ここから本文です
サントラでちょっとブレイク♪改
オーディオ熱が再燃したものの、ヒートアップするばかりです。

書庫劇場鑑賞(サントラ)・旧

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

データ
 原題:TWILIGHT(米)
 配給:アスミック・エース=角川エンタテインメント
 監督:キャサリン・ハードウィック
 原作:ステファニー・メイヤー 「トワイライト」(ソニーマガジンズ刊)
 出演:クリステン・スチュワート 、ロバート・パティンソン、ビリー・バーク 他
 時間:2h22
 劇場:シネプレックス水戸



サントラ評価:★★★
 主人公が高校生と言うだけあって、エレキ・ギターを使ったロック調のスコアが特徴的でした。森をバックにしたシーンに流れたピアノがメインの綺麗なスコアが良いなと思っていたら、いきなりエドワード ロバート・パティンソン)がピアノを弾くシーンに変わった時は、ちょっと笑ってしまいました。

 ヒロインのベラ クリステン・スチュワート)がエドワード の自宅に招かれた時に、エドワード の部屋にあった沢山のCDからベラ が選んで再生した曲がドビュッシーの「月の光」だったのが、憎い演出だと思いました。



映画感想(ネタバレ在ります!)
 先ずはヴァンパイアの扱いがとても新鮮でした。昼間(曇りの日に限って)でも行動可能なのですから。『ブレイド』のデイ・ウォーカーじゃあるまいし、しかも太陽の光に当たっても身体がダイヤモンドの様に綺麗に輝くだけで、死なないのですからもう驚きですよ。しかもエドワード の種族は菜食者と言って、野生動物の血を好んで飲むという設定なので、人間と共存している健全な種族なのです。人間を好んで襲う種族も登場しますが、ヴァンパイアと言うなら、こちらが普通なんだと思います。

 ベラ エドワード に一目惚れし、猛アタックするのですが・・・ エドワード ベラ の事を好きになってしまいますが、仲間にする事を頑なに拒み続けるのが、とても痛ましく思いました。きっと不死身の体を嫌っているからだと思われます。その葛藤する姿が見所となっています。

 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』に登場するキルステン・ダンストが演じたクローディア をふと思い出しました。ヴァンパイアになったものの、永遠に子供の姿のままで、大人になれずに辛い思いをすると言う設定でした。

 監督と原作者が女性という事もあり、女性の視点で描かれているのがミソと言えます。積極的なベラ と消極的なエドワード の対比が面白いと思いました。

 原作は全三部作らしいです。本作ではお互い恋人同士になったものの、ベラ がヴァンパイアになる事を夢見ているところで終わります。果たしてベラ の夢は叶うのでしょうか?好きな人とずっと一緒に居たい気持ちは解りますが、人間を辞めてまでも、そうありたいと願う事については些か疑問です。単なる若気の至りとしか思えませんね。同情の余地はありませんよ。

 アメリカ本国では大ヒットしたのに、日本での人気はイマイチのようですね。原作もそれ程有名でもないみたいだし、映画も普通の面白さでした。



プチ情報
 カーター・バーウェルの新作は、只今公開中のコーエン兄弟監督作の犯罪コメディ『バーン・アフター・リーディング』です。


紹介作品:作曲家
  ・インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(’94年):エリオット・ゴールデンサール
  ・ブレイド(’98年):マーク・アイシャム



次回投稿予定作品
  『グラン・トリノ』

イメージ 1

データ
 原題:WATCHMEN(米)
 配給:パラマウント
 監督:ザック・スナイダー
 原作:アラン・ムーア
 出演: ジャッキー・アール・ヘイリー 、マリン・アッカーマン、パトリック・ウィルソン 他
 時間:2h43
 劇場:TOHOシネマズ水戸内原



サントラ評価:★★
 ザック・スナイダー監督のデビュー作『ドーン・オブ・ザ・デッド』から、前作の『300 <スリーハンドレッド>』と本作の全3本ともコンビを組んでいるタイラー・ベイツがサントラを担当。打ち込み系のスコアだったかな・・・? 滅多に無い事ですが、正直なところ全くと言って良いほど、スコアの印象が残っていないのです。画面に集中し過ぎたとも思えないし・・・何でだろう?これでは評価に成らないですね。(反省)

 その代り挿入曲として流れた『卒業』の「サウンド・オブ・サイレンス」や同じ日に観た『ワルキューレ』にも使用された「ワルキューレの騎行」の方が印象的でした。



映画感想(ネタバレ在ります!)
 ヒーロー像としては、本作が一番人間臭く(とてもヒーローとは呼べない行いをします)描かれていた様に思います。ニクソン大統領 (ロバート・ウィスデン)が3期連続で当選し、ソ連とアメリカの冷戦状態が一触即発の危機に扮している世界(パラレル・ワールド)が舞台となっています。ウォッチメン と呼ばれるスーパー・ヒーローが政府の下で世界の重大事件に関わり、アメリカを見守ってきたのだが、政府の施行したキーン条例 によりその活動も禁止(『Mr.インクレディブル』の設定に似ています)され、密かに生活を送る事になるのです。

 ある日仲間の一人であるコメディアン (ジェフリー・ディーン・モーガン)が何者かに殺されてしまうのですが、その犯人探しと、アメリカ存続の行方が見所となっています。私はてっきり、全てが政府の陰謀だと思っていたのですが、とんでもない勘違いでした。

 とても善人には見えないロールシャッハ ジャッキー・アール・ヘイリー)がストーリー・テラーとなり、コメディアン 殺しの犯人探しと、シルク・スペクター マリン・アッカーマン)とナイトオウル パトリック・ウィルソン)の恋愛話を中心に物語が進んで行きます。

 何と言っても驚いたのが、コメディアン 殺しの犯人の正体とアメリカとソ連の核戦争の回避の方法です。その割り切りのよさには脱帽しました。平気で仲間を裏切って殺したり、アメリカとソ連の冷戦状態を終結させる為に、仲間を悪者に仕立て上げてしまうのですから。その展開にはもうビックリですよ。ロールシャッハ の最期も酷いし、ホント驚きの連続でした。

 まるで神の様な能力を持つ、殆ど全裸状態(CGのキャラとは言え、モザイク無しはどうかと思いますが)のDR.マンハッタン (ビリー・クラダップ)は、あらゆるコミック・ヒーローの中でも最強に違いないと思ったのは、きっと私だけではないでしょう。(笑)

 暴力とセックスに満ち溢れた作品(アダルト向け)なので、全ての人にはお薦め出来ません。ヒーロー物にしては今までに観た事が無い様なダークでハードな内容(『ダークナイト』よりもヘヴィと言えるかも)ですが、長い上映時間も全く気にならず、じっくりとウォッチメン の世界を堪能する事が出来て、良かったと思います。



プチ情報
 タイラー・ベイツ新作は、アニメ作品『The Haunted World of El Superbeasto』です。


紹介作品:作曲家
  ・卒業(’67年):ポール・サイモン&デイヴ・グルーシン
  ・ドーン・オブ・ザ・デッド(’04年):タイラー・ベイツ
  ・Mr.インクレディブル(’04年):マイケル・ジアッキノ
  ・300 <スリーハンドレッド>(’07年):タイラー・ベイツ
  ・ダークナイト(’08年):ジェームズ・ニュートン・ハワード&ハンス・ジマー
  ・ワルキューレ(’08年):ジョン・オットマン



次回投稿予定作品
  未定

開くトラックバック(1)

イメージ 1

データ
 原題:VALKYRIE(米=独)
 配給:東宝東和
 監督:ブライアン・シンガー
 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ 他
 時間:2h00
 劇場:シネプレックス水戸



サントラ評価:★★★
 ブライアン・シンガー監督のデビュー作『パブリック・アクセス』からずっとコンビを組んでいる(『X−メン』を除く)ジョン・オットマンがサントラを担当。打楽器の荒々しい(悪く言うと野蛮な感じ)スコアが映画の緊張感をより盛り上げていたと思います。全体的にも暗めなスコア(シンフォニック)が多かった印象です。

 劇中に映画のタイトルにもなっているワーグナーの「ワルキューレの騎行」が流れたのですが、空爆のシーンで効果的に使われていました。この曲を聴くと、どうしても『地獄の黙示録』を思い出してしまいます。この曲のインパクトは絶大であります。



映画感想(ネタバレ在ります!)
 舞台はドイツでもアメリカ俳優のトム・クルーズが主人公シュタウフェンベルク大佐 を演じているので、違和感(それを言ったら始まりません)が拭えませんが、オープニングではドイツ語を使っていて、次第に英語に変わるという演出は悪く無かったと思います。

 シュタウフェンベルク大佐 はアフリカ戦線で敵の攻撃を受けて負傷し、左目と左手、右手の指(2、3本)を失ってしまいます。瀕死の重傷を負いながらも奇跡の生還を果たしたのをきっかけに、非人道的なナチス政権を潰すべく、反乱分子に加担していきます。

 途中までの緊張感はなかなかのもので、見応えはあるのですが、如何せんヒトラー (デヴィッド・バンバー)の暗殺計画ワルキューレ作戦 が失敗する事が初めから分かっている(ヒトラー の自殺という史実がありますから)ので、終盤のシュタウフェンベルク大佐 が作戦実行後、後戻り出来ずにひたすら突き進む姿は、観ていて正直虚しくなりました。本来この手の作品は、最後はどうなるのかハラハラしながら観るのが肝だと思うので、結果が分かってしまうのはちょっと辛いものがあります。よほど演出が良くないと、折角のスリリングな面白味も覚めてしまいますよ。

 ドイツ兵の軍服は格好良いと思うと同時に、恐怖感を覚えます。今まで『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』、『プラックブック』など沢山の戦争映画を観てきて、ドイツ兵の非情さが脳裏に焼き付いていますからね。本作はそんなドイツ兵の中にも愛国心に従って、ヒトラー に抵抗する人々の姿が描かれています。実話が元になっており、ヒトラー の暗殺計画は数多くあったらしくワルキューレ作戦 もその中の一つに過ぎないとの事。ヒトラー を快く思っていない人々が結構いた事を知り、成るほどと思いました。

 最後はシュタウフェンベルク大佐 が生け捕りにされたもののあっさりと処刑(銃殺)される下りは、物足りなさを感じましたが、やっぱり目頭が熱くなってしまいました。拷問シーンが無ければ、生け捕りした意味が無いと思うのですが。

 シュタウフェンベルク大佐 と作戦を共にするヘニング・フォン・トレスコウ少将 ケネス・ブラナー)やオルブリヒト将軍 ビル・ナイ)、そしてルートヴィヒ・ベック テレンス・スタンプ)など、豪華な脇役の演技も見所の一つです。

 サスペンスとしてはそれなりに楽しめますが、最初からラストが分かってしまうところが難点であり、残念なところでもあります。



プチ情報
 ジョン・オットマン新作は、あの「鉄腕アトム」のCGアニメ版『ATOM』です。


紹介作品:作曲家
  ・地獄の黙示録(’79年):カーマイン・コッポラ&フランシス・フォード・コッポラ
  ・シンドラーのリスト(’93年):ジョン・ウィリアムズ
  ・パブリック・アクセス(’93年):ジョン・オットマン
  ・X−メン(’00年):マイケル・ケイメン
  ・戦場のピアニスト(’02年):ヴォイチェフ・キラール
  ・ブラックブック(’06年):アン・ダッドリー



次回投稿予定作品
  『ウォッチメン』

イメージ 1

データ
 配給:(日/松竹=日活)
 監督:三池崇史
 出演:櫻井翔、福田沙紀、阿部サダヲ 他
 時間:1h51
 劇場:シネプレックス水戸


サントラ評価:★★★
 オリジナルのアニメ版の楽曲がそのままオーケストラ・バージョンにパワーアップしていてたのが、とても嬉しかったです。お馴染みのスコアばかりでしたので、聴いていてついニヤケてしまいまいした。

 「ヤッタ―マン」や「ヤッターキング」の歌は現代風にアレンジされていましたが、とても懐かしく思いました。思わず口づさんでしまいそうでした。



映画感想(ネタバレ在ります!)
 評判通りの面白さでした。よくぞここまで、アニメの雰囲気そのままに、上手く実写化出来たなと感心してしまいました。同じ日に観た『DRAGONBALL EVOLUTION』とは大違いでした。

 一番懸念していた深田恭子が演じるドロンジョ は意外にも違和感がありませんでした。あの色っぽいイメージだと真っ先に杉本彩を想像してしまうのは、私だけでは無いと思います。でも深田恭子のあの可愛らしい声がまた良いんですよね。ボヤッキー (生瀬勝久)とトンズラー (ケンドーコバヤシ)のそのソックリな姿も、まるでアニメの世界から飛び出して来た様で、正にハマり役でした。

 ヒロイン(海江田翔子 役)を演じた岡本杏理は平気でガニ股になったり、顔は煤だらけで鼻血を出しながらの正に体当たりの演技で、若い子なのに汚れ役(別な意味の)をやらされて凄いな、と言うか偉いなと思いました。

 完全な子供向けの作品だと思っていたら、これがまた大違いで大人の味付けでした。特に2台目のドロンボー 一味の巨大メカとして登場したバージンローダー と言う女形ロボットが、蟻型のビックリドッキリメカにピーチクを齧られて悶え苦しむ姿をヤッターワン が見て発情するシーンがあり、そのやりたい放題の演出には驚いてしまいました。とても子供向けには見えませんからね。海江田翔子 がサソリに刺されてしまい、ヤッタ―マン1号 (櫻井翔)が海江田翔子 の太ももに躊躇もせずに吸い付くシーンやドロンジョ のお風呂シーンもあるし、子供にはちょっと過激とも思えるシーンもありました。

 本篇の後には次回予告シーン(ヤッターペリカン や白いコスチューム姿のドロンジョ が登場)まで用意されているという凝り様で、正に完璧な実写版と言えます。思わずニヤケてしまいました。ドロンボー 一味のオリジナル版の声優をしている3人が登場する心憎いサービス・シーンもあったりして、三池崇史監督のこの映画に対する愛情を感じられずにはいられませんでした。

 ヤッタ―マン1号 を演じた櫻井翔の演技は下手でしたが、ヤッターマン2号 を演じた福田沙紀(特に変身シーンのピンクのレオタード姿)がとても可愛らしかったです。ドクロベエ に身体を乗っ取られた時の阿部サダヲ(海江田博士 )の弾けた演技も見所の一つです。

 リアルタイムでオリジナル版を観ていた世代にとっては、とても楽しめること請け合いです。映画もヒットしている様なので、もしかすると次回予告通りに続きが観られたりして。


 
プチ情報
 藤原いくろうの最新作は、今月公開予定の倍賞美津子主演のサスペンス・コメディ『ニセ札』です。


紹介作品:作曲家
  ・DRAGONBALL EVOLUTION (’09年):ブライアン・タイラー


次回投稿予定作品
  『ワルキューレ』

イメージ 1

データ
 原題:DRAGONBALL EVOLUTION(米)
 配給:FOX
 監督:ジェームズ・ウォン
 出演:ジャスティン・チャットウィン、エミー・ロッサム、チョウ・ユンファ 他
 時間:1h27
 劇場:シネプレックス水戸



サントラ評価:★★★
 売れっ子作曲家の一人でもあるブライアン・タイラーシンフォニック・スコアは残念ながら、期待していた程のものではありませんでした。アクション・スコアは迫力はあるものの、殆ど印象に残りませんでした。エンド・ロールに流れたスコアは『タイムライン』のエンディング曲を彷彿とさせる組曲風のもので、曲の後半にちょっとだけ愛のテーマらしき綺麗なメロディを聴く事が出来たのが良かったです。その愛のテーマが本編で流れたのかどうかは定かではありませんが、私は流れていなかった気がします。

 そのエンド・ロールの最初に、個人的にも大好きな浜崎あゆみの「Rule」がワンコーラス流れるのですが、本作の内容にピッタリの歌詞で、良かったと思います。



映画感想(ネタバレ在ります!)
 余り良い評判を聞いていませんでしたので、期待はしていませんでしたが、噂ほど酷いものでは無く、普通に楽しめました。

 一応オリジナル版を周到しているものの、ピッコロ大魔王 (ジェームズ・マースターズ)に触覚が無かったり、孫悟空 ジャスティン・チャットウィン)が大猿に変身するも巨大化しなかったり、武天老師・亀仙人 チョウ・ユンファ)が坊主頭で無かったり、クライマックスに登場するシェンロン は一言も喋らず、姿形が単なる西洋のドラゴンみたい『D−WARS』の最後に登場したドラゴンの方が尤もシェンロン らしい)で全く神々しく無いところなど、不満も結構あったりしますが、コミック原作からのファンなので、ティーンエージャーの悟空 チチ (ジェイミー・チャン)の恋愛青春もの風にアメリカナイズされた作品と考えれば、それなりに観られると思います。と言うか、よくぞここまで上手くまとめたな、と逆に感心してしまいました。

 「ドラゴンボール」と言うとスピード感のある肉弾戦が見所の筈ですが、クライマックスの悟空 ピッコロ のバトルも呆気無く終わってしまいました。『マトリックス/レボリューションズ』のネオ エージェント・スミス のバトルの方が、よっぽど迫力があって「ドラゴンボール」らしいと思いました。

 不満ばかりですが、見所と言えば・・・ やっぱり無いかも!?強いて言えば、『ミスティック・リバー』や『オペラ座の怪人』に出演していたブルマ 役のエミー・ロッサムがイケてたところ位かな。(笑)

 エンド・ロールの途中で、悟空 に倒された筈のピッコロ が、女性に介抱されながらベットに横たわっている、おまけのシーンがあるですが、これって続編へ繋がるのでしょうか?もしかして人間の優しさに触れて、改心してしまうのでしょうか?気になるところであります。

 未だ本国アメリカでは公開されていませんので、ヒットすれば続編が作られるのかもしれません。期待度は非常に低いかもしれませんけど。

 上映時間がとても短くて、あっと言う間に観終わってしまいます。コンパクトにし過ぎて、ラストもそれ程盛り上がりませんけど、「ドラゴンボール」ファンなら話のネタとして、良いかもしれません。

 今月の5日(日)から地上波TVで「ドラゴンボール改」の放送が始まるみたいですね。最新デジタル技術を使っての復活だそうで、キャスト(声優)も変わらない模様です。ちょっと気になるので、録画してみようかな〜



プチ情報
 ブライアン・タイラーの新作は、ニコラス・ケイジ主演のサスペンス『バンコック・デンジャラス』と『ワイルド・スピード』シリーズ第4弾『Fast & Furious』です。


紹介作品:作曲家
  ・タイムライン(’03年):ブライアン・タイラー
  ・マトリックス/レボリューションズ(’03年):ドン・デイヴィス
  ・ミスティック・リバー(’03年):クリント・イーストウッド
  ・オペラ座の怪人(’04年):アンドリュー・ロイド=ウェバー
  ・D−WARS ディー・ウォーズ(’07年):スティーヴ・ジャブロンスキー



次回投稿予定作品
  『ヤッタ―マン』

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事