ブラックボードに義

ブラックボードとは黒板。義とは墨子が言った「人間として行うべき正しい道」。

グループZAZA

すべて表示

2019年グループZAZA連続講座・第2回遠藤弁護士講演会のお知らせ

2019年グループZAZA連続講座は、遠藤比呂通(ひろみち)弁護士の
「国家とは何かを問う」4回の講演です。
第2回目が明日となりました。都合がつけば、ぜひ、ご参加下さい。
 
第2回 7月27日(土)2時から、エル大阪・大会議室
★「今、平和とは何かを問う
           ーダグ・ハマーショルドの祈り」
 
〈遠藤弁護士からのメッセージ〉
第2講では、憲法解釈の指針を示し、
法秩序を正当化する倫理的法原則である基本的人権
(人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、
侵すことのできない永久の権利として信託されたもの、97条)、
なかんずく、平和的生存権について考えます。
戦力不保持、交戦権を否認した日本国憲法の土台に平和的生存権があればこそ、
「政府の行為によって再び戦争の惨禍」(前文)が
起きないことが保障されるという意味で、
平和的生存権は、日本という国家を定義する倫理的法原則であるからです。
 
遠藤比呂通弁護士の紹介
遠藤比呂通(ひろみち)弁護士は1960年生まれ。
東京大学法学部助手、東北大学法学部助教授を経て、
1998年から西成で法律事務所を開設されています。
『希望への権利―釜が崎で憲法を生きる』(岩波書店、2013年)、
『人権という幻―対話と尊厳の憲法学』(勁草書房、2011年)、
『市民と憲法訴訟』(信山社、2007年)、
『自由とは何か』(日本評論社、1993年)等の著書があります。
 
さらに、遠藤比呂通弁護士の紹介 
中村一成さんは『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件
−〈ヘイトクライム〉に抗して』[岩波書店(P82〜)]の中で、
遠藤弁護士のことを次のように書かれています
「遠藤の経歴は異色そのものだ。
憲法学の大御所、芦部信喜の愛弟子として将来を嘱望され、
27歳で東北大学助教授に就任した。
憲法の実践として人権問題にも積極的に取り組んできた彼だが、
1995年の夏、大阪での人権集会の後、
部落解放運動の大御所らに案内された『釜ヶ崎』で、
人が構造的に使い捨てにされている現実に衝撃を受けた。
・・・案内してくださった人から
『ところで何してるんや?』って聞かれたんで、
『私、大学で憲法教えてます!』って自己紹介したらね、
まじまじと顔見て、『ここに憲法あるんか?』って。・・・
 
その後も学生を連れて釜ヶ崎を訪れた。
洗礼を受け、牧師を目指して英国に留学した後、
ついに退職し、釜ヶ崎に移り住んだ。
日雇い労働者となって鉄筋を担ぎ、
炊き出しの手伝いをする日々のなかで、弁護士になった。
・・・以来15年、釜ヶ崎を拠点に活動を続けてきた。
大阪弁護士会に登録する4000人以上の弁護士の中で、
この地で事務所を開くのは今も遠藤だけだ」。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事