ここから本文です

砂上の楼閣

怖い夢を見た。

夢の中で倉庫を建てている私、
倉庫は未完だが、雨を凌げるぐらいまでは出来ていて、釣りの道具だったり、乗り物だったり、工具などなど、少しではあるが収納されている。
完成すれば、とても楽しい場所になるだろう。

だだ建てていくと、様々な問題が発生する。
私の技量不足で設計通り出来なかったり、そもそも設計が間違っていたり、時には資材不足に陥ったり。

でも何とか完成させたい私は、その都度やり直してみたり、妥協して設計を変えてみたり、資材不足で作れないなら、思い切って無くしてみたりした。


こんな訳で当初の構想通りには出来ないのだが、それは残念なことだろうか?

私は思う。

何の問題もなく計画通りに出来るのは、スマートだが何か味気ない。それなら業者に依頼すれば良い。

自分で建てているのだから、様々な問題を、解決の方法は何であれ、自ら決めて進めるからこそ、面白いのではないかと。
妥協や出来ないことも多いかもしれないが、逆に新しいアイデアが浮かび、より良いものになったりする。

そんなことがあるから、楽しいのだと思う。


そんな建ててる最中のある日。大雨が降り出した。
基礎はしっかり作ったが、何と砂の上に倉庫が建っているではないか!

砂上の楼閣たる倉庫、雨で砂が流れ、無残にも崩れ落ちた。
大事なものも飲み込んで。

恐ろしい光景だ。
茫然自失な私。

そこで夢は終わった。



諸事情により、暫くblog更新を休みます。

この記事に

イメージ 1

会社にある
SGIのINDY、1994年発売の化石WSだが

インストールされているCAD/CAMを長年の慣れで
使いたい人もいる。

勿論グラフィックや計算スピードが現代のそれとは
比ぶべくもないが。

慣れ浸しんだインターフェイスが、いいのだろう。

でこのINDY、さすがにモニターがおかしくなってきた。

勿論ブラウン管世代。

電源を付けと、数分で、ブラックアウト。
ほっとくと、再び点灯。

仕事にならないので、どうにかしろとの依頼。


そういえば、以前あったSUN URTRA10も
モニターが駄目になりPC用のモニターに変えていた。

SUNの時の13W3-Dsub変換コネクターは残っていたが
SGIとは方式が違う様子(Sync on Green 詳細不明)

取り敢えず、SGI用を取り寄せた。

しかし、ネットでUNIXの情報を検索するも、既に閉鎖されていたりして
得られる情報は大分、少なくなっている。

これが時代の流れというものか。

でモニターを調達。

アスベスト比16:9 1920x1080なんて解像度設定は勿論ないので
4:3 1280x1024のモニターを調達。

その後、解像度とリフレッシュレートの設定。

ちなみにこのINDYはOSがIRIX5.3だ。

shellで

/usr/gfx/gfxinfoで現在の設定を確認。

スーパーユーザーで
/usr/gfx/setmon 1280x1024_60

これで、設定が切り替わる。

これで無事、PCモニターに出力することが出来たのだが
なぜかCADを起動すると、マウスカーソルと対象がうまく合わないというか。
選択できないというか。そんな症状が。

正直原因は不明だが、悪足掻きで、世代の新しいスクエアのモニターに変えてみた。

IO DATA LCD-A193V → IO DATA LCD-ASD-194V

これで何故か、不具合は収まった。

イメージ 2

一件落着。

でもさすがにINDYはこれで最後になることを切に願う。

この記事に

6月11日 本栖湖

イメージ 1

今年になって、全然時間が取れず
今年の初釣りが6月という事態に。

まあ弛んでる。

でいきなりの熱血第3戦の為、本栖湖へ。


天気:晴れ
気温:暖かい
水温:17℃〜18℃
水位:−1.04M
備考:強風

まあこの時期なんで、あれだが
前回、重めのラバージグに、ハイアピール系のトレーラーが
いい感じだったんで、時期が早い感もありつつも
主にこれで。

見つけたら、あれもやる感じ。

今回は、ジグも事前に準備して万全。

が、始めてみると、あっちは殆ど見かけず…

結局、朝方、リアクション系ジグで獲った1本で終了。

途中、強風で死にそうにもなったが

無事、帰還。

残念といえば、残念だが

久しぶりに何とも言えない、ワクワク感が感じられて
その点は良かった。

イメージ 2

こんな感じで終了。

交流戦ということで、チームペルセウスの皆さん。

ありがとうございました。


イメージ 3


私、病気ではないですからね。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事