全体表示

[ リスト ]

 将棋のコンピューターソフトが、初めてプロの棋士を破ったっていう、驚きのニュースが掲載されている。
 将棋ソフト、「あから2010」が、女流プロ、清水市代女流王将と対戦して、初めて、プロの棋士から勝利を得たと、ニュースに出ている。
 こりゃあ、凄い事じゃね、って、思うのはわっちだけかいにゃ。

 ついに、コンピューターが、結構、頭脳的な、難易度の高いゲームだと認識されている、将棋で、プロの棋士に勝ったんじゃから、これは歴史的瞬間じゃと、わっちは思うわ。
 将棋ソフトのプロ棋士への挑戦状に対して、「いい度胸じゃ」と、舐めてかかっていた、将棋連盟の米永会長も、とんだ恥をかいたもんじゃと、思うわ。
 それじゃ、自分が対戦するじょ、なんて言い出して、負けたら、もう、恥ずかしくて、世間に顔向けできんことになりそうじゃから、怖いね。

 しかし、コンピューターのソフトをそこまで精巧に作り上げた、技術者の努力は、称賛物じゃわ、まだまだ日本、捨てたもんじゃないってね。

 勿論、将棋でプロ棋士に勝てるんじゃから、世界標準の、チェスなんて、お茶の子さいさいじゃろうって、わっちは思うわ。

 コンピューターのソフトの元は、これまで指された手の中から、もっとも支持されるものを選ぶっていう、誠にオーソドックスというか、基本的なものじゃわ、それに、プロ棋士が負けたっていうのは、プロであっても、間違いを犯すって、事じゃね、つまり、人間は間違いを犯す生き物じゃって、事なんじゃわ。
 そりゃ、人間じゃから、必ず間違いは起こすっていうのは、もう常識じゃけど、それがプロ棋士の世界では、人間同士の対戦じゃから、自分がミスしても、相手もミスするから、まあ、五分五分って話になるんじゃろうけど、間違えないコンピューターにかかっては、人間もなすすべ無しって事じゃね。

 わっちはある意味、この結果にとても満足してるわ、人間がいくら頑張っても、定石なんぞに支配される分野で、コンピューターには勝てんってこっちゃわ。
 わっちらがコンピューターに勝てるのは、そう思っても、答えが浮かびませんわ。
 わっちの分野の株取引でも、いまやコンピューターの自動売買の時代に入ってるからにゃあ、個人が勝てる時代じゃなくなってるんじゃけど。
 コンピューターを越えるもんが必要って事じゃわ、しかし、それって、一体なんじゃろね。

 きょうは、焼肉の食べ放題の店に行ったら、なんと、閉店なの、営業してる雰囲気が無い、それじゃって、「金の魚」に変更、そうしたら、駐車場が満杯の、お客がぎっしり、さすがに流行ってる店じゃと思ったら、オーちゃんが、こんな店では、ゆっくり食べれないって、猛反対。
 それじゃって、いつもも交差点のレストランにまた変更、今度は確かに、お客は少なくて、店の雰囲気も良いんじゃけど、料理が最悪、不味い、前はもっと増しじゃなかったか、なんて、すっかりわっちも気分が悪い。
 それで、最悪の、夕食になりました、もう2度と行くもんかい。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事