ここから本文です
サントラでちょっとブレイク♪改
オーディオ熱が再燃したものの、ヒートアップするばかりです。

書庫全体表示

記事検索
検索

全90ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブログ移行のお知らせ

イメージ 1

 投稿が出来るのも
本日限りですね。とうとうこの日が来てしまいました。

 移行するのをやめて、このままブログを卒業しようとも考えましたが、取り敢えずアメーバブログに移行しようと思います。

 訪問して下さった方々には感謝いたします。本当にありがとうございました!
イメージ 1

 やっとプロケーブルが販売するスター電器製のアイソレーション電源トランス600W・100V仕様・ギタリスト電源(ベルデンシールド電源ケーブル仕様)を導入する事が出来ました。楽天の貯まったポイントとショップの値引きクーポンの併用で、4800円引きで購入。しかも楽天ポイントも10倍で、4000ポイント以上も貰える好条件でした。その為、下位グレードのものよりも安く購入出来て、とてもラッキーでした。

イメージ 2

 このトランスは、止めの一発的な最終兵器になると思い、音質にはとても期待していました。懸念していた電源を入れた時の唸りは、ほぼ聴こえず安心したものの、夏場のせいかもしれませんが、本体が結構熱くなるのと変な臭いを放つのが気になりました。臭いは決して我慢できない程ではないのが救いです。時間が経てば、軽減されるとは思います。

イメージ 3

 トランスを余っているスピーカーベースの上に設置しました。接続は右側がプリメインアンプで、左側が電源タップです。因みに電源タップには、USB-DACとHDDオーディオプレーヤー、サブウーハーが繋がっています。

 さて肝心の音質の方ですが、楽器の音色やボーカルがよりリアルに聴こえる様になりました。後は、低音がより締まって聴こえます。生音や生音に近い、いい音に聴こえるものに対しては、音質の向上が確認出来ました。音源とRCAケーブルの相性が合っていない、余りいい音で聴けていないものは、音が悪いままに聴こえました。要は良く聴こえないものが良く聴こえる様に成る程、万能ではないと言う事です。

 鳴らし分けを確認していたら、一つの新たな問題が発生しました。先月、入力端子不足の為に購入したRCA2分配器に接続してある2系統の音(ゲイン?)が物凄く低下してしまい、ボリュームを目一杯上げてもよく聴こえなくなってしまったのです。これはまるで、AB級のアンプをA級に切り換えて聴いた時の様な感じに似ていると思いました。

 この状態を回避するには、USB-DACのコンセントを別にすればいいのかもしれまえんが、それではトランスを導入した意味が無くなるので却下です。仕方がないので、手作業で差し替えるしかないと諦める事に。RCA2分配器は、僅か一ヶ月の寿命となりました。折角、8種類の音質の鳴らし分けの環境が完成したと思った矢先にまさかこんな事になるとは、予想もつきませんでした。トホホ。

 結局のところ、電源回りからケーブル類を全てプロケーブル推奨のもので固めていたせいか、音質の向上は思っていた程激変しませんでしたこれが4万円相当の効果があったかと言えるかと言うと微妙な気がします。なので、エージングが進むのを期待したいと思います。
イメージ 1

 久し振りのビールネタとなります。先日、Yahoo!ショッピングでハイブリッドビールシーザー アウグストス ハイブリッド ラガー&IPA」とやらを購入しました。そのハイブリッドとは、重たさのある下面発酵のラガービールと軽やかな上面発酵のIPA(エール系)ビールを組み合わせたものです。個人的にもハイブリットビールなんて、今まで聞いたことも無かったので、キワモノと言えるかもしれません。

 なので、少し前からこのビールの存在がとても気になっていたのですが、賞味期限が2019年8月31日の為、通常価格の半額以下になったのを機会に5本ほど購入した次第。尚、現在は売り切れとなっています。今回購入した店がスコットランド(ウィリアムブラザーズ社)から直接輸入しているビールなので、他店では販売していないとの事。成る程、とても珍しいビールの様なので、味の方も期待していました。

 ところが、肝心の味の方は期待ハズレでした。エール系の風味が強くて、苦味も少しキツメに感じました。確かに爽やかで軽い口当たりでとても飲み易いとは思いますが、ビールとしての旨みが感じられずガッカリ。変わり物でも美味しかったら言う事ありませんが、でもまあ話のネタにはなりそうです。
イメージ 1

 本日、近所にあるイトーヨーカドーのお酒売り場で、大量の希少なジャパニーズウィスキーを発見!なんと「宮城峡」と「白州」、「山崎」の三種類がクリアケースの中に陳列されていました。うわ〜、どれも欲しい〜!

 実は先週の土曜日に行きつけの居酒屋で「山崎のハイボール」を飲んで、改めて「山崎」の美味しさを痛感したばかりでした。なので、「山崎」を購入する事にしました。勿論、お値段は希望小売価格(税込4536円)です。

 買える時に買ってストックしておくのはいいけど、飲むのが勿体無くて、本数が増えていくばかりです。
イメージ 2

 先月、RCAケーブルのベルデン82760RCA2分岐アダプタを同時に導入しました。RCA2分岐アダプタの方は、アンプの入力端子が不足してしまった為です。これで必要と思われるRCAケーブルは、全て導入出来たと思います。この状態で世界中のサントラ音源を生音で再生出来るのか、時間を掛けて検証していくつもりです。

 8月時点でのオーディオシステムの構成は、下記のとおりです。追加や変更があったら、随時訂正(赤字表示)していこうと思います。

<オーディオ機器・電源関係>
◎壁コンセント:パナソニック(NW1512KP)
 ○電源タップ:プロケーブル(重鉄タップを越えた重鉄タップ・四個口、1.5m)
  ●プリメインアンプ(PMA):サンスイ(AU-α607XR)
  ・CDプレーヤー:デノン(DCD-1650AL)
  ・RCA2分岐アダプタ:EIGHTNOO
  ・スピーカー:ダイヤトーン(DS-A5)、再生周波数帯域:42Hz〜40kHz
  ・スピーカースタンド:ダイヤトーン(DK-A5)
  ・インシュレーター:プロケーブル(ソルボセイン・6.5センチ×6.5センチ、
                   1センチ厚、4枚セット×2)
  ・スーパーツイーター:Take-T(BATPRO2)、再生周波数帯域:18KHz〜150kHz
  ・サブウーハー:ヤマハ(NS-SW500)、再生周波数帯域:20Hz〜160Hz
  ・インシュレーター:プロケーブル(ソルボセイン・6.5センチ×6.5センチ、
                   1センチ厚、4枚セット)
  ・スピーカーベース:コーラル(BS-8)
  ●HDDオーディオプレーヤー:ソニー(HAP-S1)
  ・シールド電源ケーブル:ワットゲート(1m)
  ・外付けHDD:アイ・オー・データ(2TB)
  ・ポータブルDVDドライブ:アイ・オー・データ
  ・真空管ハーモナイザー:ラックスマン(LXV-OT6)、真空管:東芝・通測用(12AU7)
  ・非メッキメガネ電源ケーブル:プロケーブル(1m)
  ●USB-DAC:ティアック(UD-501)
  ・シールド電源ケーブル:ワットゲート(1m)
  ・ラインセレクター:ラックスマン(AS-4Ⅲ)
  ・AVセレクター:マスプロ(VSW41)
 ○電源タップ:AIRBOW(ABPT-4.09V2、90cm)
  ・外付けHDD用ACアダプタ
  ・ポータブルDVDドライブ用ACアダプタ

<ケーブル>
・メインスピーカーケーブル:ウェスタンエレクトリック WE 22GA(1m)
・スーパーツイーターケーブル:ウェスタンエレクトリック WE 24GA
               (非メッキ、ブラックエナメル、60cm)
・サブウーハーケーブル:ウェスタンエレクトリック WE 18GA、復刻版(2m)
・USBケーブル(HDDプレーヤー⇒USB-DAC接続):ユニブレイン(50cm)
        (HDDプレーヤー⇒外付けHDD接続):ベルキン(2m)
        (HDDプレーヤー⇒DVDドライブ接続):ユニブレイン(30cm)
・RCAケーブル(USB-DAC⇒ラインセレクター接続):ベルデン88760(75cm)    
        (ラインセレクター⇒PMA接続):①ベルデン8412赤(1m)
                        :②ノイマン(1m)
                      :③混合用モガミ2534灰、片側銀(1.25m)
                                                        +延長用カナレ4E6S紫(25cm)
        (ラインセレクター⇒AVセレクター):ベルデン88760(50cm)
        (AVセレクター⇒PMA接続)    :④モガミ2534灰(1m)
                          :⑤カナレ4E6S紫(1m)
                          :⑥ベルデン82760(1m)
        (AVセレクター⇒2分岐アダプタ⇒PMA接続):⑦ベルデン9451(1m)
(USB-DAC⇒2分岐アダプタ⇒PMA接続、XLR→RCA変換):⑧バイタルVAM−265(1m)
        (真空管ハーモナイザー⇒PMA接続) :ベルデン88760(1m)
        (PMA⇒真空管ハーモナイザー接続) :ノーブランド
  ※RCA・XLRプラグは全てノイトリック製
・コアキシャルケーブル(CDプレーヤー⇒USB-DAC接続):ベルデン1506A(1m)
  ※プラグはカナレ製

イメージ 1
RCAケーブル配線図

      ①アメリカ(スタジオ用)
      ②ドイツ、フランス、イタリア等
      ③日本(割合6.5)
      ④日本(割合2.5)、アメリカ(特に打ち込み系のサントラ)
      ⑤日本(割合1)
      アメリカ、日本
      ⑦アメリカ(コンサートホール用)
      ⑧イギリス、チェコ、中国

 一つの音源に対して、八種類の音質で鳴らし分け(切り替え)が可能な環境が完成しました。そして更に真空管ハーモナイザーのオンオフが容易になり、八×二でトータル十六種類の鳴らし訳も出来る様になりました。

 サントラ音源の素性をDiscogsのサイトで確認しながら、録音スタジオや演奏楽団所属国等で音源国を判断。それでもまだ、上手くいかない(生音が出ない)場合もしばしば。まだ完全に鳴らし分け出来ていないのが実状です。しかしながら最近は、ベルデン8412で合うと思っていた音源(特に20世紀フォックス映画のサントラ)が、実はバイタルでバッチリ合う事が判明しました。なので、少しずつ生音で聴けるケースが増えつつあります。

<今後導入したい機器やアクセサリー>
 ・ソルボセイン(プロケーブル)、PMA用
 ・レゾネーター(アコリバ)、ブレーカーに使用してみたい
 ・システムエンハンサー(JS PC Audio)、仮想アースと同等品
 ・チューニングベルト(ティグロン)、スピーカーとスーパーツイーターを固定
 ・アイソレーション電源トランス 600W・100V専用仕様(プロケーブル)
 ・LANターミネーター(アコリバ)or(JS PC Audio)、ノイズ対策、密度向上?
 ・音場活性装置(Take-T):ステレオ空間の中央部を補完し、リアリィティ向上

 今回導入したベルデン82760で、どれだけの音源が生音に到達出来るかが気になるところです。後は、オールジャンルの音源をそつなく再生出来るベルデン9451の存在意義の確認でしょうか。生音で聴ける可能性を僅かながら期待しているところがあります。

 次はいよいよ最終兵器となるであろう、アイソレーション電源トランスの導入です。今月中には、何とかしたい気持ちで一杯です。生音で聴けるケースが徐々に増えてきましたが、まだこれからも新しい発見がありそうなので、楽しみが尽きません。

全90ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事