全体表示

[ リスト ]

 8日は午後から、市立病院に関係する会議2つ。
1つは、市立病院事業事業経営計画推進懇話会で、今年度2回目2つの病院の収支状況は計画より低い理由、麻酔科の医師不足や看護師の充足状況はどうなのか、外来受診の予約をしていても何時間も待たされることなど、委員の方はしっかりと質問されていた。
 マサキ委員長(資料はすべて終了後すべて回収のため耳で聞いた氏名)は、「全国8000の病院の6〜7割が赤字、資産あるところはいいがないところは銀行から借り入れている。借り入れができなくなったら悲惨なことになる」と。 最後に委員長は、「市民のたイメージ 1
めに、市民が一番ということで頑張っていること、やっていることをもっと公開して、努力を一般市民に知らせるようにしたほうが良い。病院が議会のほうを向いている気がする。ある程度フリーハンドでできるようにしないとこの先はない」。
 委員長はいいことを言ってくれる。松戸市は市の財政からの繰り入れができているが、これ以上赤字を増やすのではなく、計画通りに赤字を減らしていくことに徹することが求められる。

2つ目は、市立病院の充実を願う市民ネットが主催した「地域医療の課題を深める2.8つどい」。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事