長崎県のきのこ・岩石・植物など

身のまわりの自然について語らいましょう。

長崎県のきのこ・植物・岩石

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
   ヤマセミの写真を撮るために、石釜の川沿いを歩いているときに見つけました。見つけたときは名前がわからなかったんですが、ネットで教えてもらいました。葉が茂っているのは見たことがあったんですが、花を見たのは初めてでした。
 ヤマセミがダイブしそうなところでしばらく待ちました。しばらくすると、頭上を飛んでいく姿を一度だけ見ましたが、岩には止まらず、写真は撮れませんでした。7時〜8時半までは、道の駅「大和」でも粘ったんですが、用事があったため終えました。残念でした。
 また機会があれば挑戦したいと思っています。
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

  今日は長崎市伊王島にサツマサンキライの黒い果実を撮りに行きましたが、まだまだ青かったです。次に、川原大池でバス釣り。全然釣れない。そろそろかと思い、最後にきのこに期待して小ヶ倉水源地へ。しかし、パッとしない。鹿4頭からにらまれ、ヤマカガシに出会うはで、ガックリしながら斜面を下りていると真っ青なものが。近づくと、見たかったアイコウヤクタケ。神様は見捨ててなかった。感謝です。何でこんな色になるのか、自然の産物に感謝です。今まで憂鬱だったのが、パッと明るくなりました。来て良かった。
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

  

伊王島は、大学卒論の研究場所でした。伊王島から産する化石を研究していました。だから、何度も訪れる場所です。釣りでも行きます。今日も伊王島へ。香焼に近づくと、前に県外の車。伊王島にはいると、多くの車と自転車。観光客が多いようです。防波堤には釣り人も多かったです。すると、ペ−ロンの鐘の音がします。ペ−ロンの練習をしていました。夏だな〜〜と感じる瞬間です。
 さて、今日は伊王島に群生しているサツマサンキライの果実の写真を撮りに来ました。黒く熟した果実を期待していたんですが、まだまだ青々していました。また、冬に行かないといけないようです。イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

  何度も訪れた川原海水浴場。こんなにきれいな海だったんだと、今日は再確認しました。快晴だったこともあるでしょうが、真っ青な海。沖縄にも匹敵するぐらいきれいでした。写真を見れば気づかれると思いますが、この海岸はもともと蛇紋岩の砂利浜でした。海水の流れが速いと思います。岩場なので海が透きとおっているのです。砂浜の海水浴場にするために人工的に砂を入れました。出来たときはきれいな砂浜だったんですが、もともと砂利浜ですから、波打ち際の砂は流されています。当然と言えば当然なんですが。もとの自然の状態で残して欲しいものです。似たものに、ホタル再生ということで、ホタルの幼虫と餌になるカワニナを放流しますが、いなくなった原因をなくさないことには、元の木阿弥でしょう。無理に人の手を加えないことが大事なことだと思います。いつまでも、この美しい海を残して欲しいです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

  バス釣りに行ったんですが、スイレンが満開でした。トンボもたくさん飛んでいました。バスはダメでした。まあ、いい天気の中で釣りが出来たので良しとしよう。バ−ベキュウの匂いが漂い、お腹がすきました。野良猫たちも、かきいれどきのようでした。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事