w i nさん、の教えを乞い、 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』を視聴してますが、その他の作品は機巧少女傷つかないだけですねぇ。
後は過去作品でまだ見ていない作品で面白いのではと思った作品を幾つか見てみています。
見てる作品はまたいずれ…
 
 
 
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
 
薦められて見始めたこの作品。
ヤマトで私的に消化不良気味だった戦闘シーンが満載で始まりました。
謎の大戦力、『霧の艦隊』に圧倒的な戦力で蹂躙される人類の中で、一人の青年の味方になった女性は霧の艦隊から外れてきた一隻の潜水艦でした。
霧の艦隊に対して唯一の対抗手段となった彼女に乗り込み霧の艦隊と戦う姿を描いています。
 
 
 
真っ先に浮かんだ印象は…もしかしてアニメ化された要因は今流行りの『艦これ』の要素を含んでたからじゃ…
と言うのが真っ先に浮かんだ感想でした。(笑)
人間を理解するために作られた、霧の艦隊の船が持ち始めた『メンタルモデル』という女性の姿をした端末…。
船を女性に見立てるとは!(笑)
 
 
 
 
とはいえ、話自体は(というか戦闘シーン)はかなりしっかり作られていて、あらゆる戦術を駆使して不利な戦力ながら圧倒的な力を誇る霧の戦艦を打破してゆくシーンは心躍ります。
原作もコミックで見始めましたが…アニメはやはり色々カットしてるのが残念ではありましたが、面白いです。
最新話のキリクマ…中々のキャラクターだ!(笑)
タカオと双璧を張れるのでは?(爆笑)
しかしメンタルモデルではハルナがお気に入りの私。 
 
 
 
機巧少女傷つかない
 
まだ秋アニメの何が面白いのかまったく解らない状況でとりあえずあらすじを見て、見始めたこの作品。
真っ先に浮かんだ印象は…絵柄と内容が合ってない?
と浮かんだ事ですかね。
結構重い世界観と内容なのに、絵柄が明るいというか。
ぶっちゃけ俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎると絵柄が同じなんじゃないかなぁ…って。(苦笑)
 
 
 
面白いか、面白くないかと言われると、正直、まだ何とも言えないというのが本音かな?
正直、バトルもそうですが、原作知らないし、この世界がどのような所で、バトルでも何が凄くて、基本的な戦い方や主人公のどこが凄いのかという所も理解しがたいし。
もう少し様子見ですかね。
 
 
 
 
 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
 
囮物語を終えて、私の中でも印象深い作品となった鬼物語がついに始まりましたねぇ。
個人的には『猫物語(白)』の後、『傾物語』をやって次にこの話をやってくれたなら繋がって嬉しかったんですが。
 
  
話は世界の滅亡という未来を救い、元の世界に戻った阿良々木暦と、彼を探してた八九寺真宵が出会った時に突如現れた謎の『くらやみ』に追われ、窮地になった2人の前に現れた人造怪異、斧乃木余接に助けられ、逃げた先で忍に語られる『くらやみ』についてと詳しく語られてこなかった忍の過去と初めの眷属の話…。
そして突如出現した『くらやみ』によって忍との絆を破壊された阿良々木が絆を取り戻すために取った行動は…
 
  
と、話は進んでいきます。
シリアスもあり、ギャグ要素も高く、人気のあるキャラクターもオールスターばりに揃うこの作品。
幼女と童女と少女が一堂に会するシーンに阿良々木も思わず大興奮でリミッターが外れて大暴走!!(爆笑)
 
 
ただ、惜しむらくはこの話もTVの都合か、原作のシーン色々カットしまくってるのが非常に残念…。
ギャグのシーンもですが(これが非常に残念)シリアスで忍を想う阿良々木の感情などもほぼ省いています。
省いたシーンは一瞬だけ写る文字で表現されてるシーンで表してはいますが…早くて見えないよ!!
それと忍の過去編が紙芝居表現は賛否があるかと…。
 
 
 この話は傾物語とは逆でタイトルこそ鬼物語ですが、話のメインヒロインは八九寺真宵です。
傾物語のヒロインが忍でしたしね。
しかし…やはり長い尺度でやって欲しかった。
特に3者そろい踏みのギャグはもっと見たかった。
しかし我ながら画像がやっつけ仕事になってるなぁ…。 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
ストーブリーグ開幕に湧くガンダムさん
 
祝・巨人敗戦!
 
楽天日本一達成!!
 
 と、他人の不幸を喜ぶろくでなしな私。(クックックッ!)
いや、自虐的ではありますが、最下位で終えたスワローズと巨人では戦力差がありすぎてるのは自覚してますしお花畑な妄想とは縁のない私的には実力で巨人に勝てない今、他人便りで喜んでも致し方が無いかと。(悲)
(でも日本シリーズで楽天日本一は東北には朗報です)
 
 
リリーフ勝負に持ち込まなければ楽天の勝利は可能だと思ってましたが、まさかマー君が打ち込まれるとは思わなかったので想像以上にギリギリの勝利ですねぇ。
でも私的にはどちらが勝っても楽しくないし、ぶっちゃけ日本シリーズよりもストーブリーグ開幕した今の方が色々と楽しいのですがね!(笑)
 
 
どこがどんな補強をするか…自軍にどんな選手が加わって来季を戦うか考えれる今が一番楽しい時期かと。
でも…ドラゴンズ中田の補強も無理なんだろうなぁ…。
個人的には不可能でも大リーグにいる中島が欲しい!
遊撃手で打てるし、日本人で中軸をまかせられ、攻守で今のスワローズの問題点を埋められるし。
日本人がスワローズに居ないし…。
今季の補強はもしかして…真田だけ!(恐怖)
(ムネリンはそこまで欲しいとは思わない私)
これもすいかさんなら私の気持ち、解ってくれるハズ!
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
ドラフトを総括するガンダムさん
 
最下位で終えたシーズンを巻き返すべく最初であり最大の補強になる今シーズンのドラフト…。
感想はそれなりに上手くはまとめた印象ではあります。
1位こそ外しましたが私もイチオシの杉浦稔大投手を確保できたし、不足気味の投手…特に左投げ投手を確保してるし、及第点は与えられる結果だとは思います。
おそらく…同じファンの方々も同じ感想ではないかと。
もっとも社会人など即戦力中心の指名とはいえ投げてみないと分かりませんがね。(苦笑)
 
杉浦投手は昨年のライアン小川投手と違い、見た感想は即戦力型というよりも素材型という感想です。
昨年の小川を見た時、彼は間違いなく新人王を狙えると確信したのに比べて、杉浦は日米野球の映像を見る限りは即一軍で結果を出すレベルには見えませんでした。
でも大物になる素質はあるみたいですし、将来は館山タイプの投手に大きく育ってくれれば嬉しいですねぇ…。
 
 
ただ及第点は与えられても満点には程遠い結果です。
特に今季最下位で与えられるウェーバー方式で先に指名できる2位で確保するべき選手がショートの西浦直亨選手で良かったのか?…と。
この選手の事は知らないし、良いとも悪いとも言えませんが最下位に与えられる最大のアドバンテージである2位こそ1位級の投手を指名するべきではなかったかと。
ただ宮本が引退するから穴埋めに大学で実績のあるだけの選手を指名したんじゃないかと…。
彼を指名する意味は今いるショート候補はダメと…?
指名してしまった以上、外れでない事を祈ります…。
 
 
そして下位で指名した捕手の藤井亮太選手…。
水野が抜け、捕手枠が空いたとはいえ、何故、今25歳という年齢の選手を指名するの?相川もいるのに…。
今までもほぼ使わないのに新田や昨年指名の星野、そして便利屋としてトレードで田中を獲得しているのに…。
本気で指名するなら下位でも阪神が獲得した大学№1梅野隆太郎を指名するとかするなら解かりますが…。
捕手以外も出来るって、それ田中と被ってない??
私なら下位で指名するなら将来を見据え、打撃が良いとか一芸に秀でた高校生の選手を指名しますがねぇ。
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
獲得選手を悔やむガンダムさん
 
チーム状況を見る限り、今季の補強方向が即戦力投手に向かう事は避けられないのは重々承知しています。
私が望む高校生主体の健全なドラフトは夢のまた夢…。
それは仕方がないかもしれませんが、正直、もっと上手く立ち回る事が出来たんじゃないかと思います。
私の評価では1位をことごとく外したとはいえ、明確な補強をしたファイターズや即戦力と将来期待の選手をバランスよく指名したオリックス、そして目ぼしい選手がいないとみるや将来を見据え、高校生主体のドラフトにシフトした巨人などのドラフト戦略に好評価しています。
 
 
1位こそ私も注目してた杉浦を何とか指名できましたが
2位に即戦力投手を指名出来ていないのが残念です。
即戦力を望んだチーム環境こそ理解できますが、それならそれで指名できる選手は色々いたのに残念かな。
特に即戦力と将来性の中間にあたる魅力的な選手が
大学生に大勢いました。
 
私が目を付けてた選手では…
 
ファイターズ6位 白村明弘投手 慶應義塾大
ソフトバンク育成枠 石川柊太投手 創価大
ファイターズ3位 岡大海内野手 明治大
西武4位 金子一輝内野手 日大藤沢高
広島2位 九里亜蓮投手 亜細亜大
 
などに注目していました。
ちなみに社会人選手は解かりません!
他にもいますが高校生は進学してますので…。
 
 
特に下位で指名できるなら将来は小川以上になるという素質を持つライアンの後輩である石川や、色々問題はありますが、本来はドラフト1位候補だった慶大の白村は本当に逃すには惜しい人材でした…。
来年は何人1軍で働くのかなぁ…。
 
  
 
※この画像と記事との関連性はありません
お別れの挨拶をするガンダムさん
 
と、いうわけで今回は秋画像で攻めてみました。
しかし、いつまでも報告記事を続けるのもどうかな。
来月分で報告記事を終えようかなぁ…。
 
さて、今日はここまでにしておきますね。
今日から遅出で夕方5時から仕事ですが、前4時間残業ありで、昼1時から仕事があるんで、昼メシ食べてから12時には家を出ないといけないので…。
そして帰宅は遅出なのでモチロン次の日…。
前4時間残業は長いなぁ…夜風が身に沁みますよ…。
温かくなる春を切に望みます!
では来月もガンダムさんのブログでお会いしましょう。
 
 
 
11月 秋風が沁みるガンダムさんより 
 
*+*+秋麗*+*+
先行き不安なガンダムさん
 〜10月編〜    
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
ご挨拶をするガンダムさん
 
  祝・新人王当確!!(仮)
ライアン小川選手
16勝&最優秀勝率!!
 と、先月と同じく、嬉しさのあまり、思わず叫んだ私
しかし、石山よ…小川の17勝目を消すなよ…。(怒)
もっともチームはCSともまったく縁がなく、最下位が確定してシーズンを終えた悲しいチーム状態です…。(悲)
(若手選手の躍動で優勝した2軍の頑張りも朗報です)
 
 
しかし…3冠王を狙えるほど圧倒的な力のある4番打者と最多勝投手を獲得した新人エースと揃っていて、それで最下位て、いったいどんなチームなんだろ?(苦笑)
すいかさんなら私の気持ち、解ってくれるハズ!(笑)
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
ブログの今後を考えるガンダムさん
 
作りかけの記事の完成などのブログ活動をやる気力があいかわらず湧かないので、しばらくは、この現状報告記事を毎月UPするくらいかな…。
余裕があれば今後の方針も深く考えていきたいものですが、今考えてる事は、いったんこのブログでの活動を終えて、今後の事を考えようかな…と。
 
 
でも、ブログの閉鎖は考えていません!
 
 
時間の都合もありますが、このブログを辞めて新ブログで改めて記事を作り、記事ストックが溜まったらUPしていくのも良いかなとも考えています。
このブログはその時もこのままにしておきますよ〜。
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
仕事状況を語るガンダムさん
 
指が完治せぬまま今も仕事をこなす私。
あれから2ヶ月以上経ちますが、今も指の曲げ伸ばしが十分にできず不自由しております。
現場は設備の改善が進んで突発的なトラブルはかなり減りつつあります。
人員も今の設備では無理があるのが解ったのか手の空いてる所から来てもらえるようになりました。
 
 
が、元々が無理のある設備で、来てくれる人員も素人同然の人を寄越されて生産UPしろと言われても…。
今は上長2人が現場で監視して指示や注意をしながらの環境で仕事をしています。
確かに自分達にはまだまだ改善する余地があるのかもしれませんが…仮に100%な動きが出来ても目標達成は無理があるかと思います。
 
 
そもそも今だに設備上のトラブルで止まる環境に他の系列工場とは扱う材料も違う上に自動化には程遠い今のラインで机上の生産量を叩き出せと言われても…。
これから毎日、今の環境で仕事と考えると憂鬱です…。
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
アニメ化発表に喜ぶガンダムさん
 
この過去記事でもアニメ化の予想として取り上げましたが『魔法科高校の劣等生』のアニメ化が決まりました。
内容のある作品が評価されるのは良い事です。
ただ…今流行りの萌え要素やギャグ要素はあまりない作品なので、どこまで受け入れられるか…。
『伝説の勇者の伝説』みたいに打ち切られるかも…。
 
 
アニメ化…ニセコイやるし後は『暗殺教室』だけだな…。
どうせなら『進撃!巨人中学校』もアニメ化してくれたら
色々楽しそうなんだけれど!(笑)
ちみキャラ劇場のアニメ化でも化!(笑)
公式サイトの4コマの進撃も面白かったし。(爆笑)
 
 
 
夏アニメがほぼ終え、秋アニメがはじまりました。
が、今シーズンのアニメはまだ何も見ていません。
前シーズンより引き続いて『物語シリーズ』を見てる私。
今シーズンは何を見れば良いのか…?
おススメ作品は何があるんだろ?
@ w i n w i nさん、教えて!(爆笑)
ですのでこの記事でも先月までのアニメの感想を…。
 
 
 
 
進撃の巨人
 
全体的には満足な出来だったこの作品。
ただ…惜しむらくは終盤の改変…アニとの邂逅と戦いの内容には不満があった改変だったかなぁ…。
作者の希望があったとはいえ、アルミンに追いつめられたアニの爆笑には違和感ありまくりだったです…。
 
 
巨人同士の戦いも市街戦バトルこそ良かったんですがエレンの魅力である心の強さが無く、巨人化とバトルではアルミンの知恵に自分を保ってるエレンの協力と、ミカサの力を合わせて女形の巨人を倒すはずがエレンの暴走で決着がつくという改変は残念だったかなぁ…。
 
 
 
とある科学の超電磁砲S
 
絶望的な状況で以前と同じように一人で行動を起こそうとする御坂美琴だが、以前の反省を生かし皆に協力を願い圧倒的な戦力を誇る相手に挑みます。
アンチスキルの協力が得られない美琴のために駆けつけてくれる仲間たちの前に立ちはだかるは2万体のパワードスーツの群れ…。
 
 
皆を信じて進む美琴の前にも圧倒的な戦力が立ちはだかります。
フェブリを守りながら戦い抜き、疲れ果てる美琴のピンチを救ったのは暗部の『アイテム』のメンバーでした。
 
 
この戦いの元凶である相手の前に立ちはだかり相手を止めたかに見えたが、自暴自棄になった相手が取った行動で再び絶望的な状況になります。
ジャーニーを暴走させ、学園都市そのものの壊滅を図る状況を打破するため仲間の力を借り、衛星軌道上から迫りくる絶望に挑みます。
そして…。
 
 
 
アクセラレータ編が終わり、オリジナルのお話…
御坂美琴ヒーローアニメとしては良かったのかな…と。
ただ、私的にはどうなんだろうなぁ…って。(苦笑)
いや、声優もビジュアル的にも悪くはありませんよ。
 
 
ただ、『とある魔術の禁止目録』が好きな人から見たら作品内容には満足いかないんじゃないかな…と。
おそらく3期にやるであろう大覇星祭に期待しますか。
 せもて黒子と結標のバトルをやってくれてたら…。
 
 
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
 
いや、この話、アニメ化されると原作では伝わらなかった臨場感が感じられましたねぇ…。
最初の千石の語りから始まる物語のプロローグ…そして阿良々木暦&忍との邂逅…。
殺しあう運命を受け入れる双方。
圧倒的な力を持って2人を襲う撫子…。
 
 
話はさかのぼり、いつもの日常から始まりますが、その日常が崩れるのは忍野メメの姪を名乗る忍野扇と撫子との出会いからでした。
白い蛇の神様で、『くちなわ』と名乗る蛇との出会いからなし崩し的にご神体探しをすることになった撫子が見つけた所は大好きな『暦お兄ちゃん』の部屋でした。
目的を成し遂げ、くちなわさんから願いを叶えてもらえる撫子が願ったのは暦お兄ちゃんと両想いでした。
その願いを部屋に戻った暦に聞かれた彼女は…。
 
 
くちなわさんの声に違和感を感じましたし、相変わらずの原作カットはありまくりでしたが、全体的にスリリングで良く作られてるかと思います。
カットされた所で前髪を切られた千石の叫びを聞きつけた暦と月火とのやりとりと、火憐の召喚を見たかった!
個人的には囮物語の前に、前回の話の続きでもある鬼物語を先にやってくれてたらなぁ…。
 
 
宇宙戦艦ヤマト2199
 
長かった旅を終え、デスラーの計略も退けついにイスカンダルへたどり着いたヤマトクルー。
そこでは古代守がスターシャの介護を受けながらも地球に帰れず息を引き取ったという事実でした。
 
 
守のメッセージとコスモリバースシステムを受け取ったヤマトは一路、地球へと旅立ちます。
しかし、そこに立ちはだかるは死んだと思われたデスラー率いる艦隊が罠を張って立ちはだかる。
ガミロイドに占拠されるヤマトに乗り込むデスラー。
デスラーと再び出会った雪にアクシデントが。
デスラーに打たれる雪、デスラーも古代に打たれる。
 
 
デスラーの執念をも退けたヤマトだが、雪は致命的な怪我を負って古代に見守られることなく命を落とす。
悲しみに暮れる古代、そこにコスモリバースシステムと化した兄、守が奇跡を起こす。
懐かしい地球に帰還するヤマトクルー。
沖田艦長は家族の写真を手に呟きます。
「地球か…何もかも、皆、懐かしい…」
そして地球に見守られながら静かに息を引き取る…。
 
 
作品の出来には大きく満足な私。
しかし改変には正直、良かった点もありますが、また続きをやるのに問題の出る改変には疑問な私。
ヤマトにもガミラスにもドラマがあり、その改変には満足しています。(藪の最後には笑ったよ!生きてたんだと)
でも戦闘の削減とガミラス星での内容変更はどうも…。
もっとバトル要素が個人的に欲しかった私。
 
  
 
 
ロウきゅーぶSS
 
原作も終え、それに合わせたかのようにアニメも終了しましたねぇ。
アニメ版では試合をほぼカットしていましたが、さすがにこの試合はやりました。
 
 
大筋こそ原作通りなんですが、小説何冊分カットしたのかというほどの改変で、繋ぎ繋げて1本のアニメに仕上げたという印象です。
 
 
アニメだけ見てる方には本格的にバスケをしていたシーンに驚いたかもしれませんが、原作は萌え要素やキャラ同志のギャグこそあれ、マジメなスポコン作品なんですよ、この作品。 
 
 
とりあえずはキレイに原作の最後までやり通したとは言えますが、残念な作品になったなぁ…。
原作はまだ時系列を戻してやるんで、アニメも…いや、それは不可能か。
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
チーム再建状況を見守るガンダムさん
 
最下位確定でシーズンを終えた我がスワローズ。
個人や若手でこそ収穫はありましたが…。
小川監督の続投は変わりがいないからであって実力を買われたわけじゃないんでしょうねぇ…荒木はアレだし。
荒木の解任は当然で、そもそもこれまでも結果を出してないのに次期監督候補というだけでいただけですし。
2軍を優勝に導いた真中の昇格と次期監督候補の池山の2軍監督の配置は無難な編成かと。
 
 
ただ、内野守備の崩壊を見てるだけに城石が残留で、飯田が解雇というのは納得いかない人事だ…。
外部からはカツノリと高津が入閣予定らしいですが…。さて、その人事はどうなることやら…。
小川監督は嫌いじゃありませんが最初の頃のような攻めの采配を全くせず、守りの采配ばかり目立ちます。
もし来季も変わらないのならシーズン途中での解任&2軍優勝の立役者、真中の監督代行もありうるかと。
高田の歴史は繰り返されるか…。
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
チーム編成を考えるガンダムさん
 
投手を見ると、今年の傾向は先発投手が整備されてるチームほど上位に食い込む傾向がありますかね。
巨人や楽天、打線は弱くともカープなど。
そうなると小川だけのスワローズの最下位も納得です。
 
先発はロマンの去就が不明確ですが…館山が戻らない限り来季も苦しい事だけは間違いないでしょうねぇ。
痛いのはドラ1、4兄弟が全滅状態な事です。
先発候補は今季、色々試していますが、まだ未知数で
計算は出来ないでしょう。
 
リリーフはバーネットが立ち直れば立て直しが可能だと思っています。
石山や山本哲にはまだ抑えはさせたくないですねぇ…。
 
 
 
打線は外国人打者を二人とも外野なのとショート候補が全て消えてるという歪な状況を改善して欲しい…。
外野が2枠日本人を使えれば色々応用のある布陣が組めるし、要であるショートが決まれば守備も安定します。
 
川端を中心に荒木、川崎、松井淳、山田、谷内、上田と今季ブレイクした選手達に雄平やベテラン選手が組み合わさる打線は決して他チームに劣っていません。
ただ川端、守備位置も安定しないし1年働かないなぁ。
山田がショート出来れば最善ですが無理なのかな…?
 
補強はドラフトと外国人投手なんでしょうがFAの中田と海外の中島の話がありますが…無理でしょ?(苦笑)
それより中日に相川流出するのを阻止する方が先!
補強よりも宮本が残ってくれてたら…。
せめて次代の遊撃手を育ててからにして欲しかった! 
 
 
 
と、いうわけで今回はハロウィン画像で攻めてみました。
さて、今日はここまでにしておきますね。
明日は朝から休日出勤で仕事がありますので…。(悲)
生産量を上げないと休日出勤で穴埋めされるんです。
日々の生産量でも少ないと残業が…。(悲)
また来月、ガンダムさんのブログでお会いしましょう。
 
 
 
10月 行く末に不安なガンダムさんより 
 
*+*+爽秋*+*+
精神的に参るガンダムさん
 〜9月編〜    
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
ご挨拶をするガンダムさん
 
  祝・新記録!!
バレンティン選手
シーズン本塁打56号!!
 と、嬉しさのあまり、思わず叫んだ私
試合では57号も打っていますが目指せ60号本塁打!
もっともチームはCSともまったく縁がなく、ぶっちぎりで最下位を独走中の悲しいチーム状態です…。(悲)
今シーズンの楽しみは、バレンティン選手のホームラン新記録と小川投手の新人王ぐらいしか見どころが無いシーズンですかねぇ…。
(あとは若手選手の台頭と、2軍の優勝争いかな?)
 
 
 
 
 
9月も半ばの、今日、ブログ更新した私。
今も、アニメ記事が2011年5月から事実上、更新停止状態の私のブログですが、訪れてくれる方々をガッカリさせないよう、ファン限定記事(ブログリンク限定)を毎月、解除してました。
ファンの方々には非公開でUPしてある記事を完成させたものをファン限定記事として見えるようにしてました。
 
しかし…
今の私は記事を作る気になれない!
 
 
時間の都合もありますが…作る気になれない、最大の理由は、過去の作りかけの記事を完成させるために使う画像がPC買い換えてWindows7にしてから画像フォルダの画像の並び順が変わってしまった事ですねぇ…。
おかげでどの画像が過去に使った画像で、どの画像が今度UPする画像かまったくわからなくなった事です。
ブログを辞めるべきかなぁ…。
 
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
現状を報告するガンダムさん
 
先月、骨折した指が完治せぬまま仕事をこなす私。
14日に医者で再びレントゲン検査の結果は…完治はしていませんが、慣らすために使っていって構わないとの診断でしたが…今現在、中指と薬指、曲げ伸ばしがほとんど出来ない状態です…。
見た目も腫れてるし、骨には異常がないとの事でしたが指は痛いし、これ…骨以外はダメな状態なのでは…?
 
 
暑さも緩み、以前に比べれば比較的過ごしやすくなってきている今日この頃…仕事はあいかわらず…かな?
残業時間こそ減ってきてはいますが、通勤だけでも以前に比べるとかなりの時間を費やしますし、残業が付かない残業はあります。
(仕事前の掃除や終礼後の報告やデータの整理など)
実質毎日残業をしてる状態かと。 
 
※この画像と記事との関連性はありません
  
理不尽な仕事に疲れるガンダムさん
 
新しく出来た新工場で慌ただしく働く毎日を過ごす私。
以前に比べれば慣れてきてはいます。
設備のトラブルも最初の頃に比べたら少しずつではありますが改善も見られます。
それでも、まだまだチョコ停やトラブルが多く、生産量が計画してる量には程遠く、試行錯誤の毎日です。
 
 
 
新たな工場は茨城で研修で使ってた設備をモチーフにして作った最新の設備のはずなのに、研修先の設備よりも大きく劣る設備なんですよ…。
研修先では、とにかく社員は生産力を落とさぬよう必要な事以外は機械が自動でやってくれる設備でした。
新工場の設備は生産に集中したくとも生産以外にする事が多く、設備のトラブルが無くとも研修先の生産ペースは物理的に不可能かと思っています。
 
 
 
 
しかし私達の苦労は上の方々には知られず、数字だけ見られると生産量は低いので、現場での改善を迫られて色々言われる毎日を過ごしています…。
ただでさえトラブルの対応や手動操作の機会が多く、生産する品物自体も少ないのに、あれをやれ、これをやれ、不良は見つけろ、でも仕事のペースは落とすな、と
無理難題を吹っかけられる日々…やってられませんよ。
 
 
 
 
言いたい事は解りますよ。
生産量を上げたい事もわかりますし、品質も落としてはいけませんし、安全にも気を付けるのも当然です。
でも…それでも言いたい事は…。
 
人に言う事を自分達は出来るんならやってみろ!
 
と、声を大にして言いたいです
(現実は声に出して言えませんが…)
そもそも機械の動きでタイムを計られて遅いと言われても品物によっては機械操作で切り替えたり、溜まったものを取り除いたり、品物によっては時間が掛かったりとやる事が多々あるのに、それを考えていません!
 
 
研修先では自動で機械がやってくれていたのに…。
他にも何故、遅れたのか、トラブル原因を記録しろとか、こういう不良が出てるから、出ないやり方を考えて生産しろとか、仕事中に手を止めてやる事が多すぎます!
言われる事を全てやってたら、その分遅れるのは当然の結果でしょうに…私達はどうすれば良いのでしょうか。
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
アニメに逃避するガンダムさん
 
仕事の苦しみから解放されるのが好きな作品を見てる時が苦しみを一時ではありますが、忘れられますかね。
巷では過去の作品のリメイクが多く見られます。
最近じゃ実写版での映画化が多いかな?
ハーロックの評価が高いと聞き及んでいますがガッチャマンは失敗したのかな?
しかし、実写版『彼岸島』の兄貴にはワロタ!(爆笑)
 
 
アニメでもヤマトのリメイクがすごく良い出来で製作者の方々の熱い思いが見受けられます。
できればガンダムもリメイクして欲しいです!!
アムロとシャアの声優さんが健在な今のうちに!!
ガンダムリメイクは私が心に秘める密かな野望!(笑)
 
 
 
 
進撃の巨人
 
女型の巨人の猛威にさらされながらも起死回生とばかりに団長の作戦で捕らえ、成果を上げたかと思いきや
相手の巨人の力が上回り、エレンを連れ去られるのを阻止したものの、リヴァイ班は壊滅、!事実上なんの成果も上げられず無残な結果で帰るエレン達…。
 
 
 
オリジナルの要素もうまく取り入れてありますが、いや、しかし、リヴァイ班のメンツの家族を出すとは…。
悲しさが倍増ですよ、あれ!
原作見てるけど、この作品、本当に容赦ないなぁ…。
エレンはずっと戦いに勝てないし、キャラは次々と死んでいってるし…。
だが、原作に忠実だし、面白い!!(笑) 
 
 
 
 
 
とある科学の超電磁砲S
 
アクセラレータ編が終わり、次は何をやるのかな…と思ってたら、やはりオリジナルのお話か…。
ここから前期のような御坂美琴ヒーローアニメとしてこの後は放送していくのか…。
それならアクセラレーター編の尺度をもっと伸ばしてやってくれたら良かったんですが…。
 
 
 
いや、今の話の出来が悪いかどうかじゃなくって…。
基本、私は『とある魔術の…』のファンですので。(苦笑)
御坂美琴無双を望むファンなら喜んでるのかな?
アイテムの登場や黒子のギャグは見れますが。(笑)
 
 
 
 
 
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
 
猫物語が終えた後、対となる話でもある傾物語が放送され、そして完結を迎えましたねぇ…。
 
 
気まぐれでやった過去へのタイムスリップした先で行なった八九寺真宵の怪異化を救ったという行動で変わった未来は人類滅亡という現実でした。
 
人類が滅亡し、吸血鬼のみの世界で阿良々木暦や忍のピンチを救ったのは交通事故から阿良々木暦に救われ、その後も生きて大人になった八九寺真宵でした。
八九寺真宵の生きてる世界は未来が人類滅亡するという悲しい現実を変えるべく阿良々木は行動します。
 
 
原作でも思いましたが、タイトルこそ傾物語でメインヒロインは八九寺ですが、内容は忍がメインヒロインで二人の絆が深く結ばれるお話です。
滅んだ世界で生きようとする2人が知った世界の真相。
そして忍野メメから託された手紙を見て1人の『女の子』を救うべく行動する2人の前に現れたのは…。
 
 
総集編やるなら傾物語の尺度を伸ばして欲しかった!
傾物語でなら忍とのやりとりや会話を…。
たとえば忍をほめちぎって女子中学生にしたやりとりとか、2人の絆が深くなる話とか、忍野の手紙とか…。
 
 
この物語じゃ残念なヒロインだった八九寺ですが、この後の話である『鬼物語』では真のヒロインとして君臨するので楽しみに待ちますか。
 
 
 
 
宇宙戦艦ヤマト2199
 
宿敵ドメル将軍を倒し、イスカンダルがガミラス本星と対となす双子星と知ったヤマトクルーはガミラスに向かう。
その前に立ちはだかるはデスラー親衛隊の艦隊…。
艦隊を振り切りデスラー総督府に突っ込むヤマトの頭上に降ってくるデスラーが罠に掛けたヤマトもろとも自分の星をも要塞で潰そうとするデスラー。
ヤマトが取った行動は…。
 
 
 
 
ただ、単純に打ち合う展開でなく、色々な思惑で繰り広げられる戦況は見どころがありましたが改変し過ぎか。
正直、最後は雪の活躍で切り抜けられましたが、相手の自滅で勝利したという印象かと。
もっと戦うヤマトの勇士が見たかった…。
本土決戦なのに1話で終わりだなんて…。
でも沖田艦長、渋くってカッコイイ!
 
 
たしかリメイク前の作品じゃガミラス星は崩壊したはず。
こんなに大幅に改編して大丈夫なのかな?
死ぬはずのキャラも生きてるし、もし、次回作を考えてるならデスラーの扱いをどうするのか…。
 
 
 
 
 
ムシブギョー
 
『蟲人』編へと突入してしばらく経ちます。
真田幸村を倒すべく立ちはだかるは真田十傑蟲。
その戦いも佳境に入りつつあります。
 
 
 
大筋は原作通りなんですが、所々改変してるんで違和感を感じるかなぁ…。
特に恋川春菊の過去を前の話で変えてるので感傷が薄い出来だし、一乃谷天間の戦いはギャグっぽいし。
今更ながら原作に追いついてきてるけれど、作品、どこで終えるのかな? 
 
 
 
 
ロウきゅーぶSS
 
原作が終えたばかりの作品なんですが、アニメの進め方もハンパじゃないな…。
いや、大筋こそ原作通りなんですが、いったい小説何冊分の話をカットしたんだろ?
 
 
 
アニメだけ見てるなら違和感感じないのかなぁ…。
せっかくの話をほとんどカットしてるんだけれど。
私が特に残念に思ったのが昴のライバルである須賀竜一との話を大幅カットした事かな。
あの話、好きだったんですがねぇ…。
 
 
 
5年生との試合も終え、因縁の相手である硯谷女学園のキャラも出て来ていますが、ここでも改変が…。
もう硯谷女学園の試合をして終えるのかな?
 
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
チームに物申すガンダムさん
 
最下位をひた走る我がスワローズ。
明るい話題はバレンテインの新記録と小川投手の新人王争いと言う現実…。
確かに投手陣崩壊が原因で、監督の責任ばかりには出来ませんが、ここまで酷くなった原因の一つは特定選手ばかりにこだわりすぎた事があるでしょう。
過去にも飯原を優遇しすぎて彼が戦犯扱いされた年もありましたし、その傾向は今年も変わっていません。
今でこそ若手が使われてきてますが、それはあくまで使いたくともケガや不調で使えないから仕方がなくという一面があります。
 
 
 
何もベテランらを使うなと言ってるわけじゃありません。
たとえばバレンティンが警戒された時、彼の後ろを打つ選手が弱すぎて歩かされると試合になりませんでした。
こんな時こそ川端をショートにして岩村や宮本をスタメンで入れて厚みを増すなどしてくれれば良いものを…。
今は宮本は代打だけだし、打ってるけど、相も変わらず飯原は優遇されてるし、人材のムダ使いだ。
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
来季が心配なガンダムさん
 
最近の試合結果を見てみると、若手を使う傾向が見えてきましたが、まだまだ不十分です。
山田を外して比屋根を1番に固定という愚行こそ改善されましたが、まだ足りていません。
ようやく2軍から川崎を上げてきましたし、投手も結果を出している選手を1軍に呼んでいます。
が、センター・飯原、ファースト・ユウイチ、ショート・川島じゃ将来が見えてきません。
使うなとは言いませんが、主戦力は若手の松井、荒木、川崎や上田などで!
…中村は何故、2軍に落としたんだろ?
 
 
 
 
さて、今日はここまでにしておきますね。
私は今日の午後から仕事がありますので…。(悲)
しかし、何とか9月の更新間に合って良かった…。
これからの休み、休日出勤ばかりだし。
しかし、来月から記事更新どうするかな…。
 
 
 
9月 精神的に疲れるガンダムさんより 
 
*+*+新秋*+*+
移籍先で働くガンダムさん
 〜8月編〜   
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
ご挨拶をするガンダムさん
 
  ブログをしねぇ
ガンダムさんは…
ただの豚だ!
 と、紅の豚のポルコのセリフでまた始まった私の記事
皆様ご無沙汰しています。
ようやく盆休みを貰え、新たな職場で働いて傷ついた体と心を癒しています。
どこかへ出かけるという気力はまったくありませんねぇ。
(とはいえ、近場への買い物くらいは出かけてますが)
 
 
 
 
休みが中々もらえず、今日、ブログ更新した私。
今も、アニメ記事が2011年5月から事実上、更新停止状態の私のブログですが、訪れてくれる方々をガッカリさせないよう、ファン限定記事(ブログリンク限定)を毎月、解除してました。
ファンの方々には非公開でUPしてある記事を完成させたものをファン限定記事として見えるようにしてました。
 
 
 
まぁ…今月もお盆休みとはいえ、休みの期間が短いし、他にもやる事があるので準備はしておりません。(苦笑)
したがって今月も新しいアニメ記事は無しですよ〜。
…というか、今のままだとブログやるのも苦しいなぁ…。 
 
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
疲れ果てるガンダムさん
 
研修から帰ってきて、待ち受けていたのは過酷な日程の中、仕事をする現場でした…。
想像以上に生産が追い付かず、休日出勤や残業を毎日フルに行う毎日、研修先が精神的に参るなら、コチラは肉体的にボロボロになる職場でした。
 
 
そんな毎日を送ってる、とある日、新工場の準備が整い移籍して仕事をする日程が決まりました。
3交代で稼働するという事で、これなら1日中会社に縛られなく仕事時間の低減につながると期待してました。
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
  
研修の意味を感じないガンダムさん
 
新しく出来た新工場で働く前、同じ課の社員が一同に会しての決起集会が行われました。
(まぁ、ぶっちゃければ宴会ですねぇ)
これから皆の協力の元、会社を盛り上げていこうという趣旨の集会を行い、新たな作業場へと向かった私。
茨城で研修を終えて、新たに稼働した新工場で経験を生かすべく仕事に取り掛かった私達を待ち受けていたのは、想像してた以上の過酷な職場でした…
 
 
新たな工場のスペックは、順調に稼働するならば、国内でも有数の生産力を発揮できるというものでしたが…。
ですが実際、私達が見たのは、順調とは程遠い異常発生しまくる、まともに生産出来ないラインでした…。
少し動かしただけで、トラブル発生で止まるライン…。
社員の頑張り以前に稼働しない設備に上の方々は…
 
『機械のせいにするな!』
『もっと効率よく動け!』
『どうやったら稼働率を上げられるか考えろ!』
 
と言うものでした…。
 
 
私たちが1分1秒の改善をしても、設備トラブルで10分20分と止まったら何にもならないでしょう!
そして、ノルマを上げられなければ残業なんてつかないのに会社に残って反省や改善方法を考えろ…と。
毎日、遅くまで残って仕事と寝るだけの毎日でした。
言いたい事は山ほどありますが、一言…
効率よく動く動く以前に設備トラブルを無くせよ!
それに改善されても、おそらくは研修先ほどの生産力は発揮される事は無いでしょう。
だって設備、向こうは自動なのに、こっちは手動です!
 
 
設備が研修先と大きく変わり、手動操作が多い理由は…『予算が無い』との事でした…。
研修先で習った事が生かせない新たな職場…。
私たちは何のために研修に行ったんだろ?
そんな酷い職場で炎天下の中、設備の異常を直しつつ生産をわずかでも上げようと頑張った挙句、私は…
 
指を骨折しました!
 
まぁ、大袈裟なものではなく、つまずいて手を着いた時に指の付け根を剥離骨折したという事らしいのですが。
実は…昨日、医者に行ってきて判明しまして。
休みに入るまで骨折したまま仕事してました!(苦笑)
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
アニメを堪能するガンダムさん
 
先月から新しく放送されてる作品を見ています。
(2クール以上の作品などはもっと前からみてますが)
前期のアニメは2クール以上のモノは除いて物足りなかったという印象でしたが、今季はさて、どうでしょう
見てる作品は2クール以上のモノが多いかな。
どうにも奇抜すぎる作品は見る気力が起きない私。
そもそも時間が無いので無難な作品を選ぶ私…。
 
 
 
進撃の巨人
 
オープニングも変わり、新たなステージへと話が進み、いよいよ舞台を壁外へ移し、巨人の謎へと迫る話に移行してきました。
本音を言えば、もっとエレンが壁の穴を防ぐまでの話を煮詰めて欲しかったかな…。
しかし、女型の巨人の恐怖の演出、ハンパじゃないな!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とある科学の超電磁砲S
 
アクセラレータ編が終わり一息がついた感がある現在。
尺度や表現をもっと煮詰めてくれたらという希望はあれど、キレイに終えていますかねぇ…。
今の興味は、どこまで話を引っ張るか、ですかね?
大覇星祭編は今もまだ原作はやっていますし現実的に無理かなぁと思いますが、さて…。
 
 
 
なにやらオリジナル要素を入れてはいますが、個人的にはアクセラレータ編の尺度を伸ばして欲しかった…。
アイテムのメンバー登場は嬉しい要素でしたが。(笑)
 
 
 
 
 
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
 
いよいよ待ちに待った『物語』シリーズです!
期待値という視点からだと私の中ではいちばん期待していた作品でもありますねぇ。
 
 
どういうペース配分で『恋物語』までやるのか不安ですが、期待を裏切らないで欲しいものです。
そんな中終えた『猫物語・白』はキレイにまとまっていました…。
 
 
が、話よりもまだやってない『傷物語』のキャラを出した事や暦ママを描写した事に驚きました。
エピソードのくだりはやる必要性があるかと思ったけど、暦ママはセリフと顔無でいくかと予想してましたので。
…でも、『傷物語』いつやるのかな?
 
 
 
 
 
宇宙戦艦ヤマト2199
 
この作品、実は研修先で見始めました!(笑)
同じ班の人たちが休みの日に東京見物行ってるのに私だけ残り、ネットで1話から一日かけて見ていきました。
旧作ヤマトは映画がメインでTV放送時の作品はほぼ見ていない私は記憶が無い分、新鮮に見れてますねぇ。
 
 
 
もっとドンパチやるイメージがあった作品でしたが、意外や意外、ドラマ性の高い作品だったんですねぇ…。
恋あり、策略あり、と、それもヤマトクルーだけでなく、相手のガミラスにも。
 
 
オリジナルストーリーも作品を壊さないように良く作られていてスタッフの熱意を感じられますねぇ…。
欲を言えば戦艦に重量感が不足してる点でしょうか。
見ててまるで戦闘機みたいな動きをするし。
ドメル将軍は亡くすには中々惜しい人物でした…。
 
 
 
ムシブギョー
 
今は新たなステージとして『蟲狩り』編から『蟲人』編へと突入してるこの作品。
途中、作品の改変をいくつかしてるけれど、さて…。
あら探しをしたいわけじゃないけれど、わざわざ改変する必要があったのかな?
 
 
 
それと、避けられない事とはいえ、やはり内容を省くというか、ショートカットされるのは気分的に良くないなぁ…。
月島の両親のくだりや村で出会った青年との交流、そして蟲奉行様の淡い思い…。
原作、今もこの話やってるけど、どこで終えるのかな? 
 
 
 
 
ロウきゅーぶSS
 
いや、これは…『俺妹』と同じ展開だ…。
ライトノベル作品なので多少?萌え要素があるのは間違いありませんが、ここまで露骨に内容を省いて萌え要素のみ残されると、もはや別作品だなぁ…。
 
 
この作品はライトノベル作品としては珍しくスポコン要素もあり、ドラマ性あり、主人公が教え子と共に成長していく作品として評価してたんですが。
 
 
1期にも思いましたが、物語の肝心な部分であるはずのバスケの試合をカットするのは本末転倒じゃない?
私が気に入ったのも素人同然の女子バスが主人公の戦略と友情で勝利し、その後も成長していく所なのに。
色々話を変え過ぎだしカットしすぎ!
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
スワローズ再建計画立てるガンダムさん
 
最下位をひた走る我がスワローズ。
その最大の原因は投手陣の崩壊にあります。
これまでも幾度となく危機を迎えていましたが、それでも大崩しなかったのは投手陣の頑張りがあったからです。
しかし先発投手陣が崩壊した今、それは望めません。
投手再建こそチーム立て直しの近道なんですが…。
 
 
私は先発投手再建もそうなんですが、リリーフの再建こそチーム立て直しの近道じゃないかと思ってます。
鍵となるのがバーネットの復活だと思っています。
ここが定まれば石山や山本哲とのラインが出来ます。
先発投手陣にも頑張れば…という希望を与えれますし、他のリリーフにも良い影響を与えれるかと思います。
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
スワローズの未来を願うガンダムさん
 
最近の試合結果を見てみると、ようやく若手を使う傾向が見えてきました。
それがチームに良い結果をもたらすという事を遅まきながら気がついてくれたんでしょうかねぇ…。
飯原や押本など、実力や結果を伴わない選手を監督が特別待遇して使っていた事がどれだけチームに悪影響を与えていた事か…。
 
川崎や谷内を上げてこないし、ちょっとでも結果を出さないと特定選手を使うなどまだ完全じゃありませんが…。
私の理想は育てるなら山田は1番でレフトは後ろの打順にして色々な選手を試して欲しいのですが…。
監督の理想なのか、どうしても比屋根を固定して形を作りたいみたいですが、使うなとまでは言いませんが将来を考えるならば彼の固定は違うのでは…?
 
 
 
 
さて、今日はここまでにしておきますね。
明日から私、仕事がありますので。(憂鬱)
もっとネットに時間を振り分けたいのですが、今の職場に慣れるまで無理っぽいかな?
通勤だけでかなりの時間使うし、憶える事も多いし。
3交代ですので慣れれば時間作れるかな…。
骨折してる指を直すため安静にしたいけど仕事が…。
誰か助けて!(苦笑)
じゃ、また、会えたなら来月の記事にて!
しかし、アッツいなぁ…。
 
 
8月 移籍先で苦しむガンダムさんより 
 
*+*+猛暑*+*+
研修を終えたガンダムさん
 〜7月編〜  
 
 
 
イメージ 1
※この画像と記事との関連性はありません
 
ご挨拶をするガンダムさん
 
  久しぶりのブログか…
何もかも皆、懐かしい…
 と、沖田艦長のセリフでまた始まった私の記事
皆様ご無沙汰しています。
色々ありましたが、研修を終えて帰ってきました!
いや、慣れない環境での生活は疲れましたねぇ…。
でも、こうしてブログをしてると、ようやく元の生活に戻れたんだと実感しております。(笑)
 
 
休みが中々もらえず、ようやく今日、ブログ更新した私。
今も、アニメ記事が2011年5月から事実上、更新停止状態の私のブログですが、訪れてくれる方々をガッカリさせないよう、ファン限定記事(ブログリンク限定)を毎月、解除してました。
ファンの方々には非公開でUPしてある記事を完成させたものをファン限定記事として見えるようにしてました。
 
まぁ…最近いつもですが、今回は特に帰ってきたばかりですので何の準備もしておりません。(苦笑)
したがって今回も新しいアニメ記事は無しですよ〜。
 
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
意地でもアニメを見るガンダムさん
  
住む所はレオパレスという環境で色々不便を感じましたが、元々、細かい事は気にしない私でした。
(それでも、出来る事ならもうレオパレスはご免だよ…)
茨城への出張での私生活での懸念材料にネットが出来ない事が私の中では一番の心配事でした。
新聞は見れないし、テレビも不規則な生活ではニュースも満足に見れない環境でやっていけないだろう…と。
 
 
そこで、出張手当を当てにしてノートパソコンを購入して研修先で繋げて見る事にしました!
研修先での休日日に何とか繋げ、視聴しました!
食い物は耐えられても情報不足には耐えられない私。
(スマホでもあれば良いのですがケータイ自体無い私)
 
 
最初の休みの日に何とか苦労はしましたが、PCをネットに接続して視聴する事が出来ました。
とはいえ、平日はフル残業でしたし、休日も丸々1日休みだった日は1日しか無かったので睡眠時間を削って、わずかながらも時間を作っていました。
おかげで平均睡眠時間は…おそらく4時間ぐらいかな?
よく倒れず帰宅できたなと我ながら感心してます。(笑)
 
※この画像と記事との関連性はありません
  
慣れない生活を送るガンダムさん
 
茨城での生活は私にとって初めての1人暮らしでした。
何をするのも自由ですが、何をするにも自分でしなければならないという事でもありました。
何が一番違ったかと言えば…やはり食生活ですかね。
自炊出来ない私にとって死活問題でもありました。
 
 
外食はお金が掛かるので弁当やレンジで温めて食べられるもの中心の食生活になりましたが。
それ以外は買い物が面倒だった事以外は洗濯や掃除はそれほど苦にならなかったかな?
 
 
 
 ※この画像と記事との関連性はありません
 
アニメを楽しむガンダムさん
 
夏アニメも真っ盛りの今、新たに視聴してる作品もありますが、それは来月にでも取り上げますね。 
今月は先月まで放送してた作品+今も続いてる作品で見てた作品の感想を話せたら…と。
紹介する作品以外にも見てるモノがありますが…。
 
進撃の巨人
 
おそらく、年間を通じても最高評価を与えられる作品へと仕上がってる会心の出来かと。
ストーリーは元々折り紙つきの出来ですし、画力不足の原作を美麗に、かつ立体起動をあのクォリティーで表現できるとは思いませんでした!
 
 
ただ、静止画やギャグシーンのカット、そして残酷さなどの緩和など残念な所もありますが…。
エレンが食われた後、ミカサがエレンを思い出して巨人に立ち向かうシーンはもっと力を入れて欲しかった!
原作でとても好きなシーンだったし!
 
とある科学の超電磁砲S
 
1期をどうも好きになれず見ていない私。
マンガでの超電磁砲は好きなだけに、この原作に沿ったストーリーである2期に大きな期待をしていました。
内容にはおおむね満足できるクオリティです。
 
 
これも惜しむらくは名シーンの尺度が足りない所が…。
オリジナルの御坂美琴のクローンと本人との邂逅…。
その後に文句を言いつつも交流を経た美琴とクローン。
その後、クローンは『一方通行』との実験で死にゆく定めにありましたが、彼女が最後に取った行動は美琴にもらったゲコ太のストラップを胸に抱きかかえる事でした…。
 
 
その後、駆けつけた美琴が怒り狂い一方通行に立ち向かい、絶望を味わうシーン…黒子のオリジナルストーリー入れるなら、このシーンを尺度伸ばして欲しかった。
そして上条さんとの橋の上での邂逅も、できたらもっと尺度を確保してくれてたなら…。 
 
 
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
 
原作すら終えていないのに、全ての話を16話で全て終えようという日程はどうなのかなと見ましたが…。
やっぱり全体的に酷い作りになってたよ…。
いや、限られた尺度の中ではむしろ良くまとまってたとは思いますが、いかんせん原作カットしすぎ!
小説何冊分カットしてるんだろ、これ?
 
 
せっかくの話が台無しだよ…。
アニメだけ見てる人には、そこまで違和感感じないかとは思いますが、原作見てる私から見たら、こんなに中身をカットしてたら唐突じゃない?と思ってしまいますよ。
ネット配信版は…やはり大幅カットされるのかな?
 
 
波打際のむろみさん
 
いやぁ、期待はしてましたが、原作からの忠実度という視点から見たら、中々良い出来じゃなかったかな…と。
特に大きな改変はしていないし、ドタバタショートストーリーアニメとしては良かったかと思います。
 
 
いえちーの声優さんが個人的に合わないとは思いましたが、おおむね満足できる出来だったかと。
内容や絵柄は人を選ぶ作品だとは思います。
個人的に2期を期待したいですねぇ…。
 
 
 
はたらく魔王さま!
 
数多くある作品から知らない作品を見ようとした私が話題になってたという理由で選んだこの作品。
想像してた以上に見れたかと思います。
最初は何この設定?という目で見ていました。(苦笑)
シリアスな過去を持つ勇者に対して、本人はマジメなつもりでも、ギャグな行動に見てとれる魔王の日常に翻弄される周りが笑いを誘います。
 
 
強敵であるはずの漆原(ルシフェル)サリエルもバトル以外では、ギャグ担当要員に成り下がるし!(笑)
特に漆原はかなり人気を得たのでは!(爆笑)
そして『カツドゥーン!!』の〆にはワロタ!(大爆笑)
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
最下位の現実を受け入れるガンダムさん
 
開幕時には正直な所、最下位の可能性こそ想像しましたが、よもやシーズン半ばでここまで選手が故障や不調でチームが崩壊するとは思いもよりませんでした。
特に深刻なのが投手陣の崩壊が酷い所ですかねぇ。
これまでも打線が振るわなかったりケガ人が出たりしていましたが、投手陣がそれを支えていました。
いまや投手の故障&不調者続出で、支えも無いです。
過去数年振り返ってみてもチーム状態は最悪です。
 
 
※この画像と記事との関連性はありません
 
ピンチをチャンスと期待するガンダムさん
 
ですが、こんなチーム状態だからこそ、ある意味チャンスとして見ています。
上位争いをしていた時には出来なかった選手起用や、チームの抜本的な改革のチャンスと私は見ています。
コマ不足な所こそありますが、今現在でも2軍から山田荒木上田など2軍で成績を残した選手が起用されていますが、使いたい選手はまだまだいますよ〜。
 
 
投手でも新人王候補の小川や勝ち星この恵まれてませんが八木や、ドラ1の石山など1軍で活躍しています。
2軍は戦力不足になるどころか、活躍する選手に刺激されてか打線の好調さもあり2軍は首位!!
1軍にいるベテランにも良い刺激でしょう。
これで平井松井などがいてくれたらなぁ…。
 
 
 
また、長々とお話してスイマセン。
久しぶりでテンション上がりまくったかな?(笑)
本当は現在の状況や研修先での出来事など語りたかったのですが、文字制限で書けなかったよ…。
向こうでは精神的に、コチラでは肉体的に辛い毎日…。
本当は皆様の所に遊びに行ったりしたいんです。
コメントをしたり返したりしたいんです。
記事の手直しもしたいんです。
ですが…休みが貰えないんですよ!!
そんな訳で中々ブログに顔を出せません!
来月からは移籍して仕事をしますが、どうなるやら。
今月はこれで失礼いたしますね。
 
 
 
7月 暑さに参るガンダムさんより 
 
*+*+大暑*+*+

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事