京都検定合格を目指す京都案内

京都検定、がんばってください。ココロ京都、京都好きYahooブログもよろしく

京の社寺めぐり

すべて表示

宇治川に沿って興聖寺へ


興聖寺は、慶安元年(1648)、淀城主の永井尚政が、かつて曹洞宗の開祖道元上人が伏見の深草に開いた寺の名前に因み、宇治の地に菩提寺として復興した曹洞宗の寺院です。
 
 興聖寺へは、宇治橋方面から宇治川の北側(右岸)を川の流れを見ながら川上へ向い、宇治神社の鳥居前をさらに上流に向かいます。
 
 この道は、四季折々に気持ちの良い散歩道です。とりわけ新緑や紅葉の頃はすばらしく、朝霧橋や川の対岸に見える浮島の十三重石塔は、宇治らしい情緒を感じさせてくれます。
 
 梅雨時の晴れ間が見られた早朝に歩いて見ました。
 
 
 
1 宇治川の眺め
 
●ゴイサギと宇治川と浮島十三重石塔
イメージ 1
 
 
さらに上流に進むと、宇治川に面して、石造りの興聖寺の総門があります。
 
 
2 興聖寺
 
 
 
総門
イメージ 2
 
イメージ 12
 
 
「琴坂」
イメージ 13
 
イメージ 14
 総門をくぐると、緩やかな坂道が楼門まで約200m続いています。この坂道は坂道に沿って流れ落ちる谷川のせせらぎが琴の音色のようだということから「琴坂」と名づけられています。
 
 坂道の両脇には大きな楓の木々が空を覆うようで、秋は紅葉のトンネルになりますが、新緑の頃もとてもきれいです。
 
 また、ゴールデンウィークの頃には坂の両脇に自生する山吹の花が咲き、そのようすはとても情緒があります。
 
 
山門(楼門)
イメージ 15
 
イメージ 16
 
  天保12年改築。竜宮造りの門。楼上に十六羅漢をまつる。
 
 
 山門(楼門)をくぐると、正面に薬医門、左に秋葉大権現、右に鐘楼がある。
 
 
薬医門
イメージ 17
 
イメージ 18
 
 山門(楼門)をくぐって正面。
 
 弘化3年(1846)の改築で、別名「中雀門」と呼ばれる。
 
 薬医門の左側に、推定樹齢300年といわれる、ひめこまつがある。
ひめこまつは推定樹齢300年という。
 
 
秋葉大権現
イメージ 3
 
 
 薬医門をくぐると、正面に法堂、右に庫裏、左に禅堂が朝日山を背景に、いかにも禅の修業道場らしく整然と立ち並ぶ。
 
朝日山の緑にいだかれた境内は、いつ訪れても禅寺らしい張りつめた空気が感じられる。
 
 
法堂(本堂)
イメージ 4
 
 正面の法堂は伏見城の遺材を使って造られたと伝えられ、血天井や鴬張りの廊下などがある。
 
イメージ 5
 
・血天井
イメージ 6
 
 
法堂前に広がる石組みの庭園
イメージ 7
 
イメージ 8
 
建物に囲まれ、鶴と亀をかたどる。
  
 
開山堂(老梅庵)
イメージ 9
 
 
 法堂から奥にあり、開山の道元禅師像など祖像を祀る。
  
 
●不動明王の石仏とギボウシの花
イメージ 10
 
イメージ 11
 
 
 
 
3 沿革  
・曹洞宗の開祖道元禅師が、伏見・深草の極楽寺跡(現宝塔寺)に創建した興聖宝林禅寺が始まり。
 
・その後、禅師が越前の永平寺に移ると衰退し、その後も応仁の乱の兵火で焼失した。
 
・慶安元年(1648)、淀城主の永井尚政が、廃絶した興聖寺を惜しみ両親の菩提寺として、宇治の地に諸堂を建立。寺地は宇治七名園の一つの朝日茶園であった。
 
・現在は曹洞宗の修行道場ともなっている。本尊は釈迦如来。
 
・安置している木像の聖観音立像(平安後期)は、かつて、源氏物語宇治十帖の一つ、手習いの杜に祀られていた事から、「手習い観音」と呼ばれている。
 
 
 
4 宇治十二景
 
 貞享2年(1685)に水雲堂孤松子の撰により刊行された「京羽二重」に記されている宇治の12の名勝。
 
 春岸山吹・清湍蛍火・三室紅楓・長橋暁雪・朝日靄暉・薄暮柴舟・橋姫水社・釣殿夜月・扇芝孤松・槙島瀑布・浮舟古祠・興聖晩鐘
 
 興聖寺は、「春岸の山吹」と「興聖の晩鐘」がある名所とされた。
 
 
 
※参考
道元は宋からの帰国後、寛喜2年(1230)から、京都深草の安養院に滞在していた。天福元年(1233)、道元は、深草にあった藤原氏ゆかりの大寺院である極楽寺の跡に観音導利興聖宝林禅寺(興聖寺)を開創する。嘉禎2年(1236)には伽藍を整備し、僧堂が開かれた。
 
興聖寺は、比叡山延暦寺の弾圧を受け、寛元元年(1243)、道元が越前に下向して以降荒廃し、住持4代で廃絶した。その後慶安2年(1649)、淀城主の永井尚政が万安英種を招聘して5世住持とし、朝日茶園のあった現在地に両親の菩提寺として、復興したのが今ある興聖寺である。
(以上、フリー百科事典「ウィキペディア」より引用)
 
 
 
5 京都検定の出題歴
平成18年度1
(問)淀城主の永井尚政が宇治の地に菩提寺として復興し、総門から続く琴坂に植えられた桜、カエデなどが有名な曹洞宗の寺院はどこか。
 
(正解)興聖寺
 
 
平成17年度2級(改)
(問)次の伝説の石の名前は何か。
豊臣秀吉が伏見城を築いた時、宇治川の水を城内に引くために、地下水道を引かせたが、その水の取り込み口を隠すための石。
 
(正解)亀石
 
 
 
6 練習問題
(1)曹洞宗永平寺派。山号:仏徳山。本尊:釈迦三尊。
 
(2)沿革
・曹洞宗の開祖( 1 )が伏見の深草に道場を創建。
・その後廃絶し、慶安元年(1648)、淀城主の( 2 )が宇治七名園の一つの「朝日茶園」であった現在の場所に再興。
 
(3)宇治十二景の名勝
「春岸の( 3 )」「興聖の( 4 )」など
 
(4)( 5 )
 宇治川右岸に立つ石造りの総門から山門まで続く約200mの参道。両脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音色のように聞こえることから名付けられたという。山吹、紅葉の名所として知られ、宇治十二景の一つに数えられ、昔から多くの人に親しまれてきました。
 
(5)伽藍
 
①本堂
( 6 )の遺構を移築したもので血の手形が残る天井や鴬張りの廊下などがあります。
 
②平安時代中期の木像聖観音立像
本堂の奥に建つ天竺殿に安置されています。『源氏物語』宇治十帖の「( 7 )」に因む手習観音という聖観音像といわれています。
 
【正解】
1
道元
2
永井尚政
3
山吹
4
晩鐘
5
琴坂
6
伏見城
7
手習
 

.


みんなの更新記事