山形民商 の 一日

今日も様々な相談がよせられました。

婦人部

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

山商連婦人部協議会は、10月29日ホテルシンフォニーアネックス(寒河江市)で30周年の式典と祝賀会を開きました。
 山形からも20名が参加、午前中に開かれた30回総会と共に業者婦人運動の大事さ、すばらしさを実感した1日でした。
あいさつに立った小関美津子会長は、「30年前に4民商婦人部87名で発足した県婦協が、8民商婦人部1332名の部員数でこの日を迎えたこと、これからも業者婦人の涙と汗を受け止め、要求実現めざしてがんばっていきましょうと」呼びかけました。
 県連の小竹会長、県憲法会議議長の鈴木輝男氏、共産党山形県委員会の佐藤陽子氏ほか、各民商の会長さんからもあいさつを頂きました。
 乾杯の後は、各婦人部の出し物がにぎやかに披露されました。
山形では、庄司きよ子さんから「上杉武士」を踊っていただきました。各婦人部の替え歌あり、寸劇あり
腹踊りありで、おいしい料理をいただきながら業者婦人のパワーに圧倒される2時間でした。
 婦人部は、ひとりぼっちの業者婦人をなくし、業者婦人の切実な要求実現のためにまた、歩き始めます。

この記事に

開く コメント(0)

 婦人部では、10月3日に役員会を持ち、
10月15日の資誠堂病院の「健康まつり」で「庶民大増税反対、国民健康保険の充実を求める請願署名」を集めること。
10月21日、22日の全商連婦人部協議会第27回総会までの、部員拡大目標をやりきることを決めました。
役員と、事務局が訪問する日程を決めました。
10月29日は、県婦協の30回総会と、30周年祝賀会があります。
35名の代議員で、元気に参加しようと確認。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事