12日、松戸市の「みんなが元気になる公共交通の検討会議」が、11か月ぶりに開かれ傍聴しました。
 昨年12月運行開始後、停留所ごとの乗降人数、平日と土・日・祝日の違いなどの利用状況が報告されました。また、70歳以上の運賃割引カードの申請状況と割引カードの利用状況など、調査を含め多岐にわたる報告でした。今後市内の交通不便地域への導入にあたって、ガイドライン作成のためさらに調査を行うため、実証運行は1年間延長することになりました。
 市のホームページに掲載されている情報では、利用者は毎月増加し、5月の1日平均の利用者は364人で収支率は31.8%、8月は1日平均450人収支率は39%に上昇しています。
 私は、さらに利便性向上のために、市内70歳以上全員を対象に運賃割引を行い、総合医療センターでいったん降りるのではなく、循環にせよと引き続き求めていきます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1 10月11日、松戸市議選告示日のちょうど1か月前、夜にもかかわらず松戸市民会館に700人が集まりました。松戸の市議選・来年の一斉地方選・夏の参議院選の候補者が勢ぞろいして、各人力強く訴えました。
 私は2分間で、看護師助産師の経験を活かして2期8年間、福祉の分野に力をいれて活動し、求めてきたお産後の母親の育児不安や産後うつの解消、乳幼児虐待の予防に役立つ産後ケアが1昨年開始されたこと。松戸市で国と一体の医療・介護の改悪に防波堤となっていること、地元の要望に市民の皆さんと一緒になって取り組みコミュニティバス運行実現したことをしっかりと話しました。各候補者に会場から応援の声やカスタネットなど賑やかでした。   
 小池さんは、「明るいですね」と話はじめ、沖縄の県知事選挙で玉城デニー勝利、国政・国際問題をわかりやすく、面白く話し松戸でも自・公の悪政にきっぱり対決する確信が深まりました。                                      →左から4人目が私です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 10日、夕方、新松戸北1丁目・2丁目の交差点で、信号機の
イメージ 1時間改善の署名行動を新松戸住民の方達と行いました。
 この交差点の信号は、新松戸ダイエーから続く「ゆりのき通り」の方向は70秒間の青信号となり、信号が変わって反対方向の青信号は25秒間とあまりにも差が大きい。(私は調査を行い9月議会でこの提案をし、松戸市の市民安全課も調査を行い確認しています)
 近くの住民の方からは「あまりにも差が大きすぎる、70秒待つのは長すぎる」「もう少し時間調整してほしい」と要望が出されています。
イメージ 2

 1時間の署名の訴えでしたが、「信号が長くて待つのが大変だったんだよ」と、高齢の自転車を押す男性は寄ってきて署名。仕事帰りの50前後のユニフォームの男性もすぐに署名。近くのマンションから署名を届けて下さった方もありました。
 近くにある中学校・小学校子供たちも立ち止まって聞いてくれました。「このせいで遅刻しそうになったんだよ」「信号のある交差点は通らない、信号機のない交差点の横断歩道を使う」など話してくれました。
 話しかけてみると地元の方の思いが直に伝わります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新松戸にもコミバスを

イメージ 1 7日、新松戸で2013年から続いている「ミニバスを走らせるつどい」に参加。
 中和倉のコミュニティバスの利用状況が、収支率で5月31.8%から毎月上昇して8月は39%になっていること。利便性をよくしてさらに利用者が増えるよう市議会で、①市内の全70歳以上を対象に運賃割引パスにすること、②市立総合医療センターで一度降りて運賃を払うのではなく循環にすることを提案していること、また、市内全域の交通不便地域にコミバスを走らせるよう取り組んでいることを報告しました。
 新松戸にも交通不便な新松戸北地域や新松戸南地域に、コミバスを走らせてと署名を行おうと、積極的な取り組みが提案されました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4









上本郷の三匹獅子舞は、中学2年生から踊るそうで、以前は長男だけだったそうですが、最近は踊り手が少なくなって長男だけではないそうです。9年目・11年目の大学を卒業した後まで、伝統芸能を守るため踊っていると、対となって祭りを行う明治神社の夜の部で踊るという9年目の若い男性に聞きました。素晴らしく力強い舞を見ることができて感動しました。30度を超す夏日となって踊る若者はさぞ暑いいだろうと思いました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事