ここから本文です
サントラでちょっとブレイク♪改
オーディオ熱が再燃したものの、ヒートアップするばかりです。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

<印の判断基準はもちろんサントラの期待度によるものです。> 4段階、無し の順です。


   インランド・エンパイア(’07年):デヴィッド・リンチ?
   ⇒奇才デヴィッド・リンチ監督が『マルホランド・ドライブ』以来5年ぶりに放つ不条理ミステリー。主演は、監
    督とは3度目のコンビとなるローラ・ダーン。共演に『エラゴン/遺志を継ぐ者』のジェレミー・アイアンズ。
    他にはナスターシャ・キンスキーやマイケル・パレも出ているようです。懐かしいですよね〜。何故か裕木
    奈江も出ている様なので、こちらもちょっと気になります。意味不明、理解不能が当たり前に成りつつある
    リンチ・ワールド。解からなくても観たくなってしまう、麻薬の様?な作品であります。


 ゴースト・ハウス(’07年):ジョセフ・ロデゥカ
   ⇒『the EYE 【アイ】』で注目を集めたオキサイド&ダニー・パン兄弟が、サム・ライミのゴースト・ハウス・ピク
    チャーズに招かれ手掛けたハリウッド進出第1弾作品。主演は『パニック・ルーム』のクリステン・スチュワ
    ート。キャストはパッとしないのですが、『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ製作作品なので、取り合
    えずチェックしたいですね。


 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(’07年):ニコラス・フーパー
   ⇒J・K・ローリング原作のベストセラー・シリーズの映画化第5弾。監督はこれまでイギリスのTV界を中心に
    活躍してきたデヴィッド・イェーツ。キャストは代わらないものの、監督と作曲家は無名の起用なので、一抹
    の不安はあります。このシリーズは主人公達の成長と共に作品も段々と大人向けになっていくのが良いで
    すよね。


 ファウンテン/永遠につづく愛(’06年):クリント・マンセル
   ⇒『レクイエム・フォー・ドリーム』の鬼才ダーレン・アロノフスキー監督が描く壮大な愛の叙事詩ファンタジ
    ー。主演は『X-MEN』シリーズのヒュー・ジャックマンと『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズ。いつの間に
    やら公開が決まっていた事に驚きました。


 レミーのおいしいレストラン(’07年):マイケル・ジアッキノ
   ⇒『ファインディング・ニモ』のディズニー/ピクサーが贈るコメディ・CGアニメ。監督は『Mr.インクレディブ
    ル』のブラッド・バード。主人公がドブネズミで、しかも料理を作るだなんて、とんでもない発想ですよね。
    いくらディズニー/ピクサー作品だからと言ってそんなストーリーを許して良いものか、という素朴な疑問
    がありますが・・・その点を除けば、前作の『Mr.インクレディブル』が面白かったので、期待しても良いの
    かもしれません。現在、アメリカでは1億ドル超えの大ヒット中です。流石はディズニー、侮れませんね。



  ※今月はいよいよ大人気シリーズの最新作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』が公開されます。このシリ
   ーズは全て劇場で観ているので、観逃がしたくはありません!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事