あなたの痛みが笑顔にかわる

自然形体療法は、あなたの痛みをその場で笑顔に変えます

靭帯損傷

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

前十字靭帯損傷

20代男性 (前十字靭帯を痛めHPを見て静岡より来院される)


十年前にスキーで膝を痛め、二月の初めにスカッシュでさらに膝を痛めてしまった。


整形外科でMRIで検査をしたところ、前十字靭帯があるべきところになく、


軟骨が磨り減っていて、関節が削れていると言われた。


治すには手術が必要だと言われ手術が嫌なので来院された。


一回[2月11日]の初めての治療で膝を曲げたり外に捻ったりすると痛いと言っていたのが


その場で全て痛みがなくなる。


本人も手術が必要だと言われていた痛みがその場でなくなったのでとても驚いていた。


[2月17日]二回目の治療で正座時の痛みがなくなるが少し張り感は残る


[2月22日]三回目の治療で膝を動かしたり膝周りの筋肉の状態を調べたところ


前回までの前十字靭帯の異常が触診では感じられなくなっている


ただ、左の骨盤の動きや左の足首の緊張がまだ残っている


四回目の治療で左側のふくらはぎを押した時の痛みや


左の骨盤の関節の動きが悪くなっているので、ふくらはぎの痛みを全て取り


その後、膝の痛みを調べたら正座をしてもどんなに膝に負荷をかけても


痛みが出るような動きをしても痛みは全くないどころか


脚の張り感や違和感すらすべてなくなっている。


本人も全く膝の違和感がなくなったので、とても喜んでいる。


今回で完全に良くなったので治療を終了しました。


ただ骨盤の関節の動きに関しては、治療前よりも良くなってはいるが


長年動かさなかったために動きが悪くなっているので


自分で関節の動きを良くする方法を指導した。


この方法を行うことにより患者さん自身で骨盤の関節の動きが悪いことや


動きが良くなっている感覚を自分で感じることが出来る。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事