全体表示

[ リスト ]

FT8 Roundup Contest

FT8初のコンテストの開催という事でプチ参加してみました。
入賞を狙うような参加ではなく、77bit版を使ったコンテストでの動作と
参加後のログ提出及びTurbo HAMLOGへのデーター移行までの一連の動作を
確認したい為です。

動作中の画面
イメージ 1

通常のQSOとは異なりSNRは交換せずシグナルレポートと連番です。
レポートはSNRに応じてWSJT-Xが自動的に変換し送出します。

やり始めてすぐトラブルに遭遇しました。
コンテストモード時は、WSJT-Xに備わっているContest Logが立ち上がりますが
ロギングがうまくいかず困りました。
原因はTAB1でした。(上の画像はTAB1)TAB2だと情報の受け渡しがうまくいかな
ようです。普段TAB2でやってる方はこのトラブルに遭遇したと思います。
TAB1で固定して運用する事で無事ロギング出来るようになりました。
連番が自動でカウントしないトラブルもありましたが、このロギング動作が正常
になるとこちらも自動で増えるようになりました。

イメージ 2


運用していて不便に感じた事はDupeチェックが無い事です。
今回は交信数が少ないので大丈夫ですが、増えると既に交信積みなのか
分かりません。ここらはVerUPで改良してほしい所です。

交信は僅か25局で終了。
ログの提出はCabrillo形式ですが、これもWSJT-Xに備わっています。
File -> Export Cabrillo log で出力出来ます。
詳細はこちらに書かれています。


最後にTubo HAMLOGへのデーター移行です。
方法は色々あるかと思いますが、一旦CTESTWINにデーターを読み込ませて
HAMLOG CSVファイル出力機能を使って移行しました。
具体的にはWSJT-Xで出力したCabrillo形式のファイルを、CTESTWINで読み込ま
せます。この時モードがCWになってしまいますが、一括変換でFT8に変えます。
HAMLOGに移行後に一括変換でもいいと思います。
ここまでくればLoTWやeQSL.cc等のADIFも好きに出来ます。

以上で一連の動作確認終了しました。

この記事に

閉じる コメント(2)

rc5 早々に使われたのですね。
先日とある局が全くデコード出来ないことがありました。
ひょっとしてrc5での運用だったかもしれません。

2018/12/4(火) 午前 9:54 [ JG1ULT ] 返信する

顔アイコン

> JG1ULTさん
コンテストでは多数見えましたが、普段は殆ど77bit版で出ている局は少ないです。12月10日以降でいいと思います。

2018/12/4(火) 午後 7:56 [ ヤマグチAA123 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事