ここから本文です
安物ラジコンヘリで遊ぶ
2010年4月よりハマっているラジコンヘリの覚書のために始めました。

書庫全体表示

 前回記事で余計な事をしてしまったというもの。

 これはチョット他の人もやっちゃいそうなので、別記事としてUP。

イメージ 1


 後ろギアを外して、何気に後輪を回すとゴリゴリした感触。

 内装3段ハブはシールドベアリングが使われていると思っていたが、カバーの隙間より鋼球の姿が見える。

イメージ 2

 前にネットでハブを分解している記事があったし、インナーギアセットも販売しているから、分解しても大丈夫だろうと軽い乗りで分解。

イメージ 3

 玉押しを外すと、ニュルッと出てきた。

イメージ 4

 この時点で外れるのはこれだけ。後はブレーキ側の玉押しを外すと出てくる。

 構造をちゃんと理解していないで思いつきで分解したのが不幸の始まりだった。

 内容物。6年も使った割には専用グリスもいい状態で残っているし、目視では摩耗も感じられない。
イメージ 5

 ハウジング側も全く問題なく見える。

イメージ 6

 ベアリング・レースともに虫食いなどなく良い状態。

イメージ 7イメージ 8イメージ 9イメージ 10



















 パーツクリーナーでガシガシ洗浄して、新しいグリス(専用グリスなんて無いのでスーパーゾイル)を塗ったくって、元の通りに組み上げる。ラチェットカムが複数あるので挿入はかなり気を使ったが失敗したらしい。

 組み上げて走ってみると、変速が変。変速途中に引っ掛かりがあり、1速に入らない。3速でペダルを逆回ししようとすると変な感じで引っ掛かり、動かない。
 どうしたんだ〜と、再度分解するも原因不明。
 2速しか使わないって言っていたし、これでいいかというわけにも行かず、ばらしては組を繰り返すも症状に改善が見えず、この日は時間切れ。

 夜の間にネットで色々調べるも、このような症例の記事はなかった。
 翌日、再度分解すると、カムを抑えているバネの一つが変形していることにやっと気づく。

イメージ 11





















 この位置についていたバネ。

イメージ 12





















 変形をペンチで修正。

 ここでやっとあることに思い当たる。

 ネットの分解記事はブレーキ側の玉押しを外して、内装ギア全体をギア側に抜いていた。その後ギア側玉押しを外して分解。当然組むのもその逆順なわけで、自分は反対から、一生懸命組んでいたことになる。
 逆順で全体を組むと、ラチェットなども入りやすい・・・。

 マニュアルなんて無いわけで、仕方ないとは思うが、気がつけばナ〜ンだと言う事だった。
 正常に組むとハブシャフトの頭がこのくらいの状態で出てくる。組違えていた時はもっと奥になっていた。

イメージ 13





















 内装3段ハブが玉押し調整可能なのが判ったことは収穫だったが、もう少し調べた後に作業をするべきであった。

 ここまで分解しちゃう方は少数と思われるが、参考になればと思い記事にしてみた。

 疲れちゃったので、ホイールの振れ取りはまた今度。
 フロントのハブダイナモも軸を回すと、壊れてるんじゃね。というくらい重いが、これはこれで仕様の模様。さすがにこちらはシールドベアリングと思うので、手を出さないほうが良いと思う。

 余計な手間はかかったが、乗ってみた感じはかなり良くなった。
 娘にも好評で、こんなにちゃんとした自転車乗るの久しぶりだ〜。との事。
 オイ、オイ、違うだろう。乗った感じは新車以上の筈だぞっと。

  • 顔アイコン

    参考にさせていただきオ−バ−ホ−ルホ−ルしてみたら、不調なギアが直りました。 ママチャリではあまり壊れる事はないようで3件の自転車屋で交換しかないっていわれたんですけど自力で直せたんで安くあがりました。 ありがとうございます!

    [ まよょん ]

    2016/3/20(日) 午後 7:22

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事