房州びわ農家の日常

美味しいびわが育つまでをご覧ください!!

びわ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 毎回花もぎの話題ばかりでも飽きてしまいますので、本日はびわの花をゆっくり鑑賞してください。
 
イメージ 1
 
 花というより蕾でした。この蕾に全部実がついているのが、皆さんのびわのイメージだと思います。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 これがびわの花が咲いている姿です。
一つ一つのの花はあまり匂いはしませんが、数が多いので山全体がホンノリ甘い香りに包まれます。

開く コメント(0)

気持ちよさそうです

 相変わらず花もぎ作業に追われているyamadabiwaですが、本日の南房総市は晴れてはいたのですが、一日中強い風が吹きまくっております。
 しかし、びわの花はそんな中、さんさんと降り注ぐお日様の光を浴びて、気持ちよさそうに日向ぼっこをしておりました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2

開く コメント(0)

びわの花もぎで〜す

 びわハウスの冬支度も無事終わり、びわの花もぎ再開です。
 
イメージ 1
 
 今朝の花もぎ前の木の様子です。今年は花付きがよく、かなりの蕾がありますが、
このまま実をつけても、美味しくて大きなびわの実にはなりませんので、少し「もったいない」気はしますが、半分以上の蕾はもぎ取ります。
 また、一年に多くの実をならせて木の負担を大きくすると、翌年影響が出る可能性もあるので、この花もぎ作業は重要であると思います。
 
イメージ 2
 
 これが一つの蕾の塊です。必要のないものはこの塊ごともぎ取ります。
 
イメージ 3
 もぎ取り終了後の木下の様子です。
蕾が山となって落ちています。せっかく付いた蕾ですが仕方ありません。
 

開く コメント(1)

花もぎの最中ですが

 ハウスの修理も時間切れで切り上げ、花もぎ作業に精を出していた、yamadabiwaですが、昨日と今日はびわの冬支度を始めました。
 
イメージ 1
 
 枇杷の花はこの通り朝日を浴びて輝いています。来年の収穫も期待できます。
 
イメージ 2
 
 写真の左側が本日ビニールをかける棟になります。
手前の部分は、今年はビニールを新品に変える必要があるため、作業は他の棟の
倍以上の手間がかかります。最近天候が不順で思うように作業がはかどらず困ってしまいます
 
イメージ 3
 
 今日はなんとか予定どうりに作業が進み、無事ハウスにビニールが掛かりました
めでたしめでたし
 
 

開く コメント(0)

 前回ハウスの修理をとりあえず終わりにし、次回からびわネタの予定とお知らせしましたが、急遽予定が変わり、びわの周りの木の枝払いを行い、枝どころか大きな木を下から切り倒したりして、びわの周りがその残骸でいっぱいになりました。
 
イメージ 1
 
 そこでこの残骸をどうするか考え、自然に土に帰るのを待てばそれで良いのですが
できるだけ早く始末したいので、いろいろ考え名案が浮かびました。
 
 それは・・・・
 
イメージ 2
 
 これです。
写真でお分かりでしょうか。
 「そうです。椎茸です」
椎茸の菌を植えて椎茸ができれば、その分木の腐食が進み、尚且つ美味しい原木栽培の椎茸にありつけるという、一度で2度美味しいという画期的な名案です。
 来年のシーズンには無理でしょうが、再来年には厚肉のしいたけの炭火焼を堪能できる予定です。
 
イメージ 3
 
 「早く大きくなれ、しいたけやーーーーーい」
 
と浮かれているyamadabiwaですが、大きな問題が潜んでもいます。
それは、最初の写真にありますが、菌を植えた木が大きくて人力で動かせない上、
周りの木が無くなったので非常に日あたりが良いという、大問題が潜んでいます。
果たして無事椎茸は成長するでしょうか?
結果は後日このブログでお知らせいたします。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事