院長のブログ

野球少年の肘と未来を守りたい!

3連休の中日に、東青山ブルーソックスで背番号1を背負ったOBの高校2年生K太と3年生Y斗が、後輩の指導にきてくれました。二人とも中学でピッチャーとしても活躍し、今も野球を愛し楽しんでいます。

              高校生とキャッチボール             速いボールにドキドキ
イメージ 1イメージ 2


               ピッチャー指導   いつもより真剣に話を聞き、練習しています
イメージ 3イメージ 4


                         キャッチャー指導も熱が入ります
イメージ 6

                 かつてブルーソックスのホームランキング Y斗の打撃指導
イメージ 5

昔と比べて元気がないと指摘を受けた5年生。
勝っているときはよく声が出るけど、点を取られ始めると声が出なくなりますね。
上手くいかない時にどう振る舞うか、ピンチでどう行動できるか、ずっと言ってきたことです。
練習でできていないことは、本番ではできません。
声を出す、声をかける、運動神経・野球の上手い下手は関係ありません。
やろうと思えばできること、やりましょう。 
「為せば成る」です。

練習後の一言で、最初にいい所をほめてから改善点をはなす、OB二人の助言の仕方、勉強になります。
監督は高校の頃全くできていませんでした。それどころか大人になっても、ついダメ出しが先にくることも・・・
(日々反省、日々勉強)
素敵な青年に成長している二人を尊敬するとともに、誇りに思います。
また小学生の指導に来てください。ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


8月30日に野球障害ケア新潟ネットワーク幹事会がひらかれ出席してきました。
野球肘検診の結果をお知らせいたします。


平成30年1月20日、21日にエコスタで開かれた青少年野球フェスタ。
その際に行われた野球肘検診の結果です。
参加チーム:71チーム
検診受診者:1150名
結果:野球肘「上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(肘の外側の障害)」 18名(1.6%)

                      エコーによる野球肘検診(登石もお手伝い)
イメージ 1


        新潟医療福祉大学硬式野球部(佐藤和也監督と選手の皆さん)による野球教室
イメージ 2イメージ 3


平成29年度(平成29年4月〜平成30年3月)新潟県内(上越、五泉、新発田、佐渡など)野球肘検診結果
検診受診者:1808名
結果:離断性骨軟骨炎 37名(2%)

今年も12月15日(土)16日(日)にエコスタで野球フェスタ(肘検診・野球教室・トレーニング教室など)が開催される予定です。
県央の各チームの皆様もぜひご参加ください。
大きな故障なく甲子園・プロ野球・メジャーリーガー・・・・子供たちの夢を、未来を守りましょう!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

真夏の日曜日、縁あってお誘い頂いた上山杯に参加してきました。
上山ブルースターズさん、横越野球少年団さん、そして東青山ブルーソックスの3チームのアットホームな手作りの大会で、子どもたちによる審判さんへの給水なども行われました。(何か感じ取ってくれたらいいのですが・・・)
初戦は、1回どさくさ大作戦成功。その後じりじりと追い上げられるも、なんとか逃げ切りました。

昼食は呉越同舟、平気で話しかける子や恥ずかしがる子、手土産でコミュニケーションをとる子、普段と違う一面を見ることができました。
みんなでスイカも頂きました。甘くておいしかったです。
ごちそうさまでした。

2試合目、勝てば優勝の同点でむかえた最終回。
ブルーソックスは無得点、タイブレークも頭をよぎる中・・・サヨナラ負け!
くやしくて目がうるむ子もいましたが、きりかえてベーラン競争。・・・惜しくも僅差で2位

MVP表彰もあった閉会式
上山ブルースターズさん・横越野球少年団さん、楽しい夏の想い出、ありがとうございました。

                         最後はみんなで笑顔の集合写真
イメージ 1




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


7月22日(日曜日) 体験会でベースボール5を行いました。

バットもグローブも必要とせず、自分でトスした柔らかいボールを手で打ちます。(昔のハンドベース)
使う用具はゴムボールのみ、お金もかからず、小さな子も安全に楽しめます。
5人制の野球なので、人数が少なくてもできます。
塁間13m、狭いところでもできます。

イメージ 1

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が製作したbaseball 5の説明ビデオは、
74の国と地域から20万件以上のアクセスがあり、特に中南米で広まっています。
将来のオリンピック種目になる可能性もあるかもしれない、とのことです。


イメージ 2
                  競技用具も球場も必要なく、少人数でできるbaseball5

昔神社の境内や、空き地、稲刈り後の田んぼでやった野球
木の棒とコンニャクボールで楽しんだ野球
誰もが楽しんだ野球・・・子供の頃を思い出しました

気楽にできる野球が世界中に広まり、野球を楽しむ人口が増えることを願います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


                       東青山ブルーソックス  
                           ここから・・・・すべてが始まった

イメージ 1


高校野球の新潟大会4回戦が7月18日に行われました。
鳥屋野球場にはブルーソックスOB、3人の3年生がそれぞれ別の高校の野球部員として集いました。
新潟高校M也 東京学館新潟Y斗 日本文理高校Y太
(ちなみに球場当番で1年生のK斗もいました)

                    小5の時 少年少女スポーツ大会での優勝
                熱闘甲子園にも負けないくらいワクワク・ドキドキしました
イメージ 2イメージ 3


6年最後の大会、キャプテンのM也、WエースのY斗とY太で勝ち上がった西区カップ決勝でのサヨナラ負け
準優勝にも笑顔なく、みんなで号泣しましたね 
文理で甲子園に出て、プロを目指すと言っていたY太だけは泣かずに、悔しさを心の奥にしまい前を向いていましたね(高校最後の試合後のインタビューで堂々と話すY太を見て思い出しました・・・もう次に向かって歩いていることでしょう)
イメージ 4イメージ 5


高校野球で汗を流す君たち、チームのためにできることを頑張る君たち、高校野球を最後まで続けた君たち、
とてもまぶしいです。
流した汗と涙は裏切らない!
いつかまた、みんなで楽しく野球ができたらいいな。

ベスト8に残ったM也からのメール
    ✉今日の鳥屋野球場は俺とY太とY斗がいて、なんとなく嬉しかったです。
      2人の思いも背負って必ず甲子園行きます!


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事