長崎県のきのこ・岩石・植物など

身のまわりの自然について語らいましょう。

長崎県のきのこ・植物・岩石

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 午後から、来週のきのこ観察会の下見に行ってきました。ミミブサタケ発生の確認がメインでした。例年発生している土手を探しても見つからない。しばらくして、再度念入りに探すと、小さいながら3群を発見。やっぱり、あきらめてはいけませんね。ここのは小さいです。菌核の栄養が少ないのでしょうか。今日確認したミミブサタケの最長でも、5cmしかありません。来週まで元気に残っていればいいのですが。他にはベニヤマタケが少しありました。まだまだ、種類的には少ないです。残り一週間に期待です。もう少し雨が欲しいですね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

   標高200mぐらいの林道脇の土手に一株だけ生えてました。掲示板でアレチノギクでは?と教えていただいたのですが、私が知っているアレチノギクとはなんか違うなと思ってました。
 みなさん、どう思いますか?ご意見をいただければと思っています。花は、これ以上開きません。花はアレチノギクに似ています。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

 下記の要領で、長崎きのこ会定例観察会を行います。皆様お誘い合わせの上ご参加下さい。
 3年前から続けて、ミミブサタケを観察しています(個体数は少ないですが)。今年も出会えるかはわかりませんが、意外と珍しいきのこが発生する場所でもあります。時期は違いますが、過去には、アクイロウスタケ、アシボソチチタケ、キカラハツモドキ、スオウシロオニタケ、ヒメコンイロイッポンシメジ、ミキイロウスタケ、カバイロコナテングタケ、サンコタケ、ホオベニシロアシイグチ、ミネシメジ、コマタケ、フタイロシメジなどです。
 写真は、20140528に撮影したミミブサタケと長崎市小ヶ倉水源地(赤い車は愛車です)です。
 テ−マ 初夏 里山のきのこⅠ(ミミブサタケを探そう)...
 期 日 5月31日(日)
 場 所 長崎市小ヶ倉水源地一帯
 集 合  10:00 長崎市唐八景公園駐車場(山頂)
      (ここで乗り合わせ最小限の車で移動します。)
 日 程 10:05 小ヶ倉水源地周辺 午前の部 観察
     12:00  昼 食 
      ( 昼食 飲み物等は各自準備下さい。)
     13:00 〜 午後の観察
      (きのこの状況によっては観察地を移動することが
       あります。)
     15:00 〜 きのこ同定 意見交換  
     16:00   解 散
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

  ウスムラサキフウセンタケなのか、ウスフジフウセンタケなのか、いつも悩まされるきのこです。
 図鑑によれば、
 ウスフジフウセンタケ→柄が中実、胞子が楕円形、縁シスチジアがない。
ということなので、写真の柄は中空、胞子は広楕円形〜類球形なので(縁シスチジアの有無は確認していない)、ウスフジフウセンタケ?にしました。...
 う〜〜ん、難しい〜〜
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

  振休だったので、雨でも傘を差して観察できると思い、散策に行ってきました。雨で林の中には入れなかったので、遊歩道沿いのみの観察となりました。観察したきのこは、ヒロハシデチチタケ、カシタケ?、キツネタケ?、アミスギタケのみでした。きのこシ−ズン到来には、ほど遠かったです。
 ヒロハシデチチタケはたくさん生えていました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事