ここから本文です
沢味家 (Takumiya)
二上山のふもとからOUTDOORへ!
イメージ 1
イメージ 2







山頂でご飯を済ませて出発です。この時間でも到着して食事を
始める方が後を絶ちません。 天空の笹の原を進みます。
イメージ 3
イメージ 4







南に続く鈴鹿の山並みを見ながら石槫峠まで高度を下げます。
こちら側も満開です。
イメージ 5
イメージ 6







重ねの岩からの眺望は迫力があります。
イメージ 9
イメージ 10









下からの重ね岩         滑りやすい砂の斜面です
イメージ 11
イメージ 12









イメージ 13
イメージ 14








イメージ 15








いろんな芽吹きがこの季節を彩っているようです。
イメージ 7
イメージ 8





石榑峠到着、ここから小峠の下り口まで林道を10分
程度歩きます。
イメージ 16
イメージ 17








イメージ 18








沢筋に入ってすぐに滝が迎えてくれます。
イメージ 23
イメージ 24







 この梯子は停滞していて待つ間に小石でも落そうものなら下から
悲鳴が聞こえるようなところです。
イメージ 19
イメージ 20









木陰の路に滝に花と癒されながら進みます。
イメージ 21
イメージ 22









このころから道は狭くけれ落ちるところもチラホラです
イメージ 25
イメージ 26







登山道を塞ぐ流木もみんなで横にずらしました。
イメージ 27
イメージ 28







五階滝の渡渉を過ぎて      最後の難所を超えて
イメージ 29
イメージ 30









青い橋を渡って        そろそろ終わりです
イメージ 31
宇賀渓キャンプ場から林道を
水場を急登して遠足尾根に上がって尾根筋に竜ヶ岳を回る楽しいルートでした。
イメージ 33
イメージ 32

 少し気になっていたのですが山頂で靴のクッション素材がこわれだしていて下山は負担をかけないよう歩いていました。
 靴の管理は少し厳しくしなといけないと思いました。
イメージ 13



この記事に

イメージ 1
イメージ 2









いつものカヤックおやじ組と
宇賀渓キャンプ場から出発、シロヤシオ目当てで駐車場はいっぱい
 登山口から人が続いていました。
 案内板もパンフレットもこれでもかくらいに道標にNo.がふられていて遭難が多いようです。



イメージ 3
イメージ 8









川原でキャンプしている方も   新緑がとてもきれい
イメージ 4
イメージ 5









しばらく林道を滝と花をたのしみながら進みます
イメージ 6
イメージ 7









水場で顔をあらって       少し先の滝をパチリ
イメージ 9
イメージ 10

これから暫らく植林帯、   この岩場を抜けるとブナの尾根に!
イメージ 11
イメージ 12









イメージ 13
イメージ 14









ワイワイガヤガヤ、花の名前もろくに解らずに進みます。
イメージ 15
イメージ 16









笹尾根にでて頂上稜線が見える頃から満開のシロヤシオが迎えてくれます。
イメージ 17
イメージ 18









イメージ 19
イメージ 20









イメージ 21
イメージ 22









こんなにピッタリのタイミング、天気に恵まれてやっぱ晴れ男!
イメージ 23
イメージ 24









花の多いところでは渋滞気味、 GWより人多いそうです
イメージ 25
イメージ 26









頂上方面も 振り返っても 人の列、ちなみに登ってきたのは
「遠足尾根」です。
イメージ 27
イメージ 28









頑張りました! 竜ヶ岳 頂上です。 3時に起きて7時から登りだして、12時、よくもってます...。
イメージ 29
イメージ 30







頂上も満員!  
冷凍パスタと黒麦とホップです!
後半下山編に続く!
イメージ 13

この記事に

イメージ 1
イメージ 2







飲み過ぎて遅い漕ぎ出しですが素晴らしいお天気、風も落ちて!
先ずは見江島を周回
イメージ 4
イメージ 3







ここには大きくかなり深い洞窟があり次々の突っ込みます
イメージ 5
イメージ 6







洞窟から出るときの感覚はなとも言えない開放感があります。
イメージ 7







昨日は風では入れなかった筆島の洞窟に!
昨年のキャンプではここにたどり着くことも出来なかったけど
リベンジなりました!
イメージ 8
イメージ 9







早いけど親父たちの見江島キャンプ終了!
あんまり漕がないけど楽しいキャンプ来年も楽しみです!
イメージ 13


この記事に

イメージ 1
イメージ 2







GW後半は風が強くて、日程が移動したけど 見江島キャンプ晴れました
イメージ 3







湾の中は穏やかでしたが 目指す筆島の洞窟は今日はダメのよう
早々に見江島に湾を横切りますが大きなうねりでワクワク!
イメージ 18
イメージ 19

イメージ 4
イメージ 5












早い上陸だったのでテント張ったり、薪集めが終えて冷凍パスタに火を入れてのんびり...。
イメージ 6
イメージ 7









時間がいっぱいあるので島の灯台まで散策しますが怪しげな花が
右の白い花には刺々があるツタ?
イメージ 8
イメージ 9









登ったり、下ったりなかなかの路です。
イメージ 10
イメージ 11









うまく映らなかったけど志摩半島から尾鷲までの眺望
イメージ 12
イメージ 13









             浜にはこんな流木?
イメージ 14
イメージ 15









随分高価な焚き付けになりそうですね!
イメージ 16
イメージ 17









飲み過ぎて 夜中に目覚めると寝待月があたりを照らしていました
明日風が落ちるといいなぁ!
イメージ 13

この記事に

イメージ 1
イメージ 2







朝は松ぼっくりに松葉が着火剤!キャンプは寝ても覚めても焚火!
1本開けたので遅いお目覚めです。 目玉焼きとレトルトご飯で食事、コーヒーを入れて今日は鬼牙城へ
イメージ 3







天気に恵まれた漕ぎ出しです!  いつもは内から見る鬼牙城を海からの眺めです。  
イメージ 4
後はゆっくり帰るだけののんびり漕ぎは久しぶりです。





イメージ 5
イメージ 6

テントも撤収していたので木陰でお昼とコーヒー海を眺めて過ごします。 猫さんがおねだりですが何も挙げるものなしです。
 九州から来た家族がファミリーテントを建設中でお父さん大奮闘!  少し手伝って無事完成! GW家族と過ごせるのはうらやましいです。 家はインドア、行列好きですから...。
イメージ 7
1時間くらいではじめて 
 きなりの湯に 入りました。
 連休中日、空いていて気持ちよく体をほぐすことが出来ました。

 GW後半は天気次第かな?

イメージ 13




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事