山女太郎の渓流釣りと海釣り

釣りが楽しまれるだけでも幸せを感じる・・・歳かな??

全体表示

[ リスト ]

何年か前まで椎葉では有志による「椎葉平家マス釣りがち大会」が開催されていた。
「平家マス」とは椎葉村のダムや河川で育ったヤマメが、ワカサギなどの小魚をたっぷりと食べて大きくなった個体(ランドロックサクラマス)の事を何と呼ぶかと議論され、公募して一番多かった名前としてつけられたものです。
ダムではルアー釣りで、耳川本流や支流でも稀に五十センチを超える個体が釣れていました。
しかし、去年か一昨年あたりから「椎葉平家マス釣りがち大会」は自然消滅したようだ、理由は分からない。
主因としては「釣れない」だろう、副因として参加者が少ない事もあるかも知れないし他にも要因が有るのかも知れない。
去年、今年とダムでは大物が上がっていない、と言うよりも小さい奴すら殆ど釣れていない。
何故だろうと考えた時に、
去年は小物すらルアーを追っかけて来なかった、以前は小物が食いつかないまでもルアーについて来ていた、今年の状況を見ると来年の予想も出来る、間違いなく来年も釣れない、尺以下は少し出るだろうが平家マスと呼ばれる五十センチクラスはほぼ釣れない、再来年も同様だ。
今年、漁協がダムに稚魚放流したとしても尺上が釣れる程の効果が出るのには最低三年は掛かる、それもワカサギも放流されたとしての事だ。
漁協が言うにはワカサギは供給元である諏訪湖が不漁でこの二年は購入できなかったとの事だ。
ワカサギの発眼卵は諏訪湖だけが出荷しているわけではない、他にも出荷している所がある、一年目は仕方ないとしても二年目は何故二か所に発注しなかったのか、半分でも確保して居たら良かったのにと思う。
いずれにせよ、自然産卵だけでヤマメが沢山釣れる川なんて日本のどこを探しても(ひょっとしたら北海道はあるかも)無いでしょう。
椎葉の山が昔のように豊かになり、沢山の水を貯え川の水量を安定させ、気候が穏やかになるまでは無理な願いです。
それまでは河川とダムへの稚魚放流に頼るしかありません、このままであれば平家マスは幻の魚になってしまいます。
椎葉での釣りを、そして椎葉を愛する皆さん、声を上げましょう。

椎葉村のホームページ下段のお問い合わせをクリックし、漁協あてに、
平家マスを増やすためにダムにヤマメの稚魚とワカサギを放流して下さい・・・・とメールをして下さい。

閉じる コメント(22)

顔アイコン

椎葉村のホームページの下段のお問い合わせですね。やってみます! 削除

2019/3/7(木) 午前 10:46 [ haru ] 返信する

顔アイコン

併せて、ブルーギル退治をしなきゃならないだろね!
ブラックバス以上に貪欲で動くやつ何でも喰っちゃうからね〜
特に、卵から孵化したばかりのワカサギやヤマメは流れのない岸辺で、彼等と同じ場所に留まるし、彼等にとっては絶好の餌となってしまうからね。

ブルーギルの退治方法、誰か良いアイデア持ってないでしょうかね〜!

2019/3/7(木) 午後 1:07 [ 岩魚親父 ] 返信する

顔アイコン

haruさん、釣人など大勢の人が声を上げないとなかなか通じません、椎葉の為にもなる事だと考えます。
よろしくお願いいたします。

2019/3/7(木) 午後 1:30 山女太郎 返信する

顔アイコン

岩魚親父さん、外来種は駆除したいねー、広がってしまった今としては何が効果的なのかを考えてやらないとですね、漁協にも話はしています。

2019/3/7(木) 午後 1:33 山女太郎 返信する

毎年、何人もの人達が遊漁証を買っているのにダムに放流がされていないってのが納得いかんです❗(ーー;)

本流にしても支流にしても、去年の状況を見ても『本当に放流してるの❔』って言いたくなるぐらい釣れんだったし……

漁協はいったい何をやってるんでしょうね……😔

2019/3/7(木) 午後 7:12 [ Jiro ] 返信する

顔アイコン

Jiroさん、五ケ瀬トンネルの先の商店も入漁券を売っているけど、数が減ったと言ってた、解禁日に小崎方面は十人程度の釣人、しかもそのうち七人は我が仲間達、例年であれば入れ替わり立ち代わり釣人が来るのにね。
地元の人達も魚を入れとらんと言うよ、役場や漁協はそんな事は無いちゃんと入れてると言ってる、何が真実かは分からないけど魚が急にいなくなったのは事実だからきちっと原因を追究しないといけないね。

2019/3/7(木) 午後 8:28 山女太郎 返信する

顔アイコン

はじめまして!
椎葉に在住しているものです(^-^)いつもブログ拝見させていただいています(^-^)私は渓流釣りはあまりやらないのですがたまにダムでルアーをやります(^-^)/ホント近年全く釣れなくイダばかり…楽しみもなくなりダムが目の前にありながら釣りに行くことがなくなりました(>_<)
私が思う釣れなくなった原因の一つに『鵜』と『サギ』の存在があると思います(/o\)サギはともかく最近は鵜が急激に数を増やしダムや川に頻繁に潜っているのを仕事中でさえ目にします(-_-)
鵜を退治するいい案はないものでしょうか…(T-T) 削除

2019/3/7(木) 午後 11:21 [ ヤマザクラ ] 返信する

顔アイコン

ヤマザクラさん、初めまして、私は二十三のころから椎葉に通い始めて来年で五十年になり椎葉は第二のふるさとみたいなものです。
ホントに近頃は川もダムも釣れなくなりましたね、昔は本流を釣り上れば型の良い奴(26センチクラス)が沢山釣れました、釣人が増えて魚が減ったのか自然環境の悪化の為なのか?どれもが要因でしょうが、昔のように釣れる椎葉に戻したいですね。
さて、サギや鵜もその要因の一つでしょう、サギは潜らないので鵜よりは軽微かな、鵜を駆除するのに一番手っ取り早いのは巣を見つけて産卵時期に壊してしまう事です、これは鮎やサツキマスで有名な所でもやられてるようですね、あとは銃による駆除です、鵜やサギは飛翔速度が遅いので飛んで来れば簡単に撃ち落とせます、基本的にダムは禁漁区もしくは銃猟禁止になってる所が多いので許可が必要、鵜は元々撃てない鳥ですから当然の事ですけどね。

2019/3/8(金) 午後 8:23 山女太郎 返信する

顔アイコン

天邪鬼さん、初めまして、ダムや川に居る大物はサクラマスか銀毛か?、私にとってはどちらでも良いのですが、ヤマメがサクラマスの陸封型と言われてますので卵が先か鶏が先かみたいなものでしょうか。
確かに椎葉出身の熊本在住の方が放流をされたのは事実です、当人とダムで何度もお会いし話をさせて頂きました、何時頃放流されたかは
忘れてしまいましたがそんなに昔の事ではなかったような気が??、放流効果が尺上となって現われるのは大体に三年後くらいですね。
ワカサギが指定魚種になったのは確か平成二十四年〜二十五年くらいだったと記憶しています、それ以前は入漁券なしで大勢の人がダムや流れ込みで掬っていました、今の不漁の原因は何なのかの追及も必要ですし、今のようにダムも川も釣れない状況で釣人が椎葉まで行こうと言う気になるかどうか、現に五ケ瀬トンネルを椎葉側に入った先にある商店さんは入漁券が売れなくなったと嘆いてました。
いずれにせよ、管轄される漁協さんの考え次第ですね。
私は大物が釣れる椎葉てあって欲しいと願ってますし漁協さんとお話もさせて頂いてます。

2019/3/8(金) 午後 8:46 山女太郎 返信する

太郎さんの呼び掛けで、微力ながら椎葉村のHPを通じて漁協に対して意見を投稿させていただきました。
釣れなくなった原因は鵜やサギの問題や放流量、放流場所のことだけでなく、ワカサギ、外来魚、釣り人、川や湖の環境悪化・・・色々あるのでしょうが、今のままではますます釣れなくなり、釣り人は来なくなる。そして遊漁券は売れず、放流量は減っていくという悪循環になってしまいます。
私も個人で上椎葉ダムに3万匹を放流した方とお話ししたことがありますが、数年前までの椎葉の好調さはこれに支えられていたと思っています。
ダムに数万匹が毎年継続的に放流され、ワカサギも放流されれば、残る魚も増え、遡上した大きな魚が産卵し、川での稚魚も増えると思うのです。
色々な考え方はあると思いますが、漁協の方には前向きに検討して欲しいと思います。

2019/3/9(土) 午後 11:50 こは 返信する

顔アイコン

こはさん、有難うございます、何故釣れなくなったかについては色々言われていますが原因も色々あるのでしょう。
今の状況を打開するにはまず稚魚放流とワカサギを入れてみる事しかないと思います、鵜だサギだ外来魚だの言っててもやって見なきゃ分からん事ですね、皆が力を合わせるしかないと考えますし、出来る協力は惜しみません。

2019/3/10(日) 午前 7:02 山女太郎 返信する

顔アイコン

私もちょくちょく椎葉に行かせて頂きますが、本当に型のいい魚の姿を見かけなくなりました。特にダムから尾前集落にかけての区間は顕著ですね。腕が悪いだけだかもしれませんが…。魚が少なくなった原因は種々ありそうです。イワナ問題、川鵜、ワカサギの減少、ブルーギルやハスの増殖、釣り人のマナーなどなど。 削除

2019/3/18(月) 午前 4:25 [ 雨子太郎 ] 返信する

顔アイコン

椎葉村役場にこれらの問題を提起し、地元の力で解決を図ることが一番大切だと思いますが、そこまでの求心力が無いのであれば、私達、椎葉に集う釣り人の手で解決を図ろうとするのも一つの手ですね。
放流量を増やせと椎葉村に迫るよりも、山女太郎さんのHPに集う仲間たちで募金を集め、ワカサギを放流しませんか?
最初にコメントしている方が80000円程の予算があれば放流可能とおっしゃられていますし、「椎葉の好調さは個人の放流に支えられていた」と実感されている方も上にいらっしゃいます。
もちろん毎年というわけにはいかないでしょうが、まず第一歩として放流のためのお金を集め、椎葉村役場に、「ワカサギ、ヤマメを放流させてくれ!」とメールするほうがよっぽど現実的ですし、その後行政も動いてくれるかもしれません。動かないというより、動けないのかもしれませんが…。 削除

2019/3/18(月) 午前 4:27 [ 雨子太郎 ] 返信する

顔アイコン

私はその為であれば喜んで募金や放流のための協力をしますよ。
山女太郎さんほどの腕前や人望をお持ちの方がお声掛け頂ければ、椎葉でオフ会に参加される方々も協力を惜しまないのではないでしょうか?ヤマメが釣れなければ、尾前周辺の民宿も潤わないわけですし、民宿一泊我慢して卵放流に捧げるくらいの想いが無ければ魚も釣り人も増えないかもしれません。地元もそこまでヤマメに期待して無いのかもしれませんが…。過疎の村の限界かもしれませんね。
感じたことをそのまま書きました。乱筆お許し下さい。 削除

2019/3/18(月) 午前 4:28 [ 雨子太郎 ] 返信する

顔アイコン

雨子太郎さん、ご意見有難うございます、まったく仰る通りだと思います。
経過については事細かくは書けませんが、役場には事前にメールで連絡し、去年の九月に役場を訪問して漁協の事務局の方に費用の面についてもお話をさせて頂きました・・が、連絡を頂けるようになっていたのですが、約六カ月の間何もありませんでしたので解禁前に再訪問し、今回は役場の方と話をさせて頂きました。
現在も漁協に話をしたいとメールをしており連絡待ちとしています。
椎葉を昔のように型の良いヤマメが釣れる里に戻したいの気持ちです、むろん釣り仲間達も同様に考えています、費用についてはご協力を頂く時はブログにてお願い致します。

2019/3/18(月) 午後 5:40 山女太郎 返信する

顔アイコン

地元の個人意見です。何故平家マスの釣りがち大会が無くなった?それは心無い釣り人の苦情の電話が沢山あったからです!測り方がおかしい、他で測った時と大きさが違うだの、また、文句言って来た人の友人もランキング入りしていたのを辞退すると言ったりと収集がつかない状態になったからです。主催した人達はもっと広く椎葉村のサクラマスを知って欲しいと、始めただけの企画だったのに、もう釣りに来ないとか(それなら本当に来るな!(心の声…。)アホみたいな電話が各民宿に一杯あった為、取り止めになったそうです。イワナを放流したのも地元で無く釣人ですし、地元から言わせればワカサギも沢山まだいます!このブログの事も地元では、有名です。現在の漁協でも言われるまでも無く放流は毎年実施してますし、サギの駆除も進めています。魚の数は減ってますが村も漁協も皆さんの知らない所で努力しています。また漁協の長も意見があれば直接伺う意思もあるそうですので、来た時に直接言って頂けるとブログに書くより、メールするより確実ではないでしょうか?何もしてない様な事をブログで書くのであれば顔を見て意見して下さい!ただ文句言うのは誰にでも出来ます 削除

2019/4/2(火) 午前 0:45 [ てげうめえ ] 返信する

顔アイコン

てげうめえさん、私のブログを読んで頂いて有難うございます、残念なのはもっときちんと読んで頂けてればと感じます。
まず平家マス釣り大会から・・確かに一人のルールをわきまえない釣人が体長を巡って「釣った時は何センチあった・・・」と検量時の大きさに納得せずに何回も計りなおさせたとか、民宿Oに夜遅く何度もしつこく電話をして来たとか、私は直接民宿の方から聞いています、しかし平家マス釣り大会が行われなくなったのは、その事も一因としてあったかもしれまんが、主因は民宿Oのご主人の体調悪化だと聞いています、何故ならばゴタゴタした翌年も釣り大会は開催されています。
因みに入賞を辞退したのは私ですが、理由はなんであれ釣り仲間がルールを無視して主催者の方々に多大なご迷惑をおかけしたお詫びとして辞退させて頂きました。

2019/4/2(火) 午前 8:28 山女太郎 返信する

顔アイコン

岩魚無断放流の件
今となっては誰が放流したのかは定かではありませんが、当初は地元の人が入れたとかK市の釣りクラブが入れたとか所説ありましたね、K市のクラブが入れたと言うのがどうやら正しいようですが私には判断できるものではありません、こんなバカな事は金輪際やって欲しくないです。
ワカサギの件
てげえうめえさんは釣りはされますか?、もし釣りをされるならばダムや川の状況は欲お分かりになると思いますが、十年前と比べてヤマメやワカサギは増えてますか減ってますか?。
昔は夕方薄暗くなる頃に釣をしているとワカサギの群れがさざ波を立ててダムを川に向けて遡上して、それを大きなヤマメ達が追っかけて捕食している光景が至る所で見られた物です、その頃はこの何年か前の様にはワカサギ放流はされていませんでした、(私が知らないだけかもです)この何年かは間違いなく放流はされていません、ワカサギが減った最大の要因は産卵遡上するワカサギを無制限に獲っていた事ではないでしょうか、三月一杯で禁漁にした事は良い事だと思います。

2019/4/2(火) 午前 8:31 山女太郎 返信する

顔アイコン

サギや鵜やハス・岩魚の駆除ですが、今となっては岩魚もハスも難しいでしょう、岩魚は漁協が覚悟をもってやれば出来る可能性はゼロではないですがダムのハスは無理です、鵜やサギは有害鳥獣駆除で本気でやれば出来るかも知れません。
ブログに書くより・・・
私は以前から漁協や役場に対してメールなどで意見を言わせて頂いてました、前の組合長は時々お会いして釣人としての意見要望を聞いていただきましたし、ハスや岩魚の駆除についての提言もさせて頂いてました。
メールなどではこちらの思いは伝わらないと考え昨年九月に役場で漁協事務局の方とこちらの思いややりたい事を「具体的」にお伝えし返事を頂く事になっていましたが、残念ながら何の回答も無く、今年の二月末に役場を再訪し農林振興課の方と話をさせて頂いています。
もし、てげえうめえさんが言われるように組合長が話を聞いていただけるので有れば喜んでお伺いさせて頂きますよ、仲介して頂けると大変ありがたいです、ご連絡をお待ちいたします。

2019/4/2(火) 午前 8:34 山女太郎 返信する

顔アイコン

てげえうめえさん、追記です、私は椎葉に通い始めて来年で五十年になります、第二のふるさと見たいなものです、いつまで椎葉で釣りが出来るかは分からない歳になって来ました、今までに随分椎葉に椎葉に住んでおられる方々にお世話になって来ました。
今、椎葉で釣りを楽しんでおられる方や釣人を迎えてくれる地元の方々の為にも昔のように楽しい釣りが出来る「大ヤマメの里」であって欲しいと願っています。
今のままでは「釣れない」→「釣人が来ない」→「入漁券が売れない」→「放流数が減る」→「尚更釣れない」→「釣人がますます来ない」の悪循環に陥ってしまいます。

2019/4/2(火) 午前 8:51 山女太郎 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事