長崎県のきのこ・岩石・植物など

身のまわりの自然について語らいましょう。

長崎県のきのこ・植物・岩石

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

佐賀市北山ダム20150607

  用事の途中で寄りました。小一時間でしたが、きのこはまだまだでした。
写真は、ベニタケの仲間、ホソツクシタケ、ネジキの花、ツルアリドオシの花です。
イメージ 1

イメージ 2
     ベニタケの仲間
イメージ 3
   ホソツクシタケ
イメージ 4
  ネジキの花
イメージ 5
   ツルアリドオシの花

この記事に

開く コメント(0)

  以前から行きたいと思っていた戸根川(写真1枚目)に行ってきました。かなり期待していたんですが、一週間ほど遅かったようです。満月の影響もあるのでしょうか。視界の中に2〜3匹ぐらいでした。来年に期待です。
 そこで、翌日、気を取り直して、西山木場川(写真2、3枚目)に行きました。昨夜とは違い、多かったです。多いところで、視野に50匹ぐらいいたでしょうか。見学者全員、感動されていました。
イメージ 1
    長崎市琴海戸根町の戸根川(20150531)
イメージ 2
    長崎市木場町の西山木場川(20150601) 
イメージ 3
      長崎市木場町の西山木場川(20150601) 

この記事に

開く コメント(0)

 大村公園のハナショウブを見学していると、木製のベンチに黄色い小さい物が。近づくと、ツノマタタケでした。さっそく撮影開始。ハナショウブではなく、ひたすらベンチを接近して撮影している変なおじさん。と、見られたでしょうね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

 

今日の植物観察会で教えてもらいました。初めて聞いた植物名でした。近縁のシシウド(花期は8〜11月)に似ているが、花期が早く(7〜8月)、さらに大型で。小葉の数が多く、細長く、鋸歯が粗くて鋭いこと、小花序の数が少なく30個以下であることなどで区別できるそうです。別名オオシシウド。
 ここの観察場所には毎年1〜2回行くんですが、今まで気にしていなかったか、時期が合わなかったかですね。大勢で観察すると、知らないことを教えていただけるので、とても勉強になります。
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

 花菖蒲の開花が七分咲きです。帰るには早かったので、寄ってみました。小雨の中のハナショウブもきれいでした。
 ウィキペディアによると、「ハナショウブはノハナショウブ(学名I. ensata var. spontanea)の園芸種である。6月ごろに花を咲かせる。花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれている。大別すると、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に、原種の特徴を強く残す長井古種(長井系)を含め、4系統に分類でき、古典園芸植物でもある。他にも海外、特にアメリカでも育種が進んでいる外国系がある。」ということですが、それぞれの違いはよくわかりません。
 きれいな花を楽しむだけです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事