ここから本文です
ハロー通訳アカデミーの受験ノウハウをすべて公開!

書庫全体表示

記事検索
検索

全483ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日本で暗躍するヤミガイドの実態報告

1週間ほど前に、読者の方から、ヤミガイド(無資格ガイド)について、下記のような質問を受けました。

●質問
「植山先生は、ヤミガイドは約5千名人〜1万人いると仰っていますが、実際のところ何人くらいなのでしょうか?」
そこで、下記の手順で、現在、日本で暗躍しているヤミガイドの人数を割り出してみました。
23日〜25日にメルマガが配信できなかった理由は、ヤミガイドの実態をあれこれ調べていたからでした。(汗;)

●ヤミガイドの人数の算出方法
最初は、一体、どのようにしたら、ヤミガイドの人数を算出できるのか、「闇夜に烏(カラス)、雪に鷺(さぎ)」の心境だったのですが、あれこれ、思案をめぐらすうちに、下記の算式で、おおよその概数を得られることが分かりました。

●訪日中国人観光客に対応するヤミガイドの人数算出の手順

(1)2016年の訪日客数(A):6,372,948(人)(JNTOの資料)

(2)内、団体旅行者の割合(%)(B):36.4%(訪日外国人消費動向調査)(観光庁の資料)

(3)団体旅行客数:(C)=(A)×(B)÷100=2,319,753(人)

(4)団体数(1団体当たり25人と仮定):(D)=(C)÷25=2,319,753÷25=92,790(団体)

(5)ヤミガイドの推定人数(一人のガイドが、1年間に25団体のツアーをすると仮定):(D)÷25=92,790÷25=3,712(人)

※中国語、韓国語のガイドは、99%がヤミガイドなので、上記の人数が、そのままヤミガイドの人数と推定できる。

●上記の算出方法により、中国、台湾、香港、韓国からの団体客に対応するヤミガイドの人数は、6,999名であることが明らかになりました。詳細は下記。

●2016年における(ヤミ)ガイドの推定人数(国別一覧表)(PDF版)

●ぼったくり免税店
ヤミガイドにぼったくり免税店連れて行かれる観光客は、ほとんどが、中国、台湾、香港、韓国からの団体客(4,374,273人)ですが、観光立国を目指す日本ならば、一刻も早く、ヤミガイドを撲滅しなければいけない。

●主なぼったくり免税店

(1)「ALEXANDER & SUN」(旧ダイヤ免税店)
・本社:東京都新宿区新宿5丁目17番13号オリエンタルウェーブビル6階

(2)有限会社光伸真珠
・本社:大阪府大阪市西区立売堀5-3-18 光伸大阪本社ビル

(3)Tokis 免税店(東京電気商会)
・本社:東京都千代田区外神田3-7-7 東京電気ビル

(4)永山株式会社
・本社:千代田区外神田6-14-11 サカイ末広 ビル

(5)ラオックス株式会社
・本社:東京都港区芝2-7-17 住友芝公園ビル15階 
・ホームページ:http://www.laox.co.jp/

●中国人観光客が、ヤミガイドに、よく連れてゆかれる中華料理店<太陽楼>

●NHKのニュース
下記は、2016年3月に、私が、NHKの取材を受け、ヤミガイドの免税店におけるぼったくりの構造を明らかにしたテレビ番組です。

・解説
就労資格がないのに、いわゆる「爆買い」で来日した中国人観光客らを免税店に案内して報酬を得ていたとして、中国人のガイド役が不法就労の罪で裁判所から罰金の略式命令を受け、国外退去処分になりました。
捜査関係者によりますと、ガイド役の口座にはおよそ3,000万円が入金されていたとい
うことで、警察は、ガイド役を使った中国系旅行代理店の役員らを不法就労助長の疑いで書類送検しました。
国外退去処分になったのは中国人の31歳の女で、警察は3日、ガイド役として使っていた中国系の旅行代理店と免税店の運営会社、合わせて6社の役員らを書類送検しました。

・無資格通訳案内士(ヤミガイド)が摘発されました。(1)(NHK昼12時のニュース)

・無資格通訳案内士(ヤミガイド)が摘発されました。(2)(NHK夜7時のニュース)

・無資格通訳案内士(ヤミガイド)が摘発されました。(3)(NHK夜9時のニュース)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年3月に「九州でヤミガイドが摘発された事件」の解説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)摘発された理由は何だったのか。大手3紙の報道を整理すると下記のようになる。
・毎日新聞(2016年3月4日付)不法就労助長:「爆買い」無資格ガイド、福岡県警が中国人を摘発。
・朝日新聞(2016年3月4日付)「爆買い」ツアー、無資格でガイド、入管法違反容疑で男女2人摘発
・日本経済新聞(2016年3月4日付)「爆買い」無資格案内、福岡県警が容疑の中国人ら摘発。

毎日新聞によると、摘発の容疑が「出入国管理法違反(不法就労助長)」であること。関与した免税店や旅行会社が、昨年訪日外国人旅行者数トップ3の中国、韓国、台湾資本であると報じている。

朝日新聞は、今回の摘発を「海外からのツアー客のガイド行為に同法を適用したのは全国初」と解説した。

日本経済新聞は、大手各紙が「無資格ガイド」「就労資格がない」「入国管理法違反」などと言葉を変えて説明している中国人ガイドらの摘発の理由として、「外国人向けに観光案内をする場合は「通訳案内士」の資格が必要だが、この男女は取得していなかった」(?)と指摘している。

(2)日本経済新聞の記事の要約(2016年3月4日)
中国発クルーズ客船が多数寄港する福岡市で先週(3月3日)、ツアー客の上陸観光のガイドとしてバスに同乗し、免税店を案内するかたわら、売り上げに応じたコミッションを得ていた中国人不法ガイドが摘発された。
報道によると、逮捕された中国人は「就労資格のないビザで日本に滞在し、買い物をする中国人観光客らをボランティア名目で案内。その見返りとして案内先の免税店から計約7500万円の報酬を受け取っていた」とされる。そのため、彼らにコミッションを渡していた免税店や業務を委託した旅行会社の関係者も「不法就労助長」容疑で書類送検されている。

(3)裁判所、警察による処分、対応
報道からは、この中国人ヤミガイドがどんな在留資格で日本に在留していたかは明らかにされていないが(→観光庁から福岡県警にお問合せいただきたい)、不法就労の罪で、裁判所から罰金の略式命令を受け、国外退去処分になった。
警察は、ヤミガイドを使った中国系の旅行代理店と免税店の運営会社、合わせて6社の役員らを書類送検した。

(4)適用された入管法(24条、70条)
今回は「報酬を受ける活動を専ら行っていると明らかに認められる者」(入管法70条1項4号)に該当するケースとして、「三年以下の懲役若しくは禁錮若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はその懲役若しくは禁錮及び罰金を併科」が検討されたと思われる。
結果、50万円の罰金(刑事罰)が課され、資格外活動の許可を得ずに「収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を専ら行っていると明らかに認められる者」(入管法24条1項4号イ)であるとして、退去強制事由にも該当するとして、退去強制処分になったようである。

(5)再発防止、かつ、実効性のある処分
3000万円の報酬を得て、50万円の罰金で済んだらぼろ儲けではないか、と思われるが、ヤミガイドにとって痛いのは、「退去強制処分」のほうである。
一旦退去強制処分になると、一部特殊なケースを除き、「最低5年」は日本に入国できなくなる。「最低で5年」なので、それ以上の期間入国できないようにすることも可能である。
なので、この中国人ヤミガイドは、二度と日本でヤミガイドをすることはない(できない)と思われる。

(6)背景には中国発クルーズ市場の急拡大がある
今回の摘発の背景には、ここ数年、福岡を中心に九州地区を訪れる中国発クルーズ市場の急拡大がある。2007年に始まった中国発クルーズ客船の福岡寄航は、その後の日中関係の悪化や東日本大震災などの影響で増減しながらも、昨年大幅に回数を増やし、年間200回を超えるまでになった。
2016年はさらに増えそうな勢いで、博多港への国内外のクルーズ客船寄航の予約件数(中国発以外も含む)は、2016年2月1日現在、400回を超えている。そのうち多くを占めるのが中国発客船である。この激増ぶりは、中国の消費者に東シナ海を周遊するクルーズ旅行がいかに支持されているかを物語っている。
一般に中国のクルーズツアーは乗船中の朝昼晩の食事代は無料で、驚くほど割安な海外旅行といえる。ゆっくり船内で家族が過ごせるため、華人好みの3世代のファミリー旅行も多い。
航空便によるツアーと違い、買い物によるお土産の持ち込みに制限がないことも人気の理由である。まさに「爆買い」には打ってつけの旅行形態である。

(7)何故、免税店からのコミッション(バックマージン)が必要なのか?
もっとも、ここ1、2年で中国側では供給過多で料金競争が激化し、上海発福岡、済州島などをめぐる4泊5日のコースが2000元(約3万4000円)を下回るツアーも出ている。
それでも、現地のクルーズ会社が客船の運航をやめようとしないのは理由がある。
実際に、クルーズツアーを販売しているのは、現地の旅行会社であり、彼らがいくらでツアーを販売しようと、クルーズ会社には一定の金額が入るため、基本的に困らないからである。
しかし、旅行会社は売れ残ると困るから、安値でも販売するという悪循環が生まれているのだ。
ではなぜ現地の旅行会社が安値でも販売できるかというと、現状ではクルーズ客を集客し、日本に送り出すまでが彼らの仕事で、本来負担しなければならないはずの日本での上陸観光にかかる手配コストを日本側に丸投げしているからである。
だからといって、旅行会社もどれだけ利益を得ているかあやしいもので、現地の関係者からは「せめて赤字にならないためにも、売りさばくしかない」との声が聞かれる。
実はこれが今回の摘発に大いに関係してくる。
つまり、クルーズ客の上陸観光のバスやガイドの手配コストは、日本側の業者が負担しているのだ。では、どうやって彼らはコストを補填し、利益を得るというのか。それが免税店からのコミッション(バックマージン)というわけである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<予備校110番>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●毎年、多くの受験者が、悪質な予備校に食い物にされて泣いています。予備校に食い物にされた方は、その内容を是非ご報告ください。

件名:<予備校110番>
宛先:info@hello.ac

●悪質な予備校に騙されるな!

以上

この記事に

開くトラックバック(0)

2017年度通訳案内士試験の試験日程が発表されました!

━━━━━━━━━━
読者の声(質疑応答)
━━━━━━━━━━
●神様、仏様、植山様
本日、JNTOのサイトを見ると、今年の試験日程が発表されていましたが、第1次筆記試験、第1次筆記試験合格発表、第2次口述試験のすべての日程が、先生が予想していた日程と同じだったので驚きました!
先生には、予知能力があるのでしょうか。その予知能力で、どうぞ、迷える子羊である私たちをお導きください。

●回答
ヤミガイドの実態調査でバタバタしていて、不覚にも、今回は、読者の方から、試験日程のご連絡を頂戴いたしました。(汗;)
私は、神でも仏でもありませんが、過去42年間、毎日、通訳案内士試験と向き合ってきたから、試験日程などは、事前に分かって当然だと思います。

●ヤミガイドの実態調査
現在、日本で暗躍するヤミガイドの実態について、次号にてご報告したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度通訳案内士試験の試験日程
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●願書配布・受付期間
 2017年5月15日(月)〜6/26(金)
 ※郵送の場合は6月26日消印有効

●第1次筆記試験
 2017年8月20日(日)

●第1次筆記試験合格発表
 2017年11月9日(木)

●第2次口述試験
 2017年12月3日(日)

●合格発表
・ウェブ上での合格者受験番号の掲示
 平成29年12月25日(月)〜28日(木)(予定)
 
・官報公示、合否通知および合格証書の発送 
 平成29年2月2日(金)(予定)

●JNTOのサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<予備校110番>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●毎年、多くの受験者が、悪質な予備校に食い物にされて泣いています。予備校に食い物にされた方は、その内容を是非ご報告ください。

件名:<予備校110番>
宛先:info@hello.ac

●悪質な予備校に騙されるな!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度通訳案内士試験ガイドライン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2017年度通訳案内士試験ガイドライン

以上

この記事に

開くトラックバック(0)

「業務独占廃止」への流れを阻止しましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者の声(質疑応答)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●植山先生
私は、A予備校(匿名にてお願いします)で働いているのですが、「業務独占廃止」への動きの影響なのか、最近、受講生がかなり減ってきました。そこで、このまま勤務すべきか、転職すべきか判断に迷っています。
業界のカリスマである植山先生のご意見を伺うことができればと思い、失礼ながら、メールを差し上げました。ご助言いただけたら幸いです。

●回答
通訳案内士予備校は、通訳案内士の「業務独占廃止」への動きと高額の授業料が敬遠されて、最近、どこも、受講生が減っています。
「業務独占廃止」になったら、高額の授業料を払う人は皆無になっても不思議ではありません。
なので、早々に転職先を探すことをお勧めいたします。

(付記)
どこの予備校も「業務独占廃止」への流れを、入学前に受講生にきちんと説明していません。説明すれば、入会しないからですが、これは、はっきり言って「詐欺商法」です。
予備校は、後で、生徒から恨まれるようなことはすべきではありません。これは、予備校経営者の倫理の問題でもあります。

●参考資料(「業務独占廃止」への流れ)

・資料<その1>通訳案内士制度の見直し方針について(最終取りまとめ)(通訳案内士制度のあり方に関する検討会)(2017年3月10日)

・資料<その2>「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」を閣議決定(2017年3月10日)
 本法案は、国会に提出され、現在、上程待ちの状態です。

・資料<その3>「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」と理由

・資料<その4>「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案参照条文」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<通訳案内士の業務独占廃止はやめてください>のネット署名にご協力を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「業務独占廃止」への流れを阻止するために、是非、ネット署名にご協力ください!
現時点で、1,107筆になりました!

●<通訳案内士の業務独占廃止はやめてください>のネット署名のサイト

●「観光庁との会談のご報告」を動画でご覧ください。

●皆さんのご意見、ご希望をお聞かせください。
・件名:<読者の声>(氏名)
・宛先:info@hello.ac

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<予備校110番>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●毎年、多くの受験者が、悪質な予備校に食い物にされて泣いています。予備校に食い物にされた方は、その内容を是非ご報告ください。

件名:<予備校110番>
宛先:info@hello.ac

●悪質な予備校に騙されるな!

以上

この記事に

開くトラックバック(0)

第1次筆記試験の<合格基準点>とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者の声(質疑応答)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年、初めて受験する者ですが、第1次筆記試験の<合格基準点>について二つ質問があります。予備校の先生に聞いたところ、「私は、よく分からないので、ハローの植山先生に聞いてみたら。。。」と言われたので、よろしくお願いいたします。
ちなみに、その先生もハローのメルマガの愛読者です。

●質問<その1>
通訳案内士試験ガイドライン(2017年4月4日改定)によりますと、外国語筆記試験、日本地理、日本歴史の合格基準点は、70点なのに、一般常識のみ、60点となっていますが、これは何故ですか?

●回答
以前は、一般常識も含めて、すべての科目の合格基準点は70点だったのですが、数年、一般常識のみ、他の科目と比べて平均点がかなり低くかったので、一般常識のみ、合格基準点が60点となりました。

●質問<その2>
過去問を2〜3年分、自分で解いてみたのですが、日本地理と一般常識が苦手で、それぞれの合格基準点に10点〜20点届きませんでした。
ガイドラインには、「実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、Ⅰ(4)において記載した合格基準の事後的な調整を行うこともある点に留意すること」とありますが、実際のところ、どの程度、「事後的な調整が行われる」のでしょうか?

●回答
過去10年程度の合否状況を分析しますと、各科目の平均点付近が、実際の合格点となっていますので、概ね、受験者の平均点が実際の合格点と考えてよいと思います。
以前のガイドラインには、「各科目とも、合格基準点が受験者の平均点となるように、問題を作成する」旨の記載がありました。
即ち、第1次筆記試験には、平均点=合格点という大原則があるということです。
ですから、年度ごとの試験問題の難易度に一喜一憂する必要は全くなく、ともかく、受験者の平均点を確保できるように、学習を進めることが大切です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日の格言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。
(福沢諭吉) 

●結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。
(ヘレン・ケラー) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度通訳案内士試験 試験日程(予想)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度に受験する方は、下記を目安に準備を進めてください。

●願書受付期間
2017年5月15日(月)〜6/30(金)

●第1次筆記試験
2017年8月20日(日)

●第1次筆記試験合格発表
2017年11月9日(木)

●第2次口述試験
2017年12月3日(日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度通訳案内士試験ガイドライン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2017年度通訳案内士試験ガイドライン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<予備校110番>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎年、多くの受験者が、悪質な予備校に食い物にされて泣いています。予備校に食い物にされた方は、その内容を是非ご報告ください。
・件名:<予備校110番>
・宛先:info@hello.ac

●悪質な予備校に騙されるな!

以上

この記事に

開くトラックバック(0)

公式ブログ(無料)を整理、整頓しました!

私が、ハロー通訳アカデミーの公式ブログを使って、受験情報の発信を始めてから、今日で、4,036日(11年と21日)になります。
その間、投稿(掲載)した記事は、数千なのか数万なのか、見当もつかない程、多くなりました。(汗;)
「情報は、多ければ多いほど良いというわけではなく、整理されていない情報は無に等しい」と私は思います。
そこで、この度、2017年度の受験者の皆さんに大いに活用していただくために、公式ブログを整理、整頓させていただきました。
先週の木曜日から始めて、5日間かけて作業していましたので、メルマガも配信できなかったという次第です。

●公式ブログ(無料)で、独学無料合格を果たせ!
ハローの公式ブログは、通訳案内士試験受験のための情報の宝庫です。
内容を整理、整頓したことで、より使いやすく、能率的に勉強できるようになりました。公式ブログを活用して、是非、独学無料合格を果たしてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
整理、整頓した公式ブログのカテゴリー(2017年度合格必勝サイト!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●悪質な予備校に騙されるな!

●2016年度合格祝賀会

●2017年度受験<動画学習コーナー>(無料)

●2017年度受験<音声学習コーナー>(無料)

●2017年度受験<Flashcards Deluxe>(無料)

●2017年度受験<特訓1800題>(地理・歴史・一般常識)(無料)

●2017年度受験対策<重要教材、資料のダウンロードコーナー>(無料)

●2017年度受験対策<第1次筆記試験(問題・解答)>

●2017年度受験対策<独学合格資料>(無料)

●2017年度受験対策コーナー

●2017年度<英語1次試験受験者>へ

●2017年<地理、歴史、一般常識>受験者へ

●2017年度<日本歴史>受験者へ

●2017年度<一般常識>受験者へ

●2017年度<日本地理>受験者へ

●2017年度<2次試験>受験者へ

●「日本的事象英文説明300選」のご案内

●2016年度<合格体験記>

●2016年度<第1次筆記試験>合格体験記

●2016年度<第1次筆記試験>受験の感想

●2016年度<合格しました!>

●2015年度<合格体験記>

●2014年度<合格体験記>

●2016年度2次試験<受験レポート>

●アーカイブ(第2次口述試験問題)

以上

この記事に

開くトラックバック(0)

全483ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事