全体表示

[ リスト ]

 
先週は、米中関税合戦が再燃して、中国経済の影響を受けやすい豪ドルは1/3のフラッシュ・クラッシュで瞬間的に付けた安値後の実質的な年間最安値75.24円まで10銭のところまで売られ、終値ベースで年間最安値更新して、3日続落で4/17の年初来高値80.72円から540銭も売り込まれた。
 
ドル円は、自動車関税発動の180日延期や16日の米住宅着工件数など経済指標の良好な結果が続いた事で4/24の年初来高値からの下落は240銭に留まっているけれど、対中報復関税第4弾が実行されると米経済に与える影響は大きく、米GMなど産業界から苦言も出始め、利下げ観測も有る事からドル安になる可能性が高いと思われる。
 
トランプ米大統領の「言いたい放題」に中国は「大人の対応」をしてきたけれど、ファーウェイへの圧力などを受けて、週末には態度を硬化させた感が有り、アメリカとの協議は難航が予想される。
 
ただ、オーストラリア総選挙で与党が政権を維持して政情不安が除かれた事は、売られ続けている豪ドルにとって良いニュースと思われ、豪ドル売り圧力は弱まるかも。
 
今日は850分に日本GDPの発表が有るけど影響は限定的と思われ、明日のパウエルFRB議長発言などを意識した小動きが続くと見て、今日の予想はドル円109.60110.30、豪ドル75.3075.80くらいかな。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事