ブラックボードに義

ブラックボードとは黒板。義とは墨子が言った「人間として行うべき正しい道」。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全302ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「還らぬ教え子よ」の詩にあらわれた
竹本源治氏らの悔やんでも悔やみきれない
痛恨の思いから、戦後の教育は出発した。
この思いを、戦後何年たとうと、
日本の教師=教育労働者であるかぎり、
教育の根本にすえるべきだ。
 
子どもたちを人間としての成長に導くべきはずの教師が、
「血まみれ」となって教え子を侵略戦争の戦場に送り出した。
どうして、そんなことになってしまったのか?
それをくり返さないために、
教育と教師はどうあるべきか、
それはすぐれて現在の問題でもある。
 
2.教育の戦争責任
安川寿之輔氏は『十五年戦争と教育』
「教育(教員)の戦争責任についての総括的考察」(P295〜)の中で、
「不義不当、無謀の十五年戦争は、
310万をこす日本人と2400万をこすアジアの民衆を中心に
世界の民衆に死をもたらした。
 
この侵略戦争の開始と遂行に日本の教育は、
はかり知れないほどの大きな役割をはたした。
この自民族の悲惨と他民族殺戮に
強力な物質的力を発揮した日本教育の戦争責任は、
満蒙開拓青少年義勇軍や
『わだつみ世代』学生兵の悲劇を
考えるだけでもあまりにも大きい」と書いている。

1 教え子を侵略戦争の戦場に送りこんだ天皇制教育
 
1.「還らぬ教え子よ」
天皇制教育を担った河西賢太郎氏は、
戦後にまとめられた『静岡の教育』のなかで、次のように書いている。
「私が子どもに望んだことは、
成績も身体も秀れた者は少年航空兵に、
つぎの者は満蒙開拓少年義勇軍に、
そのつぎの者は軍需工場へと、
何と能力のない者は、家庭の仕事に残れということでした。
毎日、このことを教室で話しました。
長男で家を出られないという子があると、
父母を呼びよせて、今日本はどういう時かを話し、
また、あなたのような人は、国賊であるといわんばかりに攻撃しました」。
 
このように、戦前・戦争中の教師が、『少国民の錬成』と称して、
「天皇のために死ぬ」忠君愛国の教育を暴力的に行ってきた、
その教育が何をもたらしたのか。
そして、教え子を侵略戦争の戦場や遠く離れた満州の荒野に送り出した、
その結果がどうなったか?
 
「秀才だったNは、七つボタンの予科練を卒業し、
まもなく比島の空中戦で十七歳を最後に散って逝った。
Nの無二の親友のAは、陸軍航空学校を卒業、
これも又台湾沖の上空で戦死した。」(『山形の教育』今野竹蔵手記)
 
これが、「ひたすら忠実に国の命令に従うことを至上」
としてきた戦前・戦中の教師の「教育」の結果である。
はたして、これが教育といえるのか。
誠心誠意の「教育」の結果、子どもたちを死なせてしまった、
殺してしまった。その子どもたちは、もはや還ってこない。
「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」
という教育勅語の天皇制教育を率先して行った
教師の犯罪と言っても過言ではない。
高知の中学教員、竹本源治氏はそれを悔いて、次の詩を書いた。
 
「還らぬ教え子よ」
戦死せる教え子よ
( ゆ )いて ( かえ )らぬ教え子よ
私の手は血まみれだ!
君を ( くび )ったその綱の
端を私も持っていた
しかも人の子の師の名において
   嗚呼!
「お互いにだまされていたのだ」の言い訳がなんでできよう
慚愧 ( ざんき ) 悔恨 懺悔 ( ざんげ )を重ねても
それがなんの償いになろう
逝った君はもう還らない
今ぞ汚濁の手をすすぎ
涙をはらって君の墓標に誓う
「繰り返さぬぞ絶対に!」
高知県教組機関誌掲載、1952年1月)

『十五年戦争と教育』
安川寿之輔著、新日本出版社)
安川寿之輔氏の『十五年戦争と教育』という本は
「教育の戦争責任」を問うすぐれた本である。
1986年の出版であるが、
なぜ、戦前・戦中の教師が
「人の子の師の名において」
教え子を戦場に送り出したのかを追究し、
その過ちをくり返さないために
教師=教育労働者は、
また、教育はどうあるべきかを鋭く提起した本として、
今も光を放っている。
 
十五年戦争期の「時代、児童・生徒たちは、
日常的に教員のビンタで張り倒され、
『宮城』・『奉安殿』(『御真影』[天皇の写真]『教育勅語』の安置場)
などへの最敬礼を強要された。
 
少年は『天皇の兵士』『満蒙開拓義勇軍』や各種少年兵として、
『天皇の醜の御盾(しこのみたて)となりて』
『水漬く屍(みづくかばね)、草むす屍』となることが、
少女は勤労動員にかりだされ、
『銃後の妻となり靖国の母』となることこそが最高の栄誉とされた」。
(『十五年戦争と教育』P23
 
このようにして、「天皇制教育は、
少国民、学生、兵士、一般国民を全体として
不正義無謀の侵略戦争に動員する巨大な役割と威力を発揮した」
(同P51)が、「この時代の教育は、なぜに、どうして、
つまり、いかなる人間形成を担うことによって、
ファシズムと侵略戦争を推進する強力な手段となったのか」
(同P55)と安川氏は問題提起されている。
教え子を戦場に送り出した教育をくり返さないために、
この問題提起はきわめて重要である。

難波大助が父・作之進にあてた「長文の遺書」のつづきです。
 
一切は終わった。
私が共産主義者となり、
虐(しいた)げられたる多数無産者のために
死を決してまで事をなすに至ったのは、
あなたに負うところが頗(すこぶ)る多い。
この点はあなたは私の恩人である。
しかし労働者が資本家の御陰で社会主義者となったからといって、
資本家に毫(ごう、きわめてわずか)も感謝せざると同様に、
私は私の恩人に対して毫も感謝しておらぬから、そのおつもりで。
 
一切は終わった。
そうして息子の一人は
死刑の宣告を受けるべく牢獄の中に横たわっておる。
またしても息子は先祖の犠牲であった。
(あの極悪者をりっぱな家の籍に置くのはけがらわしい。
先祖のイハイに対して恐れ多い)
―かくして本家は数万円以上の財産家であるにもかかわらず、
分家は純然たる無産家
―その戸主の家は
監獄の鉄窓内の三畳の室という珍無類の現象が発生してきた。
 
我々はまるで人間の世界に住んでおるような心地がしない。
一切の奴共は人間たることを忘れ、
死霊という無形物に支配されておる傀儡(かいらい)である。
一切の奴共とは(りっぱな家)の一家一族を指していうのである。
しかし要するにとにかく
―私にとっての一切は終わったのだ。
終わった人間が今さら自分のことを
云々いったとて追いつく話ではない。
まだ終わらざる生きた人間が残っておる。
この残っておる生きた人間のために、
私は敢えて極悪邪道者たるの本性を発揮して
(りっぱな家)の戸主に対して毒つかざるを得ぬのである」。
(つづく)
 

森友学園疑獄を許すな!第30回“怒りのデモ”のお知らせです
都合がつけば、ぜひ、ご参加下さい。
【日時】8月26日(月)6時集会、7時デモ出発
【場所】大阪城公園 「世界連邦平和像」前
(大阪府庁ななめ向かい・大阪城公園の中の小さな公園)
【主催】「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
(2017年3月25日、森友学園「小学校」建設予定地横の野田中央公園で
森友学園疑獄を許さない集会とデモを行い、その後、このデモに賛同した
団体や個人で実行委員会が作られ、月1回デモをやっています)
 
なんで不起訴なのか?
今年3月29日、大阪第一検察審査会は、

  財務省近畿財務局が国有地を

8億円値引きして森友学園に売却したのは背任容疑

   佐川宣寿・元財務省理財局長らが

決裁文書を改ざんしたのは有印公文書変造・同公使容疑 

   財務省が学園側との交渉記録などを廃棄したのは

公用文書毀棄容疑だとして「不起訴不当」と議決した。
しかし、8月9日、大阪地検特捜部は、
佐川宣寿・元同省理財局長ら10人を
「再び全員を不起訴処分(嫌疑不十分)とした」。
 
なんということだ!教育勅語を刷りこむ教育方針は素晴らしいと
森友学園小学院の名誉校長に就任した安倍昭恵が
「神風」を吹かせて国有地8億円値引きに関与し、
それを隠すために財務省の公文書を
改ざんしたことが明らかとなっているのに、
大阪地検は「起訴するに足りる証拠」がないという。
 
安倍昭恵が「神風」を吹かせ国有地を8億円も値引きしても、
安倍政権はウソをついても、
公文書を改ざんしても、
何をしてもいいのか?
もはや、この国に正義はないのか!
「民主主義は形だけ」なのか?
巨悪ははびこり、国が壊れていく。
こんなことでいいのか?
いいはずがない!
私たちが黙ったら、この国は壊れる!
私たちの怒りの行動、怒りのデモが必要だ。
8月26日のデモに、ぜひ、ご参加下さい。
 
★「関与なら辞任!」と言った安倍首相はすぐやめろ!
★安倍昭恵・加計孝太郎を証人喚問せよ!
★松井(前)知事は森友「小学院」認可の責任をとれ!
 
教育勅語、「日の丸」「君が代」は戦争への道

イメージ 1



全302ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事